自転車づくりは、環境づくりです。

地球環境保護と経営との共存を目指し、さまざまな環境活動をはじめ環境のことを考えた自転車の開発、自転車を活用したクリーンな街づくりの提案なども実践しています。

地域の環境も美しく。クリーン活動を積極的に実施しています。

クリーン活動

地域・社会の環境貢献のひとつとして「ゴミゼロ活動」を実施。社員全員が参加して、本社や工場周辺のゴミを拾い集め、周囲地域の美化に取り組んでいます。
また大和川や石川へ出かけ、河川敷の清掃も行っています。

環境負荷の少ないモノづくり、リサイクルを考えた自転車づくりを行っています。

検査
リサイクル

電動アシスト自転車のバッテリーには、再利用できる材料を多く含んだリチウムイオンバッテリー、ニッケル水素バッテリーを使用し、環境を汚染する水銀などは用いていません。
そして使用済みのバッテリーは販売店様を窓口として回収し、リサイクルを行っています。

JBRC

パナソニック サイクルテック(株)は、一般社団法人 JBRCに参画しています。自転車に搭載する小型充電式バッテリーのリサイクルに努めています。
http://www.jbrc.com

BAA

(社)自転車協会は環境負荷物質の削減基準を付加し、自転車安全・環境基準(BAA)として、さらに環境に配慮した自転車づくりを求めています。
これに応えるために、私たちは環境負荷物質管理体制を強化するとともに、負荷物質を可能な限り削減できるように活動し、使用時の安全だけでなく、廃棄後の安全にも取り組んでいます。

品質マネジメントシステムISO9001と環境マネジメントシステムISO14001

ISOマーク

パナソニック自転車を製造しているパナソニック サイクルテック(株)は、品質マネジメントシステムISO9001と環境マネジメントシステムISO14001の認証取得工場です。

  • ISO9001
    登録番号:QC02J0138
    登録年月日:2002年12月19日
  • ISO14001
    登録番号:EC99J1013
    登録年月日:1999年5月26日

環境方針

  • 環境負荷を可能な限り削減した商品をつくり、年々増やし続ける。
  • 環境側面の改善項目を具体化・実行し、改善活動に努める。
  • 地域・社会への環境貢献。
  • 全員参加の活動推進。
  • 環境目的及び環境目標の設置と見直し。
  • 環境関連法規制の遵守。
  • 環境方針の公開。

環境活動

  • 自転車づくり(軽くて長持ちする自転車の展開)
  • 街づくり(エコサイクルシティの展開/盗難・放置自転車をなくす展開)
  • 素材づくり(業界初の高剛性・薄肉パイプの開発と推進/脱塩ビ部材の開発と推進)
  • 工場づくり(業界初ISO-14001認証取得)