注意!! お使いの冷凍空調機器への指定外冷媒封入行為に対して

日頃は、弊社製品をご愛用いただきまして、誠にありがとうございます。

冷凍空調機器は、その機器に封入する冷媒が指定されています。
指定された冷媒と異なる冷媒を冷凍空調機器に封入すると、機械的不具合・誤作動・故障の原因となり、場合によっては安全性確保に重大な障害をもたらすおそれがあります。

特に、プロパンなどハイドロカーボン(HC)系を成分とした冷媒は燃焼性があり、漏れなどが生じた際、火災や爆発など重大災害に至るおそれがあり大変危険です。

封入冷媒については、機器付属の説明書あるいは機器本体の銘板などに記載・指定しています。必ず弊社指定の冷媒を封入してください。
弊社指定以外の冷媒を封入した場合(追加補充・入替え等)の故障・誤作動などの不具合や事故などについては、弊社は一切その責任を負うことはできません。

空調室外機等の指定冷媒記載位置

空調室外機等の指定冷媒記載位置

冷凍機等の指定冷媒記載位置

冷凍機等の指定冷媒記載位置

※掲載画像は一例であり、商品により記載位置が異なる場合がございます。
指定冷媒がご不明の場合は、おそれいりますがお近くの営業拠点またはお問い合わせ窓口までお問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

営業拠点一覧お問い合わせ・サポート

本文の先頭

注意!! お使いの冷凍空調機器へのその他の改造行為に対して

近年、省エネルギーや電気料金の削減などをうたい、既存の冷凍空調機器へ新たに熱交換器などの機器を増設する改造行為が見受けられます。

冷凍空調機器は、JIS 規格や高圧ガス保安法などの基準に準拠するとともに、性能や安全性を確保するための最適な構造や制御システムを持っており、熱交換器などを増設するなどの改造行為は、いずれの場合も機器の性能や安全性を著しく損なうおそれがあります。

熱交換器増設などの改造をされた場合、弊社では機器の性能や安全性などを保証することはできません。
また、故障・誤動作などの不具合や事故について、弊社は一切その責任を負うことはできません。

2013年12月17日
パナソニック産機システムズ株式会社

出典:一般社団法人 日本冷凍空調工業会 ホームページより一部引用

本文の先頭  トップへ戻る