-油分の付着した衣類・タオル等の布類を乾燥すると自然発火し、火災につながるおそれがあります!-

油分の付着した衣類・タオル等の布類を乾燥した場合、自然発火し、火災につながるおそれがあります。
自然発火の原因は、洗濯後の衣類・タオル等に残っている油分が、乾燥による熱風で酸化し、発熱することによるものです。

通常の洗濯では油分が完全に落ちない場合があります。洗濯後でも油分の付着した衣類・タオル等の布類は、絶対に乾燥機で乾燥しないでください。

「衣類乾燥機」「洗濯乾燥機」をご利用の際の注意事項

油分の付着した衣類やタオル等は、洗濯後でも、「衣類乾燥機」や「洗濯乾燥機」で絶対に乾燥しない。

ご注意いただく油類

  • 美容オイル(ボディオイル、エステ系のオイルなど)
  • 食用油
  • 機械油
  • 動物系油
  • ドライクリーニング油
  • ベンジン、シンナー
  • ガソリン
  • 樹脂(セルロース系) など

その他

本文の先頭  商品に関する大切なお知らせへ戻る  Site Map

ページの先頭へ