パナソニック株式会社 アプライアンス社では、環境貢献活動を経営の最重点テーマのひとつとして「CO2削減への貢献」「循環型モノづくり」「生物多様性」を柱とする環境貢献活動を、『エコアイディア宣言』としてまとめ、地域環境と事業経営の継続的な共生、持続可能で安心・安全な社会の実現を目指した取組みを推進しています。

アプライアンス社の環境経営方針

環境課題に関する取り組み

アプライアンス社は、くらしに密着した商品を世界各地に提供しています。
多くの商品が毎日のようにお客様にお使いいただいていることを考えると、省エネや節水により、使用時のエネルギー消費を抑えることが環境配慮の最大のポイントとなります。

わたしたちは、インバーター、ヒートポンプ、断熱などの環境コア技術や、各種センサーを活用したエコナビ機能の進化により、更なる省エネ商品を追求すると共に、生産活動の効率化による省エネ活動により、CO2排出量の削減に向けた取り組みを推進しています。
また、再生資源を活用した資源循環型商品の拡充に向けた取り組みをおこなっています。

資源循環への取り組み

写真:再生材を使った部品成型

「商品から商品へ」日本国内における循環型モノづくりの取り組みを紹介。

省エネ大賞受賞商品の紹介

写真:省エネ大賞授賞式

CO2削減に向け、商品が消費する電力をとことん減らす取り組みを進めています。それらの中から、省エネ大賞を受賞した商品の特長を紹介します。

生物多様性保全

写真:共存の森で撮影された野鳥(ジョウビタキ)

草津地区では、事業所内の緑地を活用し地域の里山環境をモデルとした環境整備をおこない、いきものの生息・生育に配慮した維持管理を行っています。

地域社会とのコミュニケーション

アプライアンス社は、グローバル企業として地球環境との共存を目指し、地域に根ざす企業として地域社会への貢献を果たし、企業市民としてエコ活動の実践を積極的に推進してまいります。そのため、地域交流や、地域活動、環境教育、環境整備などを通じ、それぞれの事業所が立地する地域とのつながりの中で積極的な「地域社会とのコミュニケーション」を展開してまいります。

地域コミュニケーション

写真:職場周辺の緑地整備をする社員たち

地域社会と連携した環境会議の開催や地域清掃、緑化推進などを通じ、それぞれの工場が立地する地域に根ざしたイベント開催など、地域の方々に開かれた工場を目指した取組みを進めています。

環境教育

写真:エコ体験学習で工場見学をしている子ども達

エコアイディア工場びわ湖(草津工場)での「エコ体験学習」をはじめ、各拠点で工場見学を交えた環境教育を実施しています。

パナソニックエコリレー

写真:子供たちも参加したパナソニックエコリレー活動

行政や、地域住民、大学、NPOなどとの関係先と連携を図りながら、パナソニック エコリレーの活動を積極的に推進しています。


本文の先頭  Site Map

ページの先頭へ