概要

商品から商品へ 循環型モノづくりの推進

家電リサイクル法が施行されて以降、回収された廃家電から鉄や銅、アルミなどの金属をはじめ、さまざまな資源が有効に活用されています。アプライアンス社では、2011年10月の「エコアイディア宣言」の中で、「循環型モノづくりの確立」を重点テーマの一つとして取り上げました。

具体的には、「商品から商品へ」として、廃家電から回収、選別された樹脂リサイクル素材について、樹脂循環プロジェクトを立ち上げ、徹底した洗浄や、劣化を防止するための調質リペレット技術、再生樹脂を有効活用できる新工法などの開発により、社内のさまざまな製品への利用拡大に取り組み、アプライアンス社として、循環型モノづくりを推進しています。

再生樹脂の活用を促進する「樹脂循環工場」

樹脂循環工場の外観写真

樹脂循環工場は、使用済み家電のリサイクル工場の一つである、パナソニック エコテクノロジーセンター株式会社に隣接したキッチンアプライアンス事業部 加東地区内にあり、アプライアンス社における再生樹脂の活用を促進するための製造・開発実証拠点として、2011年11月に稼動しました。

リサイクル工場から受け入れた樹脂リサイクル素材は、手解体品洗浄ラインや、近赤外線洗浄ラインにより、徹底した洗浄・異物除去がおこなわれます。ペレタイズラインで、充填材や、酸化防止剤によって調質、着色といった加工がおこなわれ、物性や、RoHSなどの品質が保証された再生樹脂として製品工場(成形工程)へ出荷されます。

樹脂循環ラインの概要写真

樹脂循環プロジェクトでは、従来の限られた部位への利用にとどまること無く、再生樹脂の劣化を回復させる材料再生技術や、再生される樹脂それぞれの物性を見極めた使いこなし技術、「高機能化」「外観品位の向上」に向けた新工法や新技術などの開発を進め、再生樹脂を利用できる範囲の拡大を推進しています。

参考:2012年9月からは、エアコン向け再生樹脂となるPS(ポリスチレン)を出荷し、2013年6月からは、冷蔵庫やIHクッキングヒーター向けとなる PP(ポリプロピレン)の出荷を開始します。

取り組み内容1 再生樹脂の洗浄度向上と、異物含有量の最小化

リサイクル工場において選別された樹脂リサイクル素材の異物含有量を最小化することで難燃性を高めたり、再生時の充填材を最適化することで、耐熱化・難燃化された再生樹脂は、炊飯器の内釜蓋となる加熱板の支えや、ヒンジストッパー、ボタンカバーなどの構造部品に利用しています。

また、再生樹脂の洗浄度を高めると共に、成形時の異物を見えにくくする「インビジブル化工法」により、炊飯器のボディーや、洗濯機の台枠などの外観部品への利用を可能にしました。

樹脂リサイクル素材の活用例

取り組み内容2 再生樹脂の使いこなし技術の開発

一般的に再生された樹脂は、新しい原材料に比べて強度と寿命が劣化します。さまざまな部位への適用を進めるためには、新しい原材料と同等のレベルの強度と寿命に回復させる必要があります。また、材料が劣化する物性変化は、樹脂により異なるため、それぞれの樹脂の強度や寿命を保証するため、酸化防止剤の添加や、再生樹脂と原材料の調合を最適化するなど、再生される樹脂それぞれの物性を見極めた使いこなし技術を確立しています。

リサイクル材の物性回復イメージ図

例えば…

  • PP樹脂
    一定量の酸化防止剤を添加することにより、新規材と同等レベルの寿命回復を可能にしました。
  • ABS樹脂
    一定量のゴム材と酸化防止剤を添加することにより、新規材と同等レベルの強度・寿命回復を可能にしました。

3Dインモールド成形技術への再生樹脂の活用

掃除機に採用された3Dインモールド成形のイメージ

また、立体的な形状の部品へのフィルム加飾成形ができる「3Dインモールド」工法技術を開発し、美しく高品位なデザインが求められる外観部品の下地材としての利用を可能にしました。
例えば、掃除機のボディ部の加飾部品に再生樹脂を利用しています。

リサイクル素材を使った環境に配慮した商品の展開

樹脂循環プロジェクトによる、再生樹脂活用の拡大取り組みにより、2012年2月にリサイクル素材を使い環境に配慮した「資源循環商品」シリーズを発売すると共に、更なる適用商品の拡大に向け取り組んでいます。

2012年2月発売した資源循環商品

スチームIHジャー炊飯器
SR-SX101-X

スチームIHジャー炊飯器 SR-SX101-Xの写真

再生樹脂使用率:約20%

ドラム式洗濯乾燥機
NA-VX7100L-X

ドラム式洗濯乾燥機 NA-VX7100L-Xの写真

再生樹脂使用率:約26%

サイクロン式掃除機
MC-SS310GX-X

サイクロン式掃除機 MC-SS310GX-Xの写真

再生樹脂使用率:約17%

トップユニット冷蔵庫
NR-F506T-X

トップユニット冷蔵庫 NR-F506T-Xの写真

再生樹脂使用率:約14%

※再生樹脂の使用率については、「資源循環商品」シリーズを発売した当時の使用率です。

本文の先頭  Site Map

ページの先頭へ