キッチンアプライアンス事業部では、やしろの森がギフチョウやオオムラサキが暮らせる自然豊かな里山公園となるよう、やしろの森公園協会と協働で毎月1回の整備事業として取り組みを進めています。

パナソニック関連ページ

パナソニック エコリレー・フォー・サスティナブル・アースのロゴマーク

4月 ヒメカンアオイの保護作業

昆虫の里に定植したヒメカンアオイをイノシシ被害から保護するための金網設置作業を実施。

先月、ヒメカンアオイ植生調査を行っていた中で、金網エリアでイノシシの被害が出ていなかったことから、ヒメカンアオイを植生した箇所に金網を20枚追加で設置しました。

この時期、公園内でギフチョウが飛んでいるのが見られており、ヒメカンアオイにも産卵しているようです。実際、金網を設置する前に、産卵状況を確認するといくつかの株の 葉の裏に卵を確認できました。
幸運にも当日園内でギフチョウが飛んでいるところを初めて見ることができ、感動しました。

今年は園内のあちこちでギフチョウが目撃されているので、ヒメカンアオイの花やギフチョウの産卵の状況をみると、私達の活動が徐々に実を結びつつあるのを実感しました。

《参加頂いた皆さん》

参加者の写真

穏やかな天気の中、子供たちも一緒に参加していただきました。


本文の先頭  Site Map