対象期間:2017年度(2017年4月1日~2018年3月31日)

CO2排出量 及び エネルギー使用量に関する項目

アプライアンス社は、地球温暖化防止と資源保護及びエネルギーコスト削減による経営体質強化のため、グローバルの全製造事業場で省エネ3ヵ年計画を策定し、CO2排出量削減に取り組んでいます。

CO2排出量(単位:千トン-CO2
  13年度 14年度 15年度 16年度 17年度
日本 99.3 99.3 96.6 101.4 112.2
日本以外 409.0 415.2 354.2 350.9 401.2
グローバル 508.3 514.4 450.8 452.3 513.3

CO2排出量をグラフ化した図

2017年度も、各拠点において太陽光発電や、圧縮機、成形機等の高効率設備導入の推進、熱設備のロス削減、照明のLED化、エア漏れ改善によるロス削減及びエネロスバスターズ活動による更なるCO2削減を実施しました。しかしながら、日本国内、日本以外共に新しい事業等の統合により拠点数が増加し、CO2排出量は前年比で増加しました。引続きCO2排出量削減に努めていきます。

2017年度のエネルギー使用量(原油換算量)は前年比114.0%となりました。 前述の事業統合の影響により増加しました。

エネルギー使用量(グローバル)単位:千Kl
  13年度 14年度 15年度 16年度 17年度
原油換算 230 234 210 210 239

エネルギー使用量をグラフ化した図

(注)アプライアンス社の電力のCO2算出基準

  1. 日本の算出基準
    各年度の購入電力の係数は、2006年度以降は0.410(kgCO2/kWh)を固定して使用しています。
  2. 日本以外の算出基準
    持続可能な発展のための世界経済人会議(WBCSD)並びに世界経済研究所(WRI)が公開しているGHGプロトコルウェブサイト内のCalculation Toolsに記載の各国毎の数値を採用。全ての年度で、"Electricity-Heat SteamPurchase_tool1.0_final"記載の2002年の数値を採用。

本文の先頭  Site Map

up