エンジェルスボイス 2020年1月

新年ご挨拶

2020年1月6日 安養寺 俊隆、内藤 早紀子

【安養寺俊隆監督】

あけましておめでとうございます。
いつもパナソニックエンジェルスに温かいご声援ありがとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、2020年東京オリンピックの年を迎えました。
パナソニックは1988年から「ワールド ワイド オリンピック パートナー(公式Topパートナー)」、そして、2014年より「ワールド ワイド パラリンピック パートナー」として、国際社会の平和とスポーツの発展に寄与してきました。
いよいよ今年は待ちに待ったTOKYOオリンピック開催!
パナソニックエンジェルスから2012年ロンドンオリンピックには吉川美香が出場しました。東京オリンピックではトラック種目出場を目指し、可能性のある限り最後まで努力を重ね挑戦していきます!
また、駅伝においては昨年惜しくも3連覇を逃しました。今年は捲土重来駅伝!
巻き返しを図り、クイーンズの座を1年で奪還できるように、チーム一丸となって取り組んでいきます。
指導方針のテーマの一つである「食べて勝つ!」を今年も実践し、選手一人一人が怪我をしない丈夫な身体を作り、明るく元気にやる気とやりがいを感じながら取り組み、着実に自己記録を更新できるように導いていきます。
応援して下さる皆さんの心に感動をお届けできるような走りを目指し、パナソニックエンジェルスは今年も爽やかに駆け抜けますので、引き続き熱きご声援をよろしくお願いします。

【内藤早紀子キャプテン】

あけましておめでとうございます!みなさん、お正月はゆっくり過ごせましたでしょうか?
2020年1発目のエンジェルスボイスは内藤が務めさせていただきます。

昨年もたくさんの応援をありがとうございました。昨年はクイーンズ駅伝3連覇を目標にしていましたが、11秒差で達成することができず、みんなで悔しい思いをしました。しかし、悔しさだけでなく次に生かすことのできる大会だったと思いますし、今回の負けを意味のある負けにしなければいけないという思いが強く残りました。今年はみなさんの応援に応える結果として、女王の座を奪還します。

さて、チームの2020年は1月2日からスタートしました!
例年は二ヶ所に分かれてのスタートでしたが、今年は全員揃って千葉県富津市で新年をスタートすることができました。安養寺監督就任後、恒例となっている今年の漢字の書き初めを行い、その漢字に込めた想いをそれぞれ発表して、自分だけでなくみんなの今年一年のテーマを確認し合うことができました。
私の今年の漢字は『繋』。
点ではなく線で繋いだ練習、継続した練習をして、レースに繋げるということ。繋(きずな)の強いチームになって、クイーンズ駅伝で襷を繋ぎ、優勝する。またその優勝を今年だけでなく、未来に繋げていく。そういう想いを込めてこの字にしました。そして、チームとしてのテーマは『捲土重来』。1年で女王の座を取り返します。
それぞれ新年に立てた目標を持ち続け、2020年が終わるときにやり切ったと思える一年にしたいです。また今年はオリンピックイヤー、東京オリンピックの舞台にこのチームから出場する選手が出ることを目標にチームみんなで切磋琢磨し合いながら、高め合っていきたいと思います!
皆さんにとって2020年がいい一年になりますように。2020年も応援をよろしくお願いいたします!

ページの先頭へ