トピックス 2019年12月

日本実業団女子長距離記録会10000mで堀選手が自己記録更新

12月7日(土)、山口市・維新みらいふスタジアムで開催された「日本実業団陸上競技連合女子長距離記録会」に、堀優花選手と内藤早紀子選手が出場。堀選手が10000mで31分38秒63の自己新記録をマークしました。

【堀優花選手コメント】

いつも応援ありがとうございます。
今回10000mで1年ぶりに自己ベストを出すことができました。
条件もよく、前半はいい位置で走れていましたが自分の甘さが出てしまい後半5000m粘ることが出来ませんでした。東京オリンピック標準記録(31分25秒00)も見えてきたので、疲れを抜きまた結果を残せるよう頑張ります。今年は、前半故障で調子が悪く、結果が残せませんでしたが、令和元年最後の試合で、自己新記録を更新できて、本当に嬉しいです。

パナソニックミュージアムにて女子陸上競技部参加イベントが開催されます

大阪・門真市「パナソニックミュージアム」にて「スポーツとパナソニック ―最高のプレーを、最新のソリューションで。―」が開催中です。 (会期:2019年10月12日(土)〜2020年1月18日(土))

12月14日(日)、選手全員によるトークショーや安養寺監督の講座、選手によるエチオピアで教わったウォーミングアップ体操、
選手が開発に協力した「エアーマッサージャー レッグリフレ体験会」を開催します。

イベント参加のお申込み、詳細は下記「パナソニックミュージアムHP」までお願いいたします。
https://www.panasonic.com/jp/corporate/history/panasonic-museum/event/angels.html

日体大記録会3000mで山口選手、5000mで戸部選手・中村選手が自己新。
堀選手と中村選手は5000m日本選手権出場記録を突破

11月30日(土)、横浜市内で開催された日本体育大学長距離競技会にパナソニックエンジェルスが出場。
3000mでは山口真実選手が9分37秒47、5000mでは戸部千晶選手が16分06秒69、中村優希選手が15分34秒96の自己新記録をマークしました。
また5000mでは、堀優花選手が15分33秒00で、中村選手とともに、来年6月に開催される日本選手権大会の参加標準記録を突破しました。

山口真実選手(No.49)

戸部千晶選手

中村優希選手

堀優花選手

【山口真実選手コメント】

いつも温かいご声援ありがとうございます。
11月30日に行われた日体大記録会の3000mに出場させていただき、自己ベストを約5秒更新することができました!
タイム的にはまだまだ力が及ばないのですが、今季最後のレースでベスト更新できたことは良かったと思います。
10分を切れない試合が続いていましたが、レース内容も改善できスピードを活かした走りができました。最終組のレースは日本トップレベルの選手も出場されており、レベルの高い試合を見ました。私も中距離選手としての強みを、ハイペースなレースに活かして最終的には、この選手たちと対等に戦えるようになりたいと感じました。今後とも引き続き、応援のほどよろしくお願いいたします。

【戸部千晶選手コメント】

いつも応援していただきありがとうございます。入社3年目の戸部です。
クイーンズ駅伝から1週間が経ち、私は先々週に引き続き日体大の記録会に出場させていただきました。今回は5000mということで、必ず今の調子なら15分台が出る!と自信を持ってレースに挑めました。結果は、スタートしてから自分の思っていたペースで3000mまで刻んで走ることができず、そこからはあげられたのですが、15分台には届きませんでした。最低目標の自己ベストは更新できましたが、狙ってた目標は達成できなかったので悔しい自己ベストでした。
私の今季のトラックレースは終わりましたが、春からの新しいシーズンに向けてさらにレベルアップしていけるよう、冬のトレーニングに取り組んで参ります!これからも温かい応援よろしくお願い致します。

【中村優希選手コメント】

いつも応援ありがとうございます。入社1年目の中村優希です。
今季初の5000mはコンディションも良く、自己ベスト更新、また日本選手権の標準記録を突破することができました。ここで満足するのでなく、これからが勝負だと思い、新たな目標に向かって頑張っていきます。引き続き応援よろしくお願いいたします!

ページの先頭へ