監督メッセージ

2021年度監督メッセージ

安養寺監督

新型コロナウィルス感染症の猛威により、2020年度はスポーツ界も今までに経験したことのない事態に巻き込まれた年でした。緊急事態宣言下では行動が制限され、多くの試合も中止になり、自分たちはどう活動したらよいのか、何を目指していけばよいのか進むべき道がわからなくなりかけた時もありました。しかし新年度を迎え、スポーツ界も新型コロナウィルスと向かい合い、新しい様式を実践しながら活発な活動を取り戻しつつあります。
スポーツの語源はラテン語の「deportare(デポルターレ)」。そもそもの意味は生存に不可欠なことから一時的に離れる。すなわち、気晴らしをする、愉しむ、遊ぶなどを意味します。またスポーツはただ単に体を動かすだけの意味ではなく、運動にルール、競争といったゲームの要素を加えたものになります。コロナで沈んだ世の中や心を元気にするひとつの手段がスポーツだと思います。今年はする人も見る人もスポーツを思う存分愉しんで元気を取り戻していく年にしたいと願います。そしてスポーツの究極の愉しみ方はゲームに勝つこと!パナソニックエンジェルスは究極の愉しみ方を実現するために日々精進して参ります!その過程、走りを見ていただいて、結果的に応援してくださる皆様が元気になる、笑顔になる、感動するような活動を目指して参ります!
1年遅れて東京オリンピック2020が開催される予定です。パナソニックは「オリンピック ワールド ワイド パートナー(公式Topスポンサー)」として、オリンピック・パラリンピックの感動と興奮を、迫力ある映像をもって世界中にお届けします。エンジェルスも興奮と迫力ある走りがお届けできるよう頑張って参りますので、熱い応援をよろしくお願いいたします!

安養寺 俊隆

1965年鳥取県生まれ
京都産業大学卒、順天堂大大学院(博士課程前期課程)修了

高校時代から陸上をはじめる。大学を卒業とともに一旦競技に終止符を打ったが、25歳から再び実業団選手として復帰。3000m障害を中心に活躍をし、35歳まで日本選手権に出場する(日本選手権5位、国体4位、つくばマラソン優勝)。資生堂ランニングクラブ監督時には日本選手権者を育成した。

ページの先頭へ