環境パフォーマンスデータ

当社における2011年度の環境活動を報告いたします。

対象期間:2011年4月1日〜2012年3月31日

※レポート内表示年について
 グラフ等の表記年は、会計年度の西暦で表記しています。
 例)2011年度:2011年4月1日〜2012年3月31日

グラフ色区分

CO2排出量 エネルギー使用量

CO2排出量・エネルギー使用量の算出基準

【日本のサイト】
各年度の購入電力の係数(kgCO2/kWh)は、0.425(2006年)、2007年度以降は0.410を固定して使用しています。
【日本以外】
持続可能な発展のための世界経済人会議(WBCSD)並びに世界経済研究所(WRI)が公開しているGHGプロトコルウェブサイト内のCalculationToolsに記載の各国毎の数値を採用。全ての年度で、"Electricity-Heat SteamPurchase_tool1.0_final"記載の2002年の数値を採用。

水の使用量

化学物質・管理対象物質 マテリアルバランス  化学物質−ヒト・環境影響度

<パナソニックグループ化学物質削減取組みの考え方>

パナソニックグループでは、より有害な化学物質が優先的に削減される指標で推進しています。

<パナソニックグループ化学物質管理ランク指針>

パナソニックでは、化学物質に関する各種法律を考慮したランク指針を発行し、管理物質および定義を明確にして管理しています。

廃棄物・有価発生物 日本 日本以外

(注)リサイクル率の定義

リサイクル率=再資源化物量/(再資源化物量+最終処分量)