パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > トピックス > 2012年 > 「充電式エボルタ」を動力にしたEne-1 GP(エネワン ジーピー)、鈴鹿サーキットで開催

2012年8月9日[展示会・イベント]

「充電式エボルタ」を動力にしたEne-1 GP(エネワン ジーピー)、鈴鹿サーキットで開催

次世代エネルギーカーイベント「2012 Ene-1 GP SUZUKA」(主催:株式会社モビリティランド)が2012年8月5日(日)に開催されました。このイベントは、モノづくりとエネルギーマネジメントをテーマに、技術の発展・人材育成などモノづくり社会の活性化に寄与する目的で開催されるもので、パナソニックは、オフィシャルパートナーとなっています。

▼2012 Ene-1 GP SUZUKAについて
http://www.suzukacircuit.jp/ene1gp_s/

▼充電式エボルタについて
http://panasonic.jp/battery/charge/

当日は、「KV-40チャレンジ」に参戦した71台が、灼熱の太陽に負けないほどの熱き戦いを繰り広げました。このレースは、充電式エボルタ(単三形 40本)のみを動力源とした手づくりの一人乗車両で、鈴鹿サーキット国際レーシングコース1周のタイムアタックに3回挑み、その合計タイムと走行距離で順位を競います。
コースは、一周が5.807km、また、自然の起伏を利用した高低差で、きつい上り勾配が続く難関もあり、ここでエネルギーを使い果たし立ち往生する車両もありました。このような過酷なレースにおいても、優勝を果たしたチームは、1周7分を切るスピードで走行、また、出走した半分近い30台が一回の充電のみで3回のアタック(計3周)を見事に完走しました。このことで、出来る限りエネルギー消費を少なくする車両設計やドライバーの卓越した運転技術の高さとともに充電式エボルタの長もち特性が証明されました。

また、当日は、ピットビルにて、「パナソニック 手づくり乾電池教室」が3回行われ、130人を越える親子が自分だけのオリジナル乾電池づくりに熱心に取り組みました。パナソニックでは、乾電池工場(大阪府 守口市)見学時の「手づくり乾電池教室」および「出張・遠隔電池教室」で、電池の知識や当社の環境の取り組みを紹介しています。

▼手づくり乾電池教室について
http://panasonic.co.jp/ec/event/index.html

▼夏休みの自由研究に、電池のヒミツがわかる「電池なるほどアカデミー」
http://panasonic.co.jp/ec/academy/

  • レースの様子

    レースの様子
  • レースの様子

    レースの様子
  • 「手づくり乾電池教室」を開催

    「手づくり乾電池教室」を開催

※記事の内容は発信時のものです。
商品・サービスの販売・提供終了や、組織の変更等、最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

トピックス一覧へ

ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > トピックス > 2012年 > 「充電式エボルタ」を動力にしたEne-1 GP(エネワン ジーピー)、鈴鹿サーキットで開催