パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > トピックス > 2012年 > 空気質への関心が高まる中国で、加湿空気清浄機と空気清浄機の新製品を2012年8月発売

2012年8月9日[製品]

空気質への関心が高まる中国で、加湿空気清浄機と空気清浄機の新製品を2012年8月発売

パナソニック エコシステムズ株式会社は、中国向け空気清浄機の新製品2機種の発売を2012年8月1日より開始しました。
当社は、2010年より中国において本格的に空気清浄機の販売を開始し、2011年度は前年比の約2倍の販売台数となりました。
今回、「スポット風向気流」を送る機能を搭載した加湿空気清浄機1機種、空気清浄機1機種を開発し、中国向け空気清浄機は、合計で加湿空気清浄機4機種、空気清浄機3機種のラインアップとなりました。
当社はこうした製品により、健康的で快適な室内空間づくりに貢献していきます。

▼加湿空気清浄機 F-VXH50C
http://home.panasonic.cn/beauty/air/F-VXH50C-S/

現在、中国では、喫煙や排気ガスなどによる臭いや粉塵を短時間で浄化したいというニーズが高まっています。本製品は、狙ったエリアに「スポット風向気流」を送る機能を搭載。空気の汚れの発生源に「スポット風向気流」を送ることで、すばやく空気をきれいにします。「ナノイー」(※1)も搭載しており、臭いへの対応も強化しています。また、本体前面にクリーンサインを搭載。空気の汚れ具合を分かりやすく表示します。

▼空気清浄機 F-PXH55C
http://home.panasonic.cn/beauty/air/F-PXH55C-V/

本製品は、今回発売の加湿空気清浄機と同様の狙ったエリアに「スポット風向気流」を送る機能に加え、透明アクリルパネルと、光るライン&フラットボタンを採用。「ナノイー」も搭載し、デザイン性と基本性能を高めました。

さらに今回発売の2機種では、生活スタイルによる空気の汚れ発生パターンを見極め、自動で電気のムダを省く「エコナビ」 機能が進化。室内の明るさを検知する「照度センサー」を搭載し、室内の明るさに応じて、本体表示の明るさと風量を自動で控えめに調整します。

今後も当社は、空気清浄機などの「IAQ」(※2)製品を通じて、室内空気質の向上に貢献してまいります。

※1 「ナノイー」は水に包まれた微粒子イオンのこと。「nanoe」「ナノイー」および「nanoe」マークは、パナソニック株式会社の登録商標。
※2 IAQ:Indoor Air Qualityの略称で、室内空気質のこと。

▼パナソニック エコシステムズ株式会社
http://panasonic.co.jp/es/peses/
パナソニックグループの中でエコソリューションズ社に属し、空気清浄機や除湿機、換気送風機器など健康・快適な室内空気質を実現する「IAQ」分野と、水・空気・土の浄化とエネルギー関連で環境負荷を低減する「環境エンジニアリング」分野で、「人と地球に優しい環境」の実現を目指して事業を進めています。

▼お問合せ先
https://sec.panasonic.co.jp/es/peses/support/goiken.html

※記事の内容は発信時のものです。
商品・サービスの販売・提供終了や、組織の変更等、最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

トピックス一覧へ

ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > トピックス > 2012年 > 空気質への関心が高まる中国で、加湿空気清浄機と空気清浄機の新製品を2012年8月発売