パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > トピックス > 2012年 > 2012夏休みキッズスクール 特別展示「スタンプラリーで学ぶ 松下幸之助と商品のあゆみ〜社会に役立つ商品づくりをめざして〜」を開催!−パナソニックミュージアム 松下幸之助 歴史館−

2012年7月13日[松下幸之助歴史館]

2012夏休みキッズスクール 特別展示「スタンプラリーで学ぶ 松下幸之助と商品のあゆみ〜社会に役立つ商品づくりをめざして〜」を開催!
−パナソニックミュージアム 松下幸之助 歴史館−

パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、http://panasonic.co.jp)は、大阪府門真市の松下幸之助歴史館にて、2012夏休みキッズスクール特別展示「スタンプラリーで学ぶ 松下幸之助と商品のあゆみ〜社会に役立つ商品づくりをめざして〜」を7月21日〜8月31日の36日間、開催いたします。また、期間中にご来館いただいた小学生・中学生の方で、クイズ付きスタンプラリーに参加いただき、全問出来た方には、歴史家電のペーパークラフトをプレゼントいたします!

詳しくはこちらをご覧ください。

▼特別展示「松下幸之助と商品のあゆみ」を開催!
http://panasonic.co.jp/rekishikan/info/kids/

夏休みキッズスクールの内容は、4コーナーで紹介しています。
(1)展示コーナー
<1>「松下幸之助の商品づくりへの思い」(スタンプラリー展示)
 ・松下幸之助 年表
 ・いいものを安く提供したい(大正7年  アタッチメントプラグ)
 ・お客さまのための創意工夫(大正12年 砲弾型電池式ランプ(自転車用))
 ・電化による生活文化の向上(昭和20年代「三種の神器」(テレビ・洗濯機・冷蔵庫))
 ・あこがれの電化生活の実現(昭和30年代「3C商品」(カラーテレビ・クーラー))
<2>エピソード展示「テレビの歴史とものづくりの心」
 ・テレビの歴史 年表
 ・君ら自身が買えるテレビをつくれ(昭和30年 14形白黒テレビ)
 ・神さんのデザイン(昭和33年 白黒テレビC1、R1)
 ・省エネルギー時代に対応した節電型カラーテレビ(昭和49年 クイントリックス)
 ・多様なお客さまのニーズに応える新しいテレビ「画王」の開発(平成2年)
(2)伝記コーナー
 ・児童向け「松下幸之助」の伝記を自由に閲覧
(3)パソコン自由体験コーナー
 ・「パナソニックキッズスクール」のWebコンテンツを自由に体験
(4)映像コーナー
 ・映像「白黒テレビのあゆみ」を上映

■ 開催期間 : 2012年7月21日(土)〜8月31日(金)

■ 開催時間 : 午前9時〜午後5時

■ 開催場所 : パナソニックミュージアム 松下幸之助 歴史館(http://panasonic.co.jp/rekishikan

■ 休館日 : 日曜日

■ 入館料 : 無料


<パナソニックミュージアム 松下幸之助歴史館>
松下幸之助歴史館は1968年創業50周年を記念し、1933年当時の本社社屋を復元して開館しました。創業者松下幸之助の生涯と事業発展の歴史を展示しています。
また、家庭にはじめて入ってきた代表的な家電である「三種の神器」(白黒テレビ、冷蔵庫、洗濯機)をはじめ、各家電の1号機も展示されています。テーマ展示ゾーンでは懐かしのテレビCMもご覧いただけます。ハイビジョンシアターでは幸之助の経営理念や人生観を美しいオリジナル映像ソフトで紹介しています。

●所在地/大阪府門真市門真1006(電話06-6906-0106)
●開館時間/9時〜17時
●20名以上の団体の場合要予約(電話06-6906-0106)
●休館日/日曜・祝日
●入場料/無料
●交通/京阪電車「西三荘駅」より徒歩3分
●駐車場/有(無料)

▼パナソニックミュージアム 松下幸之助 歴史館サイト
http://panasonic.co.jp/rekishikan/

※記事の内容は発信時のものです。
商品・サービスの販売・提供終了や、組織の変更等、最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

トピックス一覧へ

ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > トピックス > 2012年 > 2012夏休みキッズスクール 特別展示「スタンプラリーで学ぶ 松下幸之助と商品のあゆみ〜社会に役立つ商品づくりをめざして〜」を開催!−パナソニックミュージアム 松下幸之助 歴史館−