パナソニック・ホームパナソニックESテクノストラクチャー株式会社 > 理想の住宅選び5つのポイント > 制震

制震

これから家づくりをお考えの皆さんの頭にまず浮かぶのは、地震など災害への備えのことではないでしょうか?どんなに素敵な家でも、いざと言う時に家族の命や財産を守ってくれる力がなければお話になりません。

住宅会社を選ばれる際には、地震対策への取り組みを必ずチェックしてください。

では、どこをチェックすればよいのかをお話ししましょう。

その住宅会社は、地震対策をどこまでしていますか?

その住宅会社は、地震対策をどこまでしていますか?

まずは「耐 震―揺れに耐える力」

まずは「耐 震―揺れに耐える力」

耐震とは、揺れに対して踏ん張る力のことです。わかりやすく言うと、<頑丈で倒れにくい家>ということになります。品確法(※)の住宅性能表示では3段階の耐震等級を定めてめやすとしています。耐震等級1が建築基準法と同じ、等級2、等級3となるほど、耐震性は高くなります。

テクノストラクチャーは、お客様のご要望に応じて耐震等級1〜3に対応しています。どのレベルの耐震等級をクリアしているかどうかを尋ねてみるのも、住宅会社の地震への取り組み方を知る手がかりになりそうです。

※住宅の品質確保の促進等に関する法律

耐震:頑丈で倒れにくい「地震に対して力で対抗」

次に「免 震―揺れを逃がす力」

次に「免 震―揺れを逃がす力」

揺れに対して力で踏ん張るのではなく、揺れが建物に伝わらないようにする方法、それが免震です。たとえば鎌倉の大仏は、台座と仏像が切り離されているため、地震が来ても直接揺れが伝わるのは台座だけで、大仏様は無事なように設計されています。これと同じ理屈で、建物と基礎の間に免震装置を入れて、揺れが建物に伝わらないようにするのが免震です。しかし、この方法には多額の費用がかかるという難点があります。

免震:揺れが建物に伝わらない「地震から切り離す」

そこで「制 震―揺れを吸収する力」

そこで「制 震―揺れを吸収する力」

地震のエネルギーに対して力で対抗する「耐震」、切り離そうとする「免震」。そのどちらでもなく、エネルギーを吸い取ってしまおうというのが「制震」です。建物の骨組みに組み込まれた制震装置が、地震のエネルギーを吸収して熱に変え、揺れを抑えます。免震装置が数百万円のコストを要するのに比べ、制震装置は百万円以下で済むので、お財布にやさしいのも嬉しいところです。

制震:地震のエネルギーを吸い取り、熱に変え、揺れを抑える「制震装置がエネルギーを吸収」

これからは耐震+制震

地震という災害に対する関心の高まりから、「耐震」に「制震」をプラスして考えるところが増えています。テクノストラクチャーの家は、もともと耐震住宅工法であり、「地震に強い家」を特長としていますが、「制震」にも積極的に取り組んでいます。

テクノストラクチャーの家は「耐震」プラス「制震」で建物の変形を、さらに30%〜50%抑制します。

テクノストラクチャーの家は「耐震」プラス「制震」で建物の変形を、さらに30%〜50%抑制します。

木の家を強くするテクノストラクチャー工法に、さらなる安心を加える「制震システム」が生まれました。建物の1階部分に制震装置を取り付けることで、地震の揺れで変形しやすかった2階の部分の揺れを抑え、家具の転倒などの不安をさらにやわらげます。 また、制震装置は、連続する余震にも何度でも安定した揺れの抑制効果を発揮します。 さらに、テクノストラクチャーの「制震システム」では、耐久性の高い部材を使用しているので、長期間、安定した性能を維持します。

制震システム:壁の中に組み込んで揺れを吸収します。

テクノストラクチャーはここが違う!

テクノストラクチャーはここが違う!

テクノストラクチャーの制震システムは筋かい(耐力壁)の機能も持ち合わせます。そのため「構造上の耐力壁が多いので耐震装置を配置する場所がない!」ということもありません。間取りづくりの自由度が広がります。

制震を取り入れると何が良いの?

制震を取り入れると何が良いの?
  • ◆揺れを抑えます

    耐震性能だけでは、揺れそのものを抑えることはできません。制震が施されていれば、揺れ自体が低減されるため、転倒による怪我や家具の損傷、クロスのよれなどを防ぐことができます。

  • ◆上層階ほど揺れにくい

    制振装置は2階、3階の揺れを低減します。寝室は2階に設けることが多いため、万一就寝時に地震が起こった場合、家具の転倒などによる怪我等も防ぐことができます。

  • ◆家屋の損傷をおさえる

    耐震のみの時に比べ、建物の変形をさらに30〜50%抑制するため、被害を軽減することができ、修理なども最小限に抑えられます。

  • ◆揺れの恐怖を少しでも軽減したい

    揺れに対する恐怖は長引くもの。制震によって揺れを抑えることで、少しでも恐怖を軽減できればと考えています。

制震装置が揺れをおさえます

地震による建物の変形量の比較

地震による建物の変形量の比較

解析条件

解析条件

Q&A

こんなところも気になりませんか?

「制震」、「免震」、地震にはどちらがいいの?
一概には言えません。どれにもメリット、デメリットがあります。例えば、「免震」は揺れの軽減には最も効果的ですが、設置するためには地盤がしっかりしていること、隣地との間に空きが必要であることなどの制約があります。「制震」は設置に関して地盤・敷地の制約がなく「免震」に比べてコストも安くなりますが、1階の揺れの軽減効果はありません。「耐震」、「制震」、「免震」の特長を理解した上で、予算や敷地条件に応じて最適な地震対策を検討することをおすすめします。
1棟で何ヶ所の制震ブレースが必要なの?
テクノストラクチャー制震システムの場合、一般的な2階建40坪程度の家で東西・南北方向各2ヵ所、計4ヵ所必要となります。2階建なら1階に、3階建なら1階と2階に配置します。(3階建の場合、合計8ヵ所必要となります。)制震ブレースの壁倍率は1.7倍/mとなります。
制震システムってメンテナンスはいるの?
テクノストラクチャー制震システムの場合、経年劣化のほとんどない摩擦材と防錆性能の高い鋼材で構成されているため、施工後のメンテナンスは必要ありません。
理想の住宅選び5つのポイント

理想の住宅選び5つのポイント