GOOD DESIGN AWARD 2014年度受賞

テクノストラクチャーの4商品が2014年度「グッドデザイン賞」を受賞しました。

グッドデザイン賞とは

グッドデザイン賞は、1957年に創設された日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みです。
今回、「テクノストラクチャー」は在来工法の技術と最新の技術を無理なく組み合わせた点や、それによって現在の住生活に見合った大空間が得られる点などが評価され受賞しました。

グッドデザイン賞の目的

グッドデザイン賞は、デザインを通じてわたしたちのくらしや産業、ひいては社会全体をより良くする運動です。

受賞作品は、幅広い分野から「くらしを、社会を、豊かにしうるのか」という視点で選ばれることが特徴であり、それらの優れたデザインが活用されることにより、わたしたちのくらす社会が向上していくことを目的としています。

また、将来において、よいデザインが継続的に生み出され、さらなる豊かなくらしや社会が達成されていく。
そうした大きなうねり「創造の連鎖」をつくりだす装置となることも、グッドデザイン賞の目的です。

※グッドデザイン賞は公益財団法人日本デザイン振興会が運営しています。

テクノストラクチャーの理念

パナソニックではキッチン、バス、内装建材、照明など、家に関連する部材をトータルで開発し、お客様に提供していく中で、それらの商品を盛り込む器である「家」がしっかりしたものでなくてはならないと考えました。
強くて快適で、安心して暮らせる住まいを提供したい、そして「安心」ということを少しでも目に見える形で提供したいと考え、誕生したのがテクノストラクチャーの住まいです。
元来の木造住宅の発想から離れ、木と鉄それぞれの良さを融合したより良い住宅工法の開発はもとより、建物の強さを数字で示すことでお客様に「安心」をお届けしたいと考え、テクノストラクチャーの建物は1棟1棟すべて構造計算を行ってきました。
お客様の住まいがより安心で快適なものであるようにと願い続けてきた様々な活動や、送り出してきた商品が、今回グッドデザイン賞という形で評価されましたことをうれしく思います。
これからもお客様の暮らしに寄り添い、より良い住まいをたくさんの方にお届けできるよう努力を重ねてまいります。

GOOD DESIGN AWARD 2014 受賞対象

受賞対象 住宅工法 耐震住宅工法テクノストラクチャー

木と鉄を組み合せることで、日本の気候・風土に適した木造住宅の魅力を損なう事無く、住宅の強度とプランの自由度が飛躍的に高まりました。 曲げ方向に力がかかる梁には曲げ強度の高い鉄骨を組み合わせ、圧縮方向の力がかかる柱には圧縮強度の高い木材を使用することで、木造でありながら地震に強く、また在来木造では難しかった大空間も実現しました。また、地域に根ざした住宅産業・地場工務店の支援を目的とし、施工がしやすく、品質も保証出来る構造・工法を確立しました。戸建住宅を中心に、小規模集合住宅や公共住宅にも対応可能です。

受賞対象 木造軸組住宅の耐震設計支援システム 耐震住宅工法テクノストラクチャー 自動躯体設計システム

木造軸組住宅では、3階建以外、ほとんど構造計算が行われていませんが、災害が多発している現在、耐震性の高い住まい作りへのニーズは高まっています。自動躯体システムは独自の構造体(テクノストラクチャー工法)を軸に、住宅1棟1棟の間取りや構造部材の入力を行い、地震、風、積雪などの敷地ごとの荷重条件を入力、住宅にかかる力を緻密に計算することで、住宅としての安全性を確保しています。勘や経験で施工することの多かった木造軸組住宅においても、数値の裏付けをもって建築することを可能にしました。

受賞対象 住宅工法支援システム テクノストラクチャー スマートエコイエゼロ

国策でもある「ゼロエネルギー住宅の普及」実現に対し、1.業界トップレベルの断熱性能を実現した高断熱壁パネルを採用しエネルギー収支ゼロ、2.構造計算に裏付けられた耐震性能による災害への不安ゼロ、3.設備だけに頼らない快適温度でストレスゼロ、この3つのゼロを実現可能にしました。恒久的な断熱性能を上げることに機軸を置き、継続的なゼロエネルギー化を支援します。

受賞対象 屋根材 パナソニック 機能屋根システム

軽い屋根ほど地震時の揺れを低減出来ることから、震災以降、軽量屋根のニーズが高まってきています。
細かな凹凸形状は、美しい陰影を織り成すと同時に、そこに生じる空隙を生かして通気・排熱の通路を確保します。
また屋根に穴を開けずに太陽光パネルを取り付けられるので、必要なときにパネルを設置できます。
外観意匠と機能性向上を同時に実現し、美しい日本の風土・風景・街並みづくりに寄与します。