湿度と健康

湿度とインフルエンザ対策

インフルエンザウイルスは低温、乾燥した環境を好みます。

インフルエンザウイルスは、一般に高温多湿環境では生存率が低下すると言われています。乾燥しているとインフルエンザの生存率が高くなり、感染しやすくなります。

インフルエンザの生存率

論文「Harper G. J. : J. Hyg., 59,479−486,1961」を元に
当社にてグラフを作成

乾燥はノドを痛め、インフルエンザに感染しやすくなります。

ノドなど呼吸器に充分なうるおいを与えておかないと、
ウイルスなどが細胞に付着、侵入し、感染しやすくなります

喉が十分うるおっていないと感染しやすく

 

健康的な快適湿度

相対湿度40%〜60%が健康的な最適湿度です。

湿度が高すぎたり、低すぎたりすると健康障害を引き起こす原因になります。

<法令での湿度管理基準>

法令での温湿度管理基準
健康に対する最適湿度単位

冬期に暖房をすると相対湿度は大きく下がります。
相対湿度が低いと、体から水分が空気中に放出しやすくなります。
不足する水分を加湿機などで補給しましょう。

東京の一月平均気温