除湿乾燥機こだわりの技術

独自のハイブリッド式

原理

パナソニックのハイブリッド式除湿乾燥機は、デシカント式とコンプレッサー式を組み合わせた除湿乾燥機です。

デシカント式で使用するゼオライト(水を吸脱する乾燥剤)とヒーター、コンプレッサー式で使用するコンプレッサー、放熱器、冷却器で構成しています。

室内の空気を除湿するしくみ

  1. 放熱器で暖められ高温の空気(@)となります。
  2. ゼオライトを通った時にゼオライトの水分を吸収して高温・高湿の空気(A)になります。
  3. 続いて温度の低い冷却器を通る際に空気中の水分が結露。湿度が下がります(B)。室温より高い温度の空気を冷却器に通すので温度差が大きく、効率的に結露します。(結露した水は水タンクにたまります)
  4. さらに空気はゼオライトを通る際に、水分がゼオライトに吸着され、もう一度除湿されて乾燥した空気(C)になります。2度除湿することで、徹底的に湿度を取り除きます。
  5. 乾燥した空気として、室内に送られます(D)。

省エネと高い除湿性能のポイント

  • ゼオライトからの湿度除去時に、室温が低いとき以外は@で放熱器の排熱を利用しヒーターを使わないので消費電力が少ない。
  • 放熱器もしくはヒーターを通ったAの空気は高温多湿で、冷却器との温度差が大きく、冷やされたときに除湿量が多くなる。
  • 冷却器で除湿されたBの空気を、さらにゼオライトで湿度を吸着して除湿するため、除湿量が多くなる。

このように除湿能力が高く、省エネに優れているのが、パナソニック独自のハイブリッド式です。

ハイブリッド式除湿乾燥機の原理

ハイブリッド式除湿乾燥機の原理

特徴

  1. 室内の温度が低温になっても除湿性能が大きく落ちることがなく、年間を通して高い除湿性能を発揮できます。
  2. コンプレッサー式とデシカント式を最適に組み合わせて運転するので、デシカント式よりも省エネです。
  3. コンプレッサー式とデシカント式よりも、高い能力を出すことができます。

ハイブリッド式が、年中パワフルな理由

コンプレッサー式は、省エネですが冬場は能力が落ちてしまいます。空気の温度と冷却器の温度差が小さくなるのが原因です。

デシカント式は、年中除湿能力を保ちますが、ヒーターを搭載しています。

二つの方式のメリットを併せ持つのが、パナソニックのハイブリッド式。

一年中除湿能力を保ちながら、省エネを実現します。

8割以上の人が部屋干し乾燥をしています

除湿乾燥機の方式による特長(当社調べ)