マティスとルオー展 ―手紙が明かす二人の秘密―

開催要項

提供=TOKYO MX
開館期間
2017年1月14日(土)〜3月26日(日)
 パンフレット» パンフレットPDF  
開館時間
午前10時より午後6時まで(ご入館は午後5時30分まで)
休館日
1月18日、25日/ 2月1日、8日、15日
入館料
一般:1,000円 65歳以上:900円 大学生:700円 
中・高校生:500円 小学生以下:無料
20名以上の団体:各100円割引
障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料で入館可能
ホームページ割引引き換え券はこちら
主催
パナソニック 汐留ミュージアム、産経新聞社 
後援
フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、港区教育委員会
特別協力
ジョルジュ・ルオー財団
協力
日本航空

» パナソニック 汐留ミュージアムへのアクセス

» 常設展 ルオーギャラリーの展示作品についてはこちら

展覧会概要

1906年8月30日、アフリカ旅行から戻った36歳のマティスは、「中でも砂漠はすごかった」と、その強い印象を友人のルオーに書き送ります。国立美術学校で共に学んで以来、この二人の偉大なフランス人画家が交わした膨大な手紙のやりとりは、マティスが亡くなる前年の1953年まで、断続的ながら実に約半世紀に渡って続きました。
全く異なる画風を確立したマティスとルオーは、一方でフランス絵画の輝かしい伝統の継承者としての誇りと責任感を共有していました。それは、外国人を受け入れて輝きを増すフランス、あるいは第二次世界大戦に苦悩するフランス、そのいずれにあっても揺らぐことなく、自らの絵画で回答し続けた姿勢にも表れています。例えば、戦争を機に描かれたマティスによる《ラ・フランス》とルオーによる《聖ジャンヌ・ダルク》は、自由なフランスを象徴する堂々とした女性を描いてその白眉といえるでしょう。
本展では、二人や家族の手紙を紹介しながらその時期の絵画作品を展覧します。マティスの静物画《スヒーダムの瓶のある静物》をはじめとする貴重な初期の作品や、ルオーの重要な版画集『気晴らし』の油彩原画シリーズの全点出品など、フランスからの初来日作品を含む合計約140点を通して、マティスとルオーの友情の秘密に立体的に迫ります。

» さらに詳しく

イベント・講演会

マティスとルオー展 記念講演会「マティスとルオーの手紙の発見」

終了しました

世紀末のパリで出会い、共に時代を代表する画家となった二人の手紙のやり取りは、
その意外な素顔をも明らかにしていきます。
この手紙の発見者であり、『往復書簡集』 の編者であるマンク氏が語る、彼らの50年とは。
講師
ジャクリーヌ・マンク氏(パリ市立近代美術館 学芸部長)
日時
2017年1月14日(土)午後2時から午後3時30分(開場は午後1時30分)
定員
150名(要予約)
参加費
無料(ただし本展の観覧券が必要です)
会場
パナソニック東京汐留ビル5階ホール

*未就学児はご遠慮ください。

» 申し込み方法 【2016年11月1日(火)より受付開始】

マティスとルオー展を語る!「山田五郎アートトーク」

マティスとルオー、この有名な画家二人の友情を追いかけた展覧会を
山田五郎さんの素敵なトークがもっと楽しくしてくれます!
講師
山田五郎氏(評論家 BS日テレ「ぶらぶら美術・博物館」などに出演)
日時
2017年2月10日(金)午後2時〜3時(開場は午後1時)
定員
250名(要予約)
参加費
無料(ただし本展の観覧券が必要です)
会場
パナソニック東京汐留ビル5階ホール

*未就学児はご遠慮ください。

» 申し込み方法 【2016年12月5日(月)より受付開始】

【 講演会へのお申し込み方法 】

・お申し込みの受付時間 午前8時〜午後10時
・お申し込みの受付は先着順、定員になり次第締め切りとさせていただきます。

ハローダイヤル(03-5777-8600)でお申し込みください。
@イベント名 A参加人数(一度にお申し込み頂ける人数は2名まで) B氏名(要全参加希望者名) C住所 D電話番号を承るほか、
簡単なアンケートにご協力いただきます。

  • ※お申し込み時に頂いた個人情報は、本イベントの受講管理の目的でのみ使用致します。
    なお、お預かりした個人情報は、上述の目的での使用に同意頂いたものとさせていただきます。
  • ※定員に達しなかった場合、当日受付をする場合があります。

学芸員によるギャラリートーク

*会場の混雑状況によってはスライドトークに変更になります。

1月22日(日)、28日(土) / 2月3日(金)、11日(土・祝)、17日(金)、26日(日) /
3月3日(金)、10日(金)、16日(木)、21日(火)いずれも午後2時〜 (30分程度)
参加無料(ただし本展の観覧券が必要です)
予約不要(当日展示室前までお集まりください)

「ふみの日」プレゼント

会期中の「ふみの日」にあたる1月23日(月)、2月23日(木)、3月23日(木)にご来館の方に、
当館オリジナル絵はがきをプレゼントします。大切なご友人に、直筆の郵便などいかがですか?

アンリ・マティスとジョルジュ・ルオーが互いに交わした書簡を日本語訳で紹介した書籍
『マティスとルオー 友情の手紙』
ジャクリーヌ・マンク編
後藤新治 他訳
パナソニック 汐留ミュージアム 監修
発行:株式会社 みすず書房
定価3,500円+税

は書店またはインターネットでご購入いただけます。
ISBN(国際標準図書番号)978-4-622-08564-5を書店にお伝えのうえご購入ください。

パナソニック リビング ショウルーム 東京 のイベント・特別展示

スーパーハイビジョン(8K)で見るルオーの世界と“触れる絵画”展 + マティスの「アートのある暮らし」

ルオーの油彩画を高精細スキャンしスーパーハイビジョン(8K)で見せる、新たな試みをご紹介します。さらに、スキャンした画像を高精細印刷により立体的な手法でプリントされた作品を“触れる絵画” として展示します。また、ショウルームの生活空間展示にマティスのポスターをコーディネイトし、「アートのある暮らし」をご提案します。
日時
2017年1月14日(土)〜3月26日(日)午前10時から午後5時
入場
無料
会場
パナソニック リビング ショウルーム 東京 1F リフォームパーク

» 詳しくはこちらをごらんください