ジョルジョ・デ・キリコ −変遷と回帰−終了しました

開催要項

開館期間
2014年10月25日(土)〜12月26日(金) パンフレット» パンフレットPDF終了しました
開館時間
午前10時より午後6時まで(ご入館は午後5時30分まで)
休館日
毎週水曜日(但し12月3・10・17・24日は開館)
入館料
一般:1,000円 65歳以上:900円 大学生:700円 中・高校生:500円 小学生以下:無料
20名以上の団体:各100円割引
障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料でご入館いただけます。
ホームページ割引引き換え券はこちら
主催
パナソニック 汐留ミュージアム、朝日新聞社、テレビ朝日
後援
在日イタリア大使館、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、          
港区教育委員会、公益財団法人日仏会館、日仏会館フランス事務所
企画協力
ホワイトインターナショナル

» パナソニック 汐留ミュージアムへのアクセス

» 常設展 ルオーギャラリーの展示作品についてはこちら

展覧会概要

シュルレアリストに賞賛されながら、突如スタイルを変え、その後再び自身の原点へ。
生気あふれるデ・キリコの創作の足どりを、未亡人の旧蔵品を中心に約100点の作品でたどる。

20世紀を代表する画家ジョルジョ・デ・キリコ(1888­–1978)。イタリア人の両親のもとギリシャで生まれたデ・キリコは、青年期をミュンヘンで過ごした後、パリで画家としてデビューします。彫像や建築物の影が伸びる人気の無い広場、そこに配されるマネキンや玩具。「形而上絵画」と称されるこうしたデ・キリコ独自の世界が描かれた作品は、目に見える日常の裏側に潜む神秘や謎を表現しようとしたもので、後のシュルレアリストたちに大きな影響を与えました。第一次世界大戦以後は、古典主義絵画への関心からその様式を大きく変え、伝統的な技法と題材で制作を続けます。しかし晩年は、再び形而上絵画に回帰し、絶えることのない創作意欲で、新たな形而上的主題に取り組むのです。

本展は、パリ市立近代美術館に寄贈された未亡人イザベッラの旧蔵品を中心に、イタリアの美術館や個人のほか、日本国内の所蔵作品から、画家の各時代の代表作約100点を紹介します。謎めいた憂愁が漂い、神秘的で詩的な雰囲気を持つ彼の作品の魅力に触れていただくことはもちろん、生気に満ちた70年もの彼の画業を通観する貴重な機会となっております。

» さらに詳しく

イベント・講演会

オープニング記念講演会

終了しました

出演
ジャクリーヌ・マンク氏(本展監修者、パリ市立近代美術館 学芸部長)
日時
2014年10月25日(土) 14:00〜15:30
会場
日仏会館1階ホール(渋谷区恵比寿3-9-25)
主催
公益財団日仏会館、日仏会館フランス事務所、パナソニック汐留ミュージアム
後援
日仏美術学会

お問い合わせ:日仏会館フランス事務所 TEL 03-5421-7641

» 日仏会館フランス事務所ホームページ

山田五郎アートトーク

終了しました

人気テレビ番組「ぶらぶら美術博物館」(BS日テレ)などでおなじみの山田五郎さんが
デ・キリコの魅力について楽しくお話くださいます。
日時
2014年11月14日(金) 14:00〜15:00 (開場13:30)
参加費
無料 ※聴講は無料ですが、本展の観覧券が必要です。※要予約(定員200名)
会場
パナソニック東京汐留ビル5階ホール

» 申し込み方法

ワークショップ 「立体コラージュでつくる自分の未来!」

終了しました

講師による参考作品
テーマは「未来の自分」。
どんな自分になっているだろう?
どんな家に住んでいるだろう?
どんな職業についているだろう?
など、自由にイメージを膨らませて自分の理想の世界をつくります。
自分の好きなものを写真や雑誌等から切り抜いて、細い棒に貼り、 土台にさして立体コラージュをつくっていきます。
さあ、どんな「未来の自分」ができあがるでしょうか?
講師
小保方 昇氏(アーティスト)
日時
2014年11月29日(土) 14:00〜16:00 (開場13:30)
対象
3歳から小学生までの親子
参加費
500円 ※要予約(定員20組)
会場
パナソニック東京汐留ビル5階ホール
持ち物
写真(切ってもよいもの)、自分の好きなものが載っている雑誌(切ってもよいもの)

» 申し込み方法

【「山田五郎アートトーク」「ワークショップ」お申し込み方法 】

・9月1日(月)より受付開始 8:00〜22:00
・受付は先着順、定員になり次第締め切りとさせていただきます。

ハローダイヤル(03-5777-8600)でお申し込みください。(受付時間 8:00〜22:00)
@希望イベント名A氏名B住所C電話番号を承るほか、簡単なアンケートにご協力いただきます。

  • ※お申し込みにあたってご記入頂いた個人情報は、本イベントの受講管理の目的のみで使用し、終了後に破棄します。
  • ※なお、お申し込み頂いた場合、個人情報に関して上述の目的での使用に同意いた だいたものとさせていただきます。
  • ※定員に達しなかった場合、当日受付をする場合があります。

当館学芸員によるギャラリートーク

終了しました

当館学芸員が展示内容を解説します(申込不要)

  • 2014年11月8日(土)、12月7日(日)
  • 各回午後2時より(1時間程度) 参加費無料(入館には展覧会観覧券が必要です)
  • 汐留ミュージアム受付前にお集まり下さい。