環境パフォーマンスデータドメインレポート

当社の全拠点における2011年度の環境活動を報告します。
但し、2010年度以前の三洋電機(株)電池分野のデータは含まれていません。

* レポート内表示年度について
グラフ等の表記年は、会計年度の西暦で表記しています。

グラフ色区分

CO2排出量(単位:千トン-CO2

CO2排出量

我々はグローバルで省エネルギー活動を促進しています、そしてCO2排出の削減に取り組んできました。

エネルギー使用量(単位:原油換算千Kl)

エネルギー使用量

エネルギー使用量、CO2排出量の算出基準
算出に用いた係数は、環境省「温室効果ガス排出量算定方法に関する検討結果(2000年9月)」を基本としています。但し、日本の購入電力のCO2排出係数は0.410kg/kWhを使用しています。日本以外の国では、各国で運用の係数を優先して使用しています。

水の使用量(単位:千m3

エネルギー使用量

各国工場の節水、改善活動により、削減に取り組んできました。

化学物質-ヒト・環境影響度 (単位:カウント)

排出・移動量
化学物質-重点削減対象物質

パナソニックグループの化学物質管理ランク指針にしたがって化学物質の管理を推進しています。

化学物質-管理対象物質(単位:トン)

マテリアルバランス 2011年度
化学物質-管理対象物質

パナソニックグループ化学物質削減取組みの考え方

パナソニックグループでは、より有害な化学物質が優先的に削減される指標で推進しています。

パナソニックグループ化学物質管理ランク指針

パナソニックグループでは、化学物質に関する各種法律を考慮したランク指針を発行し、管理物質および定義を明確にして管理しています。

産業廃棄物・有価発生物(単位:千トン・%)

日本
化学物質-重点削減対象物質

(注)リサイクル率の定義
リサイクル率=再資源化物量/(再資源化物量+最終処分量)

日本以外
化学物質-重点削減対象物質