パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > 両面発電型太陽電池モジュール 「HITダブル」を国内公共・産業用に本格展開

プレスリリース

2012年6月7日

セルの間から光を透過する優れたデザイン性

両面発電型太陽電池モジュール 「HITダブル」を国内公共・産業用に本格展開


【両面発電型太陽電池モジュール 「HITダブル」】

品名 両面発電型太陽電池モジュール 「HITダブル」
品番 VBHN210DJ01
希望小売価格(税込) 189,000円/枚
発売日 2012年8月
販売目標 6,000枚/年

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、新型太陽電池モジュール「HITダブル」を産業・公共用として国内で本格展開。8月6日より発売します。

国内産業・公共用途の太陽光発電システム市場は各種補助金制度に加え、7月から始まる再生可能エネルギーの固定価格買取制度の開始に向けて、学校、店舗、工場、オフィスなどの分野での需要が高まっています。
このたび、2006年に商品化し、既に欧米で好評を博している両面発電型太陽電池モジュール「HITダブル」を国内の産業・公共市場に本格的に投入いたします。

本製品は裏面でも発電するHITセルの特長を生かし、裏面をガラスにすることで、パネル両面から発電します。また、「HITダブル」は標準タイプのHITに比べ設置方位や設置角度による発電量の差が少ないため、駐輪場や駐車場の「屋根面」、建物やフェンスの「壁面」、ビル屋上の「看板面」など、標準タイプに比べて設置スペースの選択肢が広がります。

当社はこれからも、太陽光発電システムの高出力化に向けてさらなる技術開発を進めるとともに、使い勝手の良い周辺機器ラインアップの充実により、「エネルギーをムダなく活かす暮らし」を提案していきます。

<特長>

(1) 表裏対称構造のHIT太陽電池セルを表面ガラスと裏面ガラスのサンドイッチ構造のモジュールにすることにより、両面からの発電が可能
(2) ライトスルー構造による優れたデザイン性
(3) モジュールの設置角度、高さを容易に調整設計ができるため、陸屋根での設置に有効

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付 9:00〜20:00)
【エコソリューションズ社 エナジー商品営業企画部 電話:06-6908-1131(代表 受付8:45〜17:30)】
電気・建築設備エコソリューション ホームページURL:http://panasonic.biz/es

【特長】

(1) 表裏対称構造のHIT太陽電池セルを表面ガラスと裏面ガラスのサンドイッチ構造のモジュールにすることにより、両面からの発電が可能

(2) ライトスルー構造による優れたデザイン性
太陽電池セルと外枠フレームの距離を広げ、フレームの影の影響を考慮し、より多くの光の透過を可能にしました。

(3) モジュールの設置角度、高さを容易に調整設計ができる陸屋根での設置に有効
設置方位や角度の自由度が高い陸屋根では、裏面からの入射光を最大に活用する設置が可能です。

■設置例

駐輪場 キャノピー ビル壁面

■仕様一覧

  両面発電型太陽電池モジュール 「HITダブル」
品番 VBHN210DJ01
公称最大出力(Pmax) 210W 公称値の±10%
モジュール変換効率 14.9%
公称最大出力動作電圧 42.0V 参考値
公称最大出力動作電流 5.00A 参考値
公称開放電圧 51.6V 公称値の±10%
公称短絡電流 5.47A 公称値の90%以上
サイズ(W/H/D) 1,630mm×862mm×35mm
質量 26kg

以上

プレスリリースの内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
プレスリリース検索
パナソニックグループ発表のプレスリリースから検索します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > 両面発電型太陽電池モジュール 「HITダブル」を国内公共・産業用に本格展開