パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > 欧州市場にスマートフォンを投入 携帯電話端末事業のグローバル展開を開始

プレスリリース

2011年12月9日

パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社

2015年度に海外販売900万台を目指す

欧州市場にスマートフォンを投入
携帯電話端末事業のグローバル展開を開始

パナソニック モバイルコミュニケーションズ株式会社(横浜市、社長:星 敏典、以下、パナソニック モバイル)は、2012年3月から、欧州市場にスマートフォンの投入を開始します。
また、欧州を足掛かりにグローバル展開を進め、2015年度には海外市場でスマートフォンの販売台数900万台を目指します。

携帯電話端末市場では、スマートフォンへの急激なシフトがグローバルに進んでおり、今後も特に海外において、着実な成長が見込まれています。当社は、グローバルモデル第1弾としてスマートフォン1機種を開発し、2012年3月より欧州市場への投入を開始します。
グローバルモデルの主な特長は以下のとおりです。

(1)超薄型でも持ちやすい “スリム Dシェイプ”デザイン
(2)狭額縁で美しく見やすいQHD 4.3インチ大画面OLED(有機発光ダイオード)
(3)防水・防塵設計で安心

本機をリファレンスモデルとして、2012年度中にはラインナップを拡大し、欧州においてスマートフォン150万台の販売を目指します。さらに2015年度には、欧州・アジア・中国・米州で900万台、日本国内600万台(内、スマートフォン500万台)と合わせ、グローバル1,500万台の販売を目指します。

パナソニックグループは、2012年1月のグループ体制再編に先駆け、本年4月にシステムコミュニケーションズ社(以下SNC)を設立しました。パナソニック モバイルは、このSNCのグループ会社であるパナソニック システムネットワークス株式会社(以下PSN)、パナソニック システムソリューションズジャパン株式会社とともに、相互リソースの活用を進めています。既に、一部の国内商品をPSNのマレーシア工場で生産していますが、今回のグローバルモデル1号機も本工場などで生産していく予定です。

今後、同グループ内の技術資産はもとより、生産・販売拠点や開発リソースの徹底活用を進めることで、開発・生産・販売体制を強化し、商品力強化とラインナップ拡大、販売拡大を加速してまいります。

プレスリリースの内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
プレスリリース検索
パナソニックグループ発表のプレスリリースから検索します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > 欧州市場にスマートフォンを投入 携帯電話端末事業のグローバル展開を開始