パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > タブレット型モバイルパソコン ヘルスケア・フィールドモデル TOUGHBOOK H2発売

プレスリリース

2011年7月12日

最新の第2世代インテル® CoreTM vProTM プロセッサー・ファミリー搭載

タブレット型モバイルパソコン ヘルスケア・フィールドモデル
TOUGHBOOK H2発売

基本性能向上で、ますます快適操作

TOUGHBOOK H2

品名 タブレット型モバイルパソコン
愛称 TOUGHBOOK(タフブック) H2
ヘルスケアモデル
(耐薬品性能※1あり)
フィールドモデル
品番 CF-H2
本体希望小売価格(税込) オープン価格
発売日 2011年10月7日より順次発売
年産台数 20,000台(タフブックシリーズ全体として)

パナソニック株式会社は、独自技術で頑丈(タフ)モバイルの本質を追求したタブレット型モバイルパソコン「TOUGHBOOK H2」のヘルスケアモデルとフィールドモデルを2011年10月7日より順次発売します。

新製品の「TOUGHBOOK H2」は、最新の第2世代インテル® CoreTM vProTM プロセッサー・ファミリーを搭載し、基本性能を大幅に向上しました。コンティニュア規格対応のヘルスケアモデルは、ハードディスクの容量を160GBにアップし大容量のデータに対応しました。フィールドモデルは、半透過型液晶を搭載することにより屋外視認性を向上、さらに温度-10℃〜50℃という使用環境条件もクリアしました。本製品により医療現場など様々な作業現場におけるIT化と業務効率向上を可能にします。

ヘルスケアモデルは、7月13日〜15日に東京ビッグサイトで開催される「国際モダンホスピタルショウ2011」のパナソニックブース(F-33/医療情報システムゾーン)にてご体感いただけます。

◇Ver.1.5に対応。但し接続可能な機器は、血圧計、体重計、歩数計のみ。 詳細な情報は、http://www.continua.jp/ をご覧下さい。

特長

  1. (1) ヘルスケアモデル 「TOUGHBOOK H2」(耐薬品性能※1あり)
    • 最新の第2世代インテル® CoreTM vProTM プロセッサー・ファミリーを採用
    • ハードディスク容量アップで大容量のデータに対応 容量:160GB(前モデル容量:80GB)
  2. (2) フィールドモデル 「TOUGHBOOK H2」
    • 最新の第2世代インテル® CoreTM vProTM プロセッサー・ファミリーを採用
    • 半透過型液晶を搭載し視認性向上 輝度:約 6,000 cd/m2相当※2(前モデル輝度:約500cd/m2
    • 使用環境条件 温度: -10℃ 〜 50℃(IEC60068-2-1,2※3)に対応(前モデル温度:5℃〜35℃)
  3. (3) その他 共通の基本性能強化
    • 本体に、USB2.0(1ポート)、LANコネクター、シリアルコネクターを標準搭載
    • 約3時間で充電可能な急速充電対応(前モデル充電時間:約5.5時間)
    • ハードウェア実装のセキュリティ機能強化
      パナソニック セキュリティ強化BIOS※5、SMS(ショートメッセージサービス)ウェイク機能※5※6
      インテル®アンチセフト・テクノロジー※5対応ワイヤレスWANモジュール(Ericsson F5521gw)搭載※6
      インテル®アイデンティティー・プロテクション・テクノロジー※5採用、セキュリティチップ(TPM)※5搭載
  1. ※1アルコールや次亜塩素酸等の薬品での拭き取り耐久試験を実施。
  2. ※2快晴時の太陽 約200,000ルクスを反射した場合。当社調べ。
  3. ※3IEC:International Electrotechnical Commission。
  4. ※4バッテリーパック2個充電時。本体接続時は本体負荷状況により充電時間が変動します。※5 お使いになるにはセットアップ、サービス事業者が提供する専用ソリューションが必要です※6 ワイヤレスWAN内蔵モデル。回線契約などが別途必要です。

【お問い合わせ先】

パナソニックパソコンお客様ご相談センター
TEL:0120-873029 9:00〜20:00 365日受付
[ホームページURL]http://panasonic.biz/pc/

【発売の背景】

当社は、1996年に「TOUGHBOOK」CF-25シリーズの発売以来、お客様より一般的なパソコンが苦手とする現場で使用できる頑丈(タフ)なモバイルパソコンの開発要望をいただいています。
医療現場特有の使用環境、屋内外の苛酷な現場の使用環境などにもご利用いただけるヘルスケアモデルとフィールドモデルの「TOUGHBOOK H2」は、それぞれの市場からのニーズに対応した機能・性能を備えさらに、基本性能を強化し、現場のオフィスレベルのIT化と業務効率向上を支援します。
この「TOUGHBOOK H2」シリーズを加えタフブックシリーズは、医療現場はもちろん、様々な作業現場で使用できる頑丈(タフ)なモバイルパソコンをこれからも拡充してまいります。

<国内需要動向>

年度/1月〜12月ベース
出典:IDC Worldwide Quarterly PC Tracker, Q4 2010
無断転載を禁止します。
年度 07年度 08年度 09年度 10年度 11年度(予測)
パソコン全体 1359 万台 1425 万台 1338 万台 1578 万台 1462 万台
  ノートパソコン★1 746 万台 863 万台 864 万台 996 万台 921 万台
  スモールポータブル★2 98 万台 176 万台 243 万台 190 万台 168 万台
  ★1:IDC定義によるポータブル ★2:IDC定義によるスモールポータブル

【特長の説明】

(1)ヘルスケアモデル 「TOUGHBOOK H2」 (耐薬品性能※1あり)

最新の第2世代インテル® CoreTM vProTM プロセッサー・ファミリー搭載
10.1型タブレット型の筐体に第2世代 インテル® CoreTM i5-2557M vProTM プロセッサー1.70GHzを採用。前モデルと比較し、約5倍※2の高速処理が可能となりました。高負荷時にパフォーマンスを引き上げる「インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0」により、最大2.70GHzの高速処理に対応。
医療現場で求められる、消毒時の耐薬品性能※1、耐衝撃・耐落下に加え防塵・防滴性能を実現するファンレス設計と最新の第2世代 インテル® CoreTM vProTM プロセッサー・ファミリー搭載を同時に実現し、医療現場の業務の正確性と効率向上を支援します。

ハードディスクの容量アップで大容量のデータ保存に対応
データ保存容量を160GB(前モデル80GB)にアップし、大容量データに対応できます。

(2)フィールドモデル「TOUGHBOOK H2」の特長

最新の第2世代インテル® CoreTM vProTM プロセッサー・ファミリー搭載
10.1型タブレット型の筐体に第2世代 インテル® CoreTM i5-2557M vProTM プロセッサー1.70GHzを採用。前モデルと比較し、約5倍※2の高速処理が可能となりました。高負荷時にパフォーマンスを引き上げる「インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0」により、最大2.70GHzの高速処理に対応。
屋内外の過酷な現場で求められる、耐衝撃・耐落下に加え防塵・防滴性能を実現するファンレス設計と最新の第2世代 インテル® CoreTM vProTM プロセッサ・ファミリー搭載を同時に実現し、現場における業務のIT化と業務の効率化を可能にします。

半透過型液晶搭載し視認性向上 液晶輝度:約 6,000cd/m2相当※3(前モデル液晶輝度:約500cd/m2
使用環境の照度にあわせて、任意設定した輝度の値に従い自動的に明るさを調整し視認性を向上することができます。

使用環境条件 温度: -10℃ 〜 50℃(IEC60068-2-1,2)※4に対応(前モデル温度: 5℃〜35℃)
使用環境温度の広範囲な条件下において操作が可能になり、低温・高温の設備の中や冬季・夏季の屋外など過酷な現場のITを活用した業務の効率化を実現します。

(3)その他 共通の基本性能強化

本体に、USBポート、LANコネクター、シリアルコネクターを標準搭載
場のニーズに対応し、USB2.0ポート(1ポート)、LANコネクター、シリアルコネクターを標準搭載しました。これにより接続可能なインターフェース機器の拡がり、高速データ伝送も可能になり業務効率の更なる向上を可能にします。また、これらインターフェース未使用時は、蓋で密閉し防滴・防塵性を保持します。

約3時間※5で充電可能な急速充電対応(前モデル充電時間:約5.5時間※5
バッテリーパック2個を同時に充電することにより、本体および、クレードルによる充電時間を大幅に短縮します。

ハードウェア実装のセキュリティ機能強化
ネットワーク機能とあわせたクラウドサービスがより利用しやすくハードウェア実装のセキュリティ機能を強化。ワイヤレスWAN内蔵モデルを活用することで、在宅医療、訪問診療や屋外の現場からセキュアな環境で各種クラウドサービスの活用や盗難時の遠隔HDD消去サービスの利用が可能となります。
  • パナソニック セキュリティ強化BIOS※6
    電源状態がシャットダウン、休止状態からの復帰時に対応したハードウェアレベルの起動パスワード、第三者がハードディスクドライブを取り外して他のパソコンに接続しても認識しないようにするハードディスク保護機能に加えて、法人件名対応では、失敗回数管理やサーバーとの連携により強制的に内蔵ハードディスクデータの全消去をおこなう機能を提供します。
  • SMS(ショートメッセージサービス)ウェイク機能※6※7
    NTTドコモFOMA®ネットワークを介したSMSメッセージによりパソコンを起動する機能を提供。パソコンの盗難や紛失時に遠隔操作で電源を入れ、ハードディスクデータの消去や各種プログラムの起動を可能にします。
  • インテル® アンチセフト・テクノロジー※6対応ワイヤレスWANモジュール(Ericsson F5521gw)搭載※7
    モバイルパソコンの盗難・紛失対策をハードウェア・ベースで支援する技術、インテル®アンチセフト・テクノロジーに対応したワイヤレスWANモジュール(Ericsson F5521gw)を搭載。3G回線からのパソコン機能停止指示などをOSの動作に依存することなくハードウェア機能として実行することができます。
  • インテル® アイデンティティー・プロテクション・テクノロジー※6採用
    6けたのワンタイムパスワードを30秒毎に生成。このワンタイムパスワードを用いることで不正アクセスなどを防止するためのより強固な二要素認証を行えます。
  • セキュリティチップ(TPM)※6搭載
    ファイルの暗号化や暗号鍵の保護など、セキュリティやプライバシー保護の基幹部分を、ほかのハードウェアやOSから独立させることで、セキュリティを強化。ファイルの暗号化(EFS)やメールの暗号化、電子署名の信頼性も高めます。

【製品のラインナップ】詳細は、ホームページ http://panasonic.biz/pc/ をご確認願います。

■ヘルスケアモデル「TOUGHBOOK H2」(耐薬品性能※1あり)
ディスプレイ:10.1型XGA液晶搭載
OS:Windows® 7 Professional 32ビット 正規版(Service Pack1 適用済み)
(32ビットと64ビット選択可能)
CF-H2BDAAZDJ 標準モデル
CF-H2BDCKEDJ ワイヤレスWAN内蔵モデル
■フィールドモデル「TOUGHBOOK H2」
ディスプレイ:10.1型XGA液晶搭載
OS:Windows® 7 Professional 32ビット 正規版(Service Pack1 適用済み)
( 32ビットと64ビット選択可能 )
CF-H2ASAAZDJ 標準モデル
CF-H2ASCKEDJ ワイヤレスWAN内蔵モデル
  1. ※1アルコールや次亜塩素酸等の薬品での拭き取り耐久試験を実施。
  2. ※2PC Mark05を使用。当社調べ。
  3. ※3快晴時の太陽 約200,000ルクスを反射した場合。当社調べ。
  4. ※4IEC:International Electrotechnical Commission。
  5. ※5バッテリーパック2個充電時。本体接続時は本体負荷状況により充電時間が変動します。
  6. ※6お使いになるにはセットアップ、サービス事業者が提供する専用ソリューションが必要です。
  7. ※7ワイヤレスWAN内蔵モデル。回線契約などが別途必要です。
プレスリリースの内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
プレスリリース検索
パナソニックグループ発表のプレスリリースから検索します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > タブレット型モバイルパソコン ヘルスケア・フィールドモデル TOUGHBOOK H2発売