パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > 高画質デジタルハイビジョンビデオカメラ HDC-TM750/TM650を発売

プレスリリース

2010年7月28日

世界初(※1)、3D対応ムービー登場(※2)

高画質デジタルハイビジョンビデオカメラ HDC-TM750/TM650を発売

新・3MOSで明るいところも暗いところも高画質

HDC-TM750

HDC-TM650

品名 デジタルハイビジョンビデオカメラ 3Dコンバージョンレンズ
品番 HDC-TM750 HDC-TM650 VW−CLT1
記録メディア 96GB内蔵メモリー/SDカード(別売) 64GB内蔵メモリー/SDカード(別売)
-H(メタリックグレー) -S(シルバー) -H(メタリックグレー)
本体希望小売価格
(税込)
オープン価格
発売日 8月下旬
月産台数 約1,600台 約4,000台 約1,200台

デジタルAVCマーケティング本部は、デジタルハイビジョンビデオカメラの新製品「HDC-TM750/TM650」、3Dコンバージョンレンズ「VW-CLT1」を8月下旬より発売します。

「TM750/TM650」は赤・緑・青の光の3原色をそれぞれ取り込む高解像度の新3MOSセンサーを搭載し忠実な色再現を実現しました。また1080/60p記録が可能なため、1080/60iでは実現できない高精細で奥行き感のある映像や早い動きの被写体もくっきり再現できるようになりました。さらに暗いところの撮影では新搭載の新低照度ノイズリダクション(NR)により、低照度撮影時のノイズを従来の約40%(※3)低減し、夜景や屋内撮影などでも高画質な映像が可能になりました。手ぶれ補正機能では光学式に電子式を加えた「ハイブリッド手ブレ補正機能」を搭載、さらに「手振れロック機能」を搭載し、撮影時の手振れを強力に抑えます。

また別売の3Dコンバージョンレンズ「VW-CLT1」を装着することによって、世界初(※1)の3D撮影が可能になり、ご家庭でも気軽に3Dの撮影ができるようになりました。3Dの方式はサイドバイサイド方式を採用し、DVDやBDへ撮影した映像を残すことができます。

当社は本製品を新3MOSによる最高の画質と世界初の3D撮影を実現したハイエンドモデルとして幅広いユーザーへご提案してまいります。

特長

  1. 新・3MOSで明るいところも暗いところも高画質を実現
    • 1080/60p記録で速い動きもクッキリ撮れる
    • 新低照度ノイズリダクションによりノイズを約40%抑える
  2. 世界初(※1)、3Dコンバージョンレンズ装着で3D映像が撮影可能
  3. 強力な手ブレ補正で、手ブレを抑えて高画質
    • ハイブリッド手ブレ補正&光学式手振れロック
  1. ※1:2010年7月28日現在。AVCHD民生用デジタルビデオカメラとして。
  2. ※2:3D撮影には、3Dコンバージョンレンズ(VW-CLT1:別売)が必要です。
  3. ※3:当社従来機種 HDC-TM700比

本製品はパナソニック ネットワークマーケティング(株)が運営するショッピングサイトPanaSenceパナセンス (http://club.panasonic.jp/mall/sense/) でモニター販売を、2010年7月28日17時から8月17日13時まで行います。

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(9時から20時まで)
ホームページURL:http://panasonic.jp/dvc/

【開発の背景】

ビデオカメラ市場において、さまざまなハイビジョンビデオカメラが開発される中、当社では従来より、赤・青・緑の光の3原色を専用で処理する3つのセンサーを使用した3MOSを開発してまいりました。この度、当社は新・3MOSのさらなる高画質に加え、世界初(※1)の3D対応ムービー(※21)として「HDC-TM750/650」を発売します。テレビやレコーダーなどにおける3D化の流れにいち早く対応し、3Dムービーの開発に着手、3Dコンバージョンレンズを装着することにより、ご家庭でも手軽に3D映像の撮影が可能になりました。

当社は新3MOS最高画質&世界初3D対応ムービーとして本製品を発売し、高画質のハイビジョンビデオカメラと3D市場を牽引してまいります。

【特長】

1.新・3MOSで明るいところも暗いところも高画質を実現

本製品はテレビ放送局用のプロ用ビデオカメラと同じ3つのセンサーの3MOSを搭載しました。
3MOSは映像をR(赤)・G(緑)・B(青)の光の3原色をプリズムで正確に分け、それぞれの色を専用の3つのセンサーで処理しています。これにより、被写体の色彩をきめ細かく忠実に記録することができます。

●1080/60p記録で速い動きもクッキリ撮れる(※4)

ハイビジョンムービーに求められるより高い画質性能を実現するため、センサーには305万画素の1/4.1インチセンサーを3枚搭載。動画有効画素数は759万画素(253万×3)となり、より解像度の高い、緻密な高画質映像を実現。これにより、1080/60p記録が可能になりました。1080/60p記録では従来の1080/60i記録に比べて映像の情報量が2倍(となるため、スポーツの撮影時など早い動きの被写体でもちらつきを減らし、くっきりと撮影できるようになりました。

  1. ※4:1080/60p記録は通常撮影時(2D)の機能です。3D撮影はできません。

●新低照度ノイズリダクション(NR)によりノイズを約40%抑える

低照度時の高画質撮影を実現するため、画像処理エンジンであるHDクリスタルエンジン・プロに新たに新低照度NRを搭載。これにより、低照度撮影時に目立つ大粒のノイズを抑えることができ、従来モデルから約40%(※3)大幅なノイズ低減を実現しました。これにより、暗い室内や、夜景撮影時でもノイズの少ない高画質映像を実現しました。

2.世界初(※1)、3Dコンバージョンレンズ装着で、3D映像が撮影可能

●3Dコンバージョンレンズを装着(※5)すれば、手軽に3D映像が楽しめる

別売の3Dコンバージョンレンズ(VW-CLT1)をTM750/TM650に装着することによって、世界初(※1)の3D映像記録が可能になりました(※2)。子供の入学式や運動会、旅行など、さまざまなシーンで、これまでのムービーでは表現できなかった臨場感ある3D映像を記録することが可能です。着脱式のため、3D撮影をしたいときはコンバージョンレンズを装着し、通常の撮影時はレンズを外して高精細な映像をコンパクトな本体のみで撮影できます。

  1. ※5:3Dコンバージョンレンズ装着時はフルハイビジョンでの撮影はできません。

【3D撮影の方式】

●AVCHD方式だから、ブルーレイ/DVDディスクに3D映像をダビングできる

3Dの方式はサイドバイサイド方式を採用。AVCHDのフォーマットで3Dの映像データを記録しますので、レコーダーや付属ソフトのHD Writer AE 2.6Tを使ってブルーレイやDVDディスクに映像をダビングすることができます。

【3D映像の再生/保存】

  1. ※6:3Dビエラ(TH-P65VT2/P58VT2/P54VT2/P50VT2)でのSDカード再生については、ソフトウェアのダウンロードによるアップデートが必要です。(8月下旬開始予定)詳細が決まり次第、ビエラのホームページなどでご案内します。
  2. ※7:3D対応ディーガ(DMR-BWT3000/BWT2000/BWT1000)については、ソフトウェアのダウンロードによるアップデートが必要です。(8月下旬開始予定)詳細が決まり次第、ディーガのホームページなどでご案内します。

3.強力な手ブレ補正で、手ブレを抑えて高画質

●ハイブリッド手ブレ補正で歩き撮りはもちろん、ズーム時の揺れまでしっかり抑える

従来の手ブレ補正ではジャイロセンサーを用いて主に手首の縦横の振れ(2軸)を検出しておりましたが、さらに腕の上下左右の振れ(2軸)を映像センサーから検出することで、4軸方向の手ブレ検出を実現しました。検出された手ブレは光学式手ブレ補正に加え、電子式手ブレ補正も行うことで、より強力に手ブレを補正することができるようになりました。
電子式手ブレ補正はセンサーのうち、映像で使用しない領域を使用するため、画質の劣化を抑えることができます。この光学式に電子式を併せた、ハイブリッド手ブレ補正により歩き撮りはもちろん、ズーム時の手ブレまでしっかり抑えることができるようになりました。

●光学式手振れロック機能でさらに強力に手振れを抑える(※8)

さらに手ブレを強力に抑えることのできる光学式の手振れロック機能を搭載しました。
液晶画面の手振れロックのボタンを押すことで手ブレの補正範囲を最大まで広げることができ、より強力に手ブレを抑えることができるようになりました。

  1. ※8:「ハイブリッド手ブレ補正」は通常撮影時(2D)の機能です。3D撮影時は、光学式手ブレ補正のみになります。

4.その他の機能

  • 風音キャンセラーで風の音だけ抑えてキレイに録れる
  • 超解像技術でiAズーム18倍を実現(光学12倍)
  • 広角35mm(※9)で狭い場所でも広く撮れる ※9:35mm判換算
  • 大切な人を覚えてキレイに撮る、個人認識機能搭載
  • 1秒瞬速起動&0.6秒クイックスタート
  • 顔ハイライト再生
  • 顔だけでなく、色でも追尾する「追っかけフォーカス」機能搭載
  • 5つのシーンに合わせてキレイに撮れる「おまかせiA」機能搭載
  • 選べるマイクシステム(5.1chサラウンドマルチ機能/ズームマイク機能/ガンマイク機能/バスコントロール機能)
  • 静止画素数 1420万画素
  • 笑顔オートシャッター機能
  • リレー記録
  • シーンモード搭載
  • インターバル記録
  • 大切な一瞬を撮り逃さない「プリREC」
  • 2.1メガ静止画切り出し
  • 映像管理・再生ソフト「HD Writer AE 2.6T」付属
  • タッチパネル液晶モニター搭載
  • 高速連写機能

【仕様一覧】

【HDC-TM750/TM650】

  HDC-TM750 HDC-TM650
撮像素子 1/4.1型MOS 固体撮像素子
総画素 915万(305万×3)
有効画素 動画 759万(253万×3)、静止画789万(263万×3)
レンズ
35mm換算
自動絞り12倍電動ズーム F1.5〜2.8
動画 35〜420mm(16:9)
静止画 35.7〜428mm(3:2) / 35〜420mm(16:9) / 38.8〜466mm(4:3)
ズーム iAズーム18倍 光学ズーム12倍、デジタルズーム30倍/120倍
EVF
モニター 3.0型ワイド液晶モニター 2.7型ワイド液晶モニター
マイクロフォン 5.1ch サラウンドマイク
(ズームマイク、ガンマイク機能あり)
ステレオマイク
(ズームマイク機能あり)
標準被写体照度 1400ルクス
最低照度 1.6ルクス(LowLightモード、シャッタースピード1/30時)、
カラーナイトビューモード:1ルクス
インターフェース
映像出力 Video OUT : 1.0Vp-p 75Ω NTSC方式【AVマルチジャック】
D3映像出力 Y:1.0Vp-p 75Ω Pb:0.7Vp-p 75Ω Pr:0.7Vp-p 75Ω 【AVマルチジャック】
HDMI出力 1080p 1080i 480p
音声出力 出力レベル: 316mV 出力インピーダンス:600Ω 2ch 【AVマルチジャック】
USB端子 ハイスピードUSB(USB2.0)、入出力端子(TYPEmini AB)、
カードリーダーライター機能(著作権保護機能なし)、
動画機能
記録メディア 96GB 内蔵メモリー 64GB 内蔵メモリー
SDXCメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDメモリーカード
映像圧縮方式 MPEG-4 AVC/H.264(60i:AVCHD規格準拠、60p:独自規格)
音声圧縮方式 Dolby Digital
静止画機能
記録方式 JPEG(DCF/Exif2.2準拠)、 DPOF対応
記録画素数  約1420万画素(3:2)
外形寸法 幅66×高さ69×奥行138mm 幅62×高さ66×奥行126mm
本体質量 約380g 約328g
使用時質量
(付属バッテリー含む)
約440g 約388g
電源 9.3V(ACアダプター)/7.2V(バッテリー)
消費電力 録画時4.7W 録画時4.5W
付属品 DCコード、ACアダプター、電源コード、バッテリーパック(1250mAh)、ワイヤレスリモコン、AVマルチケーブル、USB接続ケーブル、タッチペン、レンズフィルター、CD-ROM(HD Writer AE2.6T)

【3Dコンバージョンレンズ】

品番 VW-CLT1-H
外形寸法 幅78mm×高さ59mm×奥行97mm
本体質量 約195g
像入力方式 サイドバイサイド方式

以上

プレスリリースの内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
プレスリリース検索
パナソニックグループ発表のプレスリリースから検索します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > 高画質デジタルハイビジョンビデオカメラ HDC-TM750/TM650を発売