パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > CATVデジタルセットトップボックスTZ-HDW600M/TZ-HDW600F/TZ-HDW600Pを発売

プレスリリース


2010年3月11日
ハードディスク(HDD)内蔵のダブルチューナー搭載

CATVデジタルセットトップボックス
TZ-HDW600M/TZ-HDW600F/TZ-HDW600Pを発売

業界初(*1) 無線LANに対応


TZ-HDW600M(TZ-HDW600M データ容量:75KB))(データ容量:70KB) (データ容量:74KB)

品名 HDD内蔵CATVデジタルセットトップボックス
品番 TZ-HDW600M/TZ-HDW600F/TZ-HDW600P
発売時期 2010年5月

パナソニック株式会社は、2010年5月より、250GBのハードディスク(HDD)を内蔵したCATVデジタルセットトップボックス(CATV STB) TZ-HDW600M、TZ-HDW600F、TZ-HDW600Pの3機種を発売します。
本製品は、いつでもどこでも 簡単に番組を視聴したいという、ケーブル加入者様のニーズにお応えし、HDD搭載普及機であるにもかかわらず、高級機並みの性能を有し、かつストレスフリーで、多彩な機能を簡単に取り扱えるパナソニックが提案する次世代STBの標準モデルです。
録画した番組を別の部屋で楽しむことができるホームネットワーク機能(*2)に対応し、従来のLAN端子による接続に加え、無線LANにより、わずらわしい配線無しで手軽にお楽しみ頂けます。そのために、IEEE802.11n規格の無線LANアダプター(*3)が接続可能なUSB端子を搭載しています。また、YouTube(*4)やアクトビラ ビデオ・フル(*5)など、ネットワークを利用した動画再生にも対応しています。
さらに、従来品(TZ-DCH2000)比、体積約40%削減の省スペースデザイン(*6)、質量約40%削減の軽量化(*7)、動作時消費電力約30%削減、待機消費電力0.1W(*8)の省電力を実現するなどの、エコ設計を追求し、地球環境に配慮した製品となっています。
加えて、今後増加が見込まれる3D映像への対応、高能率符号化方式(H.264/256QAM)への対応等、高機能化する放送方式にソフトバージョンアップにて対応予定、CATV事業者様に長期間安心してお使いいただけるSTBを目指してまいります。
今後も当社は、ケーブルテレビ事業者様における新規加入者の獲得や既加入者のケーブルテレビ視聴環境の向上に貢献し、お客様の多様なニーズにお応えする製品を提供していきます。
尚、本製品のケーブルテレビ事業者様への販売はパナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社が担当します。

【主な特長】

HDD内蔵CATV
デジタルセットトップボックス
(写真はTZ-HDW600M)
  1. ハードディスク(HDD)内蔵で、タイムシフト視聴が簡単・便利
  2. 業界初(*1)無線LANによるホームネットワーク機能(*2)
  3. CATVの将来サービスに対応
  4. 地球環境に配慮したエコ設計(小型化、省電力等)
  5. CATV事業者様の作業効率化に貢献
*1 2010年3月11日現在 CATVデジタルセットトップボックスとして。
*2 DLNA認証取得予定
*3 当社製無線LANアダプター(DY-WL10-K)のみに対応しています。また、無線LANを使用するためにはアクセスポイントが必要になります。IEEE802.11n(2.4GHz/5GHz同時使用可)の無線ブロードバンドルーター(アクセスポイント)をお選び下さい。なお無線電波状況により、接続できない場合もあります。
対応無線LANアダプター:当社製DY-WL10-K(オープン価格)、ルーター推奨機器:バッファロー社製WZR-AGL300NH
*4 YouTube及びYouTubeロゴはGoogle Incの登録商標です。
*5 TZ-HDW600Pのみアクトビラ ビデオ・フルに対応。TZ-HDW600M、TZ-HDW600Fはアクトビラベーシックに対応。
*6 幅360mm X 高さ59mm(セット脚含む) X 奥行239mm(端子、ファン含まず)
*7 約2.0kg
*8 クイックスタート「切」時。

【お問合せ先】

パナソニック システムお客様ご相談センター
電話フリーダイヤル0120-878-410(受付:9時〜17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)
【ホームページ】http://panasonic.biz/broad/catv/


【特長の説明】

1. ハードディスク(HDD)内蔵で、タイムシフト視聴が簡単・便利

1)250 GBのハードディスク(HDD)を内蔵
録画予約も再生もかんたん。番組表(EPG)でリモコンの「赤ボタン」を押すだけで録画予約でき、録画一覧から番組タイトルを選ぶことで再生が可能です。 お子様からお年寄りまで、簡単に操作いただけます。
また、ダブルチューナー搭載により、2番組を同時に録画可能。
手軽に録画、再生ができ、見たい番組は好きな時間に見る「タイムシフト視聴」が手軽にできます。

2)録画・再生の使いやすさを追求した新機能搭載

●Wオートチャプター
2番組同時録画時の両方の番組にチャプターマークを自動作成可能な「Wオートチャプター」機能を搭載。だから、CMを含んだ番組を録画して再生する際に、リモコンの「スキップボタン」を押すだけで、かんたんにCMをスキップして再生することができます。

●新デザインのらくらくリモコン
ボタン配置などにこだわり、使い易さを向上した、新デザインのらくらくリモコンを採用。
従来(TZ-DCH2000系リモコン)は蓋の中にあった「お好み選局」「3桁入力(チャンネル番号入力)ボタンを蓋を空けなくても直接操作できるようにすることで、選局操作を向上しました。
併せて「スキップボタン」も直接操作できる配置にすることで、新機能「Wオートチャプター」によるチャプターのスキップ操作を容易に行えるようにしました。
また、録画機として確認頻度の高い予約一覧の表示ボタン(「予約確認」ボタン)を追加し、予約確認も簡単にできるようにしました。

2. 業界初(*1)無線LANによるホームネットワーク機能(*2)

本機は、ホームネットワーク機能(*2)を活用して、映像サーバとしてもクライアント機としても利用でき、更に無線LANにも対応しています。

1)映像サーバ機能
本機の録画した番組を、LANによるホームネットワーク(*2)で使うことにより、別の部屋のDLNA対応のテレビやパソコンで再生して楽しむことができます。
2)クライアント機能
現行のBlu-ray(BD)内蔵STB TZ-BDW900シリーズ、DVD内蔵STB TZ-DCH9000/9800/9810、当社製DVD/BDレコーダーDIGA(*9)に録画した番組を、LANによるホームネットワーク(*2)を使うことにより、別の部屋の本機で再生することができます。
3)無線LAN
従来のLAN端子による接続に加え、別売りの無線LANアダプター(*3)をUSB端子に接続すれば、わずらわしい配線無しで、LAN端子の無い部屋でも、手軽にお楽しみ頂けます。
無線LANアダプターとアクセスポイントを認証する設定に関しても、AOSS(*10)とWPS(Wi-Fi Protected Setup(*11))に対応しているので、かんたん設定が可能です。

*9 対応機種 DMR-BW930 / BW830 / BW730 / BW950 / BW850 / BW750 / BW970 / BW870 / BW770 / BW880 / BW780 / BW680 / BWT3000 / BWT2000 / BWT1000。2010年3月11日現在。
*10 AOSSは株式会社バッファローの商標です。
*11 「Wi-Fi Protected Setup」はWi-Fi Allianceの商標です。

3. CATVの将来サービスに対応

本機は、STBの新たなサービスとして、当社が提案する、CATV事業者様が独自に作成できるSTBのポータル画面「CATVユニバーサルポータル」のシステムに対応が可能です(*12)
また、3D対応ビエラ(*13)との連携により今後増加が見込まれる3D映像(*14)への対応や、高能率符号化方式(H.264/256QAM)にも対応予定(*15)。ケーブル事業者様が長期間安心してご使用いただけるSTBを目指します(ソフトウェアバージョンアップでの対応を予定)。

*12 ケーブル事業者様で専用サーバが必要です。
*13 対応機種 VT2シリーズ(2010年4月23日発売)。 2010年3月11日現在。
*14 HDMI1.4仕様書に準拠した3Dモード切換えに対応予定。
*15 現在詳細仕様が定まっていない放送方式への対応であり、機能上の制約が出る可能性があります。

4. 地球環境に配慮したエコ設計(小型化、省電力等)

1)省スペース、軽量化
幅360mm、奥行き239mm(*16)の省スペースデザインにより、従来品(TZ-DCH2000)比 体積で約40%の削減を実現。
また、質量でも2.0kgと軽量化し、従来品(TZ-DCH2000)比で約40%を削減。

2)環境に配慮した省電力設計
電源回路の効率化等により、動作時消費電力を従来品(TZ-DCH2000)比で約30%を削減、また、待機時消費電力0.1W(*17)を実現しました。

3)当社薄型テレビ「ビエラ(*18)」の節電機能に対応
先進のリンク機能により、接続したビエラ(*17)がSTBを自動的に節電。

・「こまめにオフ」機能
STB以外の入力に切り替えた際、STBの電源を自動でオフします。

・「ECOスタンバイ」機能
ビエラ(*18)を視聴していない時は、自動でSTBの待機電力モードを最小にします(*19)

4)RoHS(*21)指令に対応
本製品は有害6物質(鉛、カドミウム、水銀、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル、ポリ臭化ジフェニルエテール)の使用を禁止したRoHS指令に対応しています。

*16 端子、ファン含まず
*17 クイックスタート「切」時。
*18 対応機種 VT2 / V2 / X2 / S2 / G2 / C2 / Z1 / V1 / G1 / X1 / C1 / F1 / R1 / PZR900 / PZ800 / PZ85 / PZ80 / PX80 / LZ85 / LZ80 / LX80 / LX8。2010年3月11日現在。
*19 クイックスタート「入」時。
*20 RoHS(Restriction of the use of certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipment)
特定有害物質使用制限指令:電気・電子機器における特定有害物質の使用規制

5. CATV事業者様の作業効率化に貢献

1)梱包箱のサイズ削減
従来品(TZ-DCH2000)の梱包箱サイズより約60%削減することで、運送効率の向上と持ち運びの容易性を実現しました。

2)SDカードによる簡単設定機能
SDカードによる簡単設定機能により、STB受信設定作業の効率化(当社測定:従来約7分から、1分以内に短縮)を実現するとともに作業ミスを大幅に低減します。

6. その他の便利な機能

1)「YouTube(*4)」、「アクトビラ ビデオ・フル(*5)」に対応
世界最大の動画共有サイトである「YouTube (*4)」に対応。本体にブロードバンド回線を接続すれば、リビングで「YouTube(*4)」の動画を手軽にお楽しみいただけます。
また、「アクトビラ ビデオ・フル(*5)」にも対応。自宅にいながら、簡単に映画ソフトなどを視聴することが可能です。

2)ハイビジョンムービー(AVCHD)の再生、大容量SDカード(SDXC)に対応
当社製ハイビジョンムービー(*21)やルミックス(*22)で撮影したハイビジョン映像(AVCHD)に対応しています。SDカードスロットを搭載し、大容量のSDXC規格のSDカードにも対応。ハイビジョン映像(AVCHD)が記録されたSDカードをSTBに差し込めば、撮影した映像をダイレクトに再生して楽しむことができます(*23)

*21 対応機種 HDC-SD1 / SD3 / SD5 / SD7 / SD9 / SD100 / SD200 / DX1 / DX3 / SX5 / HS9 / HS60 / HS100 / HS200 / HS300 / HS350 / TM30 / TM70 / TM60 / TM300 / TM350 / TM700。2010年3月11日現在。
※HDC-TM700で1080/60p記録した映像は再生できません。
*22 対応機種 DMC-GH1 / GF1 / TZ7 / TZ10 / FT1 / FT2 / FZ38 / ZX3。2010年3月11日現在。
*23 HDDへの取り込みは出来ません。

3)Blu-ray(BD)内蔵STB(TZ-BDW900シリーズ)、当社製DVD/BDレコーダーDIGA(*24)へのダビング機能
本機を現行のBD内蔵STB(TZ-BDW900シリーズ)又は当社製DVD/BDレコーダーDIGA(*24)とLAN(無線LANも可)で接続すれば、本機のHDDに録画した番組を接続機器のHDDにダビングできます。これにより、本機のHDDに録画した番組も、接続先のHDDにダビング後、ブルーレイディスクに保存することができます。

*24 対応機種 DMR-BW970 / BW870 / BW770 / BW880 / BW780 / BW680 / BWT3000 / BWT2000 / BWT1000。2010年3月11日現在。

4)リモコンモード切替(3モード)搭載
当社製STBが複数台置かれている場合、1つのリモコンで同時に複数のSTBが動作しないよう、リモコンコードを3つまで変更することができます。

【基本機能の説明】

トランスモジュレーション方式/OFDMパススルー方式対応

TZ-HDW600Mはトランスモジュレーション方式での受信が可能です。
TZ-HDW600F、TZ-HDW600Pはトランスモジュレーション方式だけでなく、地上デジタル信号のOFDM信号を、そのままあるいは他の周波数に変換して伝送するOFDMパススルー方式での受信が可能です。

HD映像時代に対応した出力端子

[フルデジタル伝送のHDMI端子搭載]
テレビと別売HDMIケーブルで接続することで、フルデジタルの高画質・高音質視聴が可能。HDDに録り貯めたデジタルハイビジョン番組も、そのままの美しさで再生して楽しめます。
●HDMI、HDMIロゴ、及びHigh-Definition Multimedia Interfaceは、HDMI Licensing LLCの商標または、登録商標です。

[定格]

品名 CATVデジタルセットトップボックス
品番 TZ-HDW600M TZ-HDW600F TZ-HDW600P
使用電力 AC 100V、50/60 Hz
消費電力 電源入: 23 W
電源切: 0.1 W(クイックスタート「切」、ケーブルモデム電源「切」)
電源入: 18 W
電源切: 0.1 W(クイックスタート「切」)
デジタル放送 ・受信変調方式
64QAM (Annex.C)
受信周波数帯域
90〜770 MHz、
入力レベル
49〜81dBμV(平均値)

・受信変調方式:64QAM (Annex.C)、
受信周波数帯域:90〜770 MHz、
入力レベル49〜81dBμV(平均値)

・受信変調方式:OFDM、
受信周波数帯域:90〜770 MHz、
入力レベル47〜81dBμV(平均値)

ケーブルモデム

・受信変調方式:64QAM /256QAM(Annex.B)、受信周波数帯域:90〜770 MHz、入力レベル49〜79 dBμV(平均値)

・送信変調方式:QPSK/8/16/32/64/128QAM、送信周波数帯域:10 〜55 MHz、出力レベル:68〜118 dBμV

ハードディスク容量 250GB
接続端子
ケーブル端子:F型接栓、75 Ω
分配出力端子:F型接栓、75 Ω
映像出力端子(pin jack): 出力1/出力2 1.0 Vp-p、75 Ω
D端子映像出力端子(D1/D2/D3/D4端子):1系統
(Y) 1.0 Vp-p、75 Ω(CB/PB)0.7 Vp-p、75 Ω(CR/PR)0.7 Vp-p、75 Ω
HDMI(映像・音声)出力端子:1系統(19ピン、typeA端子)
音声出力端子(pin jack):出力1/出力2 250 mV[rms](標準)、出力インピーダンス 2.2 kΩ以下
光デジタル音声出力子 :1系統 -18 dBm 660 nm
LAN端子:1系統(100BASE-TX)
SDメモリーカードスロット ●1系統(SDXC / SDHC / SDメモリーカード対応)
●静止画再生(JPEG)
●動画再生(MPEG-2) SD VIDEO規格準拠
●動画再生(MPEG-4 AVC/H.264) AVCHD規格準拠
外形寸法 幅360mm X 高さ59mm(セット脚含む) X 奥行239mm(端子、ファン含まず)
質量 約2.0 kg
環境条件 許容周囲温度 5 ℃〜40 ℃ 許容相対湿度 10 %〜80 %RH(結露なきこと)

プレスリリースの内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
プレスリリース検索
パナソニックグループ発表のプレスリリースから検索します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > CATVデジタルセットトップボックスTZ-HDW600M/TZ-HDW600F/TZ-HDW600Pを発売