パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > ブルーレイディスクプレーヤー DMP-BDT900 を発売

プレスリリース


2010年2月9日
世界初(※1)ブルーレイ3DTMディスクの再生に対応(※2)

ブルーレイディスクプレーヤー DMP-BDT900 を発売

「新リアルクロマプロセッサplus」搭載で、ブルーレイ3DTMディスクも高画質再生


DMP-BDT900(DMP-BDT900 データ容量:87KB)

品名 ブルーレイディスクプレーヤー
品番 DMP-BDT900
-K(ブラック)
本体希望小売価格(税込) オープン価格
発売日 4月23日
月産台数 1,500台

デジタルAVCマーケティング本部は、世界で初めて(※1)ブルーレイ3DTMディスクの再生に対応したブルーレイディスクプレーヤーのプレミアムモデル DMP-BDT900を4月23日より発売します。

本製品は同時に2つのハイビジョン映像を処理することが可能なデコーダー機能を「新ユニフィエ(UniPhier®)システムLSI (※3)」に搭載することにより、世界で初めて(※1)、最先端の映像圧縮規格であるMPEG-4 MVCにより製作されたブルーレイ3DTMディスクの再生に対応しました(※2)

また、「プレミアムモデル」ならではの高画質回路と高音質回路を搭載。「新リアルクロマプロセッサplus」と「階調ロスレスシステム」がさらに進化し、映像本来の質感や豊かな階調を忠実に再現します。高音質も徹底して追求。HDMI出力端子を2系統搭載し、アンプとの接続時に音声信号のみ出力する事ができます。アナログ7.1ch出力にも対応し、OFC(無酸素銅)トランスやセラミックインシュレータはじめとするピュアオーディオ用の高音質パーツを搭載しています。

さらに、「無線LAN」(※4)に対応し、ディーガの録画番組を別室でも楽しめる「お部屋ジャンプリンク」や「YouTube」(※5)などのネットワーク機能をワイヤレスで手軽に楽しめるほか、SDカードスロットを搭載し、ハイビジョンムービーで撮影した映像を楽しめるなど、充実のネットワーク機能を搭載しています。

もちろん地球環境にも配慮し、奥行き238mm(※6)の省スペースデザインを実現し、待機時消費電力0.1W(※7)を達成するなど、エコ設計になっています。

当社は、ブルーレイ3Dディスク再生対応の本製品で、新次元のAVライフスタイルを提案してまいります。

<主な特長>

  1. 世界初(※1)ブルーレイ3DTMディスクの再生に対応(※2)
    ●「新ユニフィエ(Uniphier®)システムLSI 」(※3)搭載
  2. 「こだわりのプレミアム高画質・高音質設計」
    ●「新リアルクロマプロセッサplus」、「階調ロスレスシステム」を搭載
    ●HDMI出力2系統、アナログ7.1ch出力、各種高音質パーツを搭載
  3. 「無線LAN」(※4)対応で、「お部屋ジャンプリンク」を手軽に楽しめる
    ●「無線LAN」(※4)対応、「お部屋ジャンプリンク」、「YouTube」(※5)対応
※1 ブルーレイディスクプレーヤーとして、2010年2月9日、当社調べ。
※2 3D対応ビエラ(VT2)とHDMIケーブル(HIGH SPEED)にて接続した場合。
※3 「UniPhier」はパナソニック株式会社の登録商標です。
※4 当社製無線LANアダプター(DY-WL10)のみに対応しています。また、無線LANを使用するためにはアクセスポイントが必要になります。802.11n(2.4GHz/5GHz同時使用可)の無線ブロードバンドルーター(アクセスポイント)をお選びください。また、無線電波状況により、接続できない場合もあります。詳しくはhttp://panasonic.jp/support/bd/product/dy_wl10.htmlをご覧下さい。
※5 YouTube及びYouTubeロゴはGoogle Inc.の登録商標です。
※6 突起部除く。
※7 クイックスタート「切」時。

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時から20時)
ホームページURL:http://diga.jp


【背景】

当社が目指す「究極の高画質」・・・。それは、あたかもその場にいるかのような臨場感豊かな映像です。
本日、パナソニックはディスクプレーヤーの世界でも、新たな時代の幕を開きます。それは、フルハイビジョン3D。
3D映像は、最近、映画界でも大きな話題で、3D対応の映画館も全世界的に急速に拡大しています。
このような中、当社の最新技術を結集し最先端のデコーダー機能を「新ユニフィエ (※3)」に搭載することにより、ブルーレイ3DTMディスクの再生に対応したプレーヤーを実現しました。
また本製品は、発売以来、好評を頂いているブルーレイDIGAのフラッグシップモデルDMR-BW970に注ぎ込まれた徹底的な高画質と高音質へのこだわりを受け継ぐ、ブルーレイディスクプレーヤーにおける待望の「プレミアムモデル」です。当社の映像研究機関であるパナソニックハリウッド研究所(略称PHL)などのノウハウが凝縮された高画質と、テクニクスのDNAが宿る高音質を、是非ともお楽しみください。
当社は、ブルーレイ3DTMディスク再生対応の本製品で、新次元のAVライフスタイルを提案してまいります。

【特長】

1.世界初(※1)ブルーレイ3DTMディスクの再生に対応(※2)

ブルーレイ3DTMディスクは、フルHDの3D映像を記録するために、MPEG4 MVCという新たな技術を導入しています。MPEG4 MVCは、左眼用と右眼用のフルHD映像信号について、どちらか一方(例えば左眼用)を基準映像としてそのまま記録し、もう一方(例えば右眼用)は、基準映像と重複する部分は記録しないで共用します。これにより、2つのフルHD映像を独立に記録する場合と比べて、約1.3倍の圧縮効率アップを実現しています。さらに、既存の2Dブルーレイディスクプレーヤでも、2DのフルHD映像を再生する後方互換性を備えています。
この技術は、ブルーレイ3DTMディスクの規格策定にあたり、当社の映像研究機関であるパナソニックハリウッド研究所(略称PHL)が、3D映像の記録方式としての優位性を実証し、その採用をBDA(ブルーレイディスクアソシエーション)に提案した事により導入されました。また、ブルーレイ3DTMディスクの再生には、フルHD 2チャンネル分の処理に加えて、高度な圧縮技術であるMPEG-4MVCに対応する必要があるため、高性能なデコード(復号)処理が求められます。今回当社は、デコード処理能力を高め、かつ、ブルーレイ3DTMディスクのエンコード(圧縮)作業も手掛けるPHLが蓄積したMPEG-4MVCに関するノウハウを導入した「新ユニフィエ(※3)」を開発することにより、世界で初めてブルーレイ3DTMディスクの再生を実現しました。


2.「新リアルクロマプロセッサplus」を搭載。ブルーレイ3DTMディスクも高画質再生

高画質BD-Videoの制作を多数手がけるパナソニックハリウッド研究所(略称PHL)が、オーサリング時に使用している高精度色信号処理技術を応用した「新リアルクロマプロセッサ」を、ブルーレイディーガ独自の技術でさらに進化させた「新リアルクロマプロセッサplus」を搭載。オーバーシュートを抑えながら水平方向の色解像度を高めると共に、プログレッシブ信号に変換してからクロマアップサンプリングを行うことにより、色の垂直解像度を約2倍に向上。色のキレと精細感がさらに向上した映像(ハリウッドクリアカラー)をお楽しみいただけます。この処理は、ハイビジョン画質の映像に加えて、標準画質の映像に対しても有効です。
また、データ処理能力が向上した「新ユニフィエ 」(※3)を搭載したことにより、ブルーレイ3DTMディスクの再生時に、右眼用と左眼用それぞれの映像信号に対し、2D映像の高画質再生で培った「マルチタップクロマアップサンプリング」処理を可能としました。これによりブルーレイ3DTMディスク再生時に、映像本来のディティールや質感を忠実に再現する事ができます。(※2)

●ハイクオリティな映像を実現する高画質回路を搭載

[1]映像本来の豊かな階調を忠実に再現する「階調ロスレスシステム」を採用
ブルーレイDIGAのフラッグシップモデルDMR-BW970に搭載した「階調ロスレスシステム」をさらに進化させて搭載。ハイビジョン画質の映像に加えて、標準画質の映像においても輝度信号、色信号の処理システム全体を最適化することにより、演算精度劣化による階調ロスを徹底的に排除。これにより、映像素材が本来持つ豊かな階調を余すことなく表現します。

[2]質感豊かな映像を再現する「ディテール・クラリティ・プロセッサ for BD」搭載
当社プロジェクターに搭載されていた技術をブルーレイの再生に応用。フルハイビジョン映像をシーン毎に4つの周波数帯に分けて、分析・最適処理を行なうことにより、質感豊かな映像を再現することができます。

[3]「超解像技術」搭載で、DVDの映像もきれいに楽しめる
新たに開発した独自の「超解像技術」を搭載。DVDなど標準画質の映像をハイビジョン信号にアップコンバートして再生する際に、衣服の細かな模様など、従来技術ではぼやけやすい部分も高精細に表現できます。

[4]1080/60p・1080/24p出力対応
「1080プログレッシブハイビジョン出力(1080/60p)」に対応し、録画番組などの高画質再生に対応しました(※8)。さらに、BD-Video、DVD-Videoの1080/24p出力にも対応しているので、1080/24p入力に対応したテレビとHDMIケーブルで接続すれば、毎秒24コマのプログレッシブ映像で記録された映画コンテンツを、映画本来の動きを活かした高画質でお楽しみいただけます。

※8 1080/60p入力対応のテレビとHDMIケーブル(HIGH SPEED)にて接続した場合。

[5]「アニメモード」搭載で、アニメ映像をきれいに楽しめる
アニメをきれいに再生するために、アニメ素材に最適な画質を追求した「アニメモード」を導入。ノイズを抑えたクリアな画質を実現しました。

[6]「ディープカラー」出力に対応
「ディープカラー」出力に対応。「ディープカラー」対応のテレビとHDMIケーブル(HIGH SPEED)で接続すれば、8ビット(256階調)の映像信号を、最大12ビット(4096階調)の高画質映像信号として出力し、自然でなめらかな映像表現を実現します。

●最新のデジタル技術とこだわりのアナログ技術で高音質を追求

[1]HDMI低クロックジッタシステムおよびHDMI2系統出力に対応
HDMI伝送時に、アンプ側でオーディオ・クロックを生成する時に発生するジッタを低減するシステムを搭載しています。さらに、オーディオ専用のクロック生成回路を搭載することにより、さらなる低ジッタ化を実現しています。また、HDMI出力端子を2系統(MAIN/SUB)搭載し、SUB側出力は音声専用出力とする事も可能です。本製品とアンプを音声専用出力で接続することにより、映画や音楽ソフトを楽しむ際に、より高音質でお楽しみいただけます。

[2]高品位 アナログ7.1ch音声出力端子搭載
192KHz 24ビットDACによる、高品位なアナログ7.1ch出力搭載。
HDMI対応アンプをお持ちでない場合でも、ブルーレイの高品位な音質が楽しめます。

[3]OFC電源トランス、セラミックインシュレーターを中心としたこだわりの高音質パーツ搭載
高音質にこだわり、巻き線にOFC(無酸素銅)を使用したOFC電源トランスをBDプレーヤとして初めて(※1)搭載。電源回路には、音質に配慮した、ショットキーバリアダイオードも採用。
また随所にハイファイ・オーディオ機器でも採用されているピュアオーディオ用コンデンサ、音質に定評のあるローノイズオペアンプ、OFC電源ケーブルなどの高音質パーツを採用しています。
また、本体に伝わる振動を大きく減少させるために、セラミックインシュレーターの搭載や、ドライブの制振・吸音カバー、振動防止ダンパー等を採用しています。

[4]「ハイクラリティサウンド」機能搭載
映画ソフトや音楽を楽しむ時に、音質に影響のあるアナログ映像信号をカットする「ハイクラリティサウンド」を搭載。ビデオD/Aコンバータの動作を止めることにより、よりクリアな音質を実現できます。アナログ音声出力だけでなく、HDMI接続時の音声にも効果を発揮します。

[5]「真空管サウンドモード」搭載
BD/DVD-Video、音楽CD再生時などに、独自のデジタル音声処理技術により真空管アンプを通したような温かみのある音を再現。異なった趣の音質を選択できる3通りのモードを用意しています。

[6]次世代音声フォーマットにフル対応
最大7.1ch音声(※9)をサポートする次世代音声規格「Dolby Digital Plus」・「Dolby TrueHD」・「DTS-HD」のビットストリーム、及びデコード出力に対応しています。7.1ch対応のAVアンプ(※10)とHDMIケーブルで接続、または、7.1chアナログ接続して、BD-Videoを再生すれば、迫力あるサラウンド音声で映画や音楽をお楽しみいただけます。

※9 7.1ch再生は7.1ch入力に対応するAVアンプにHDMIケーブルで接続した場合、または7.1chアナログ接続した場合のみ可能。
※10 ビットストリーム出力は、「Dolby Digital Plus」・「Dolby TrueHD」・「DTS-HD」のデコード機能を持つAVアンプとHDMIケーブルで接続した場合のみ対応

[7]マルチチャンネル デジタル リ.マスター搭載
マルチチャンネル デジタル リ.マスターがデジタル放送や記録時のデジタル音声圧縮処理によって欠落した音声信号の高調波成分を復元(※11)します。これにより、ディーガで記録したディスクや、BD-Videoの圧縮音声、PCM/ロスレス音声にも効果を発揮します。2chステレオ音声信号だけでなく、最大7.1chサラウンド音声信号でも周波数帯域が大きく改善され、さらに高音質でお楽しみいただけます。

※11 サンプリング周波数が48kHz以下のコンテンツのみ有効。

[8]高品位デジタル音声出力搭載
光デジタル出力端子、同軸デジタル出力端子を装備しているので、アンプへの高品位なサウンド出力が行えます。

3.「無線LAN」(※4)対応で、「お部屋ジャンプリンク」を手軽に楽しめる

「お部屋ジャンプリンク」とは、AVコンテンツを家中どの部屋でも見ることが可能な、パナソニックが提案する新たなリンク機能です(※12)。「お部屋ジャンプリンク」対応のディーガ(※13)をつなぐことにより、録画した番組やムービー映像、デジカメ写真(※14)などを、部屋を飛び越えて別の部屋で楽しんでいただけます。例えば、リビングのディーガに録画した番組を、寝室など離れた部屋で再生して楽しむことが可能です。もちろん、操作もカンタン。パナソニックの「お部屋ジャンプリンク」なら、別室に設置した本製品からでも、使い慣れた見やすいディーガの操作画面で操作できるので、とても使いやすく便利です。さらに、DLNA(※15)にも対応しています。
また、「無線LAN」(※4)にも対応。別売の無線LANアダプター(DY-WL10)を接続すれば、LAN端子のない部屋でもわずらわしい配線なしで、「お部屋ジャンプリンク」を手軽にお楽しみいただけます。設定がわずらわしい無線LANアダプターとアクセスポイントの認証も、AOSS(※16)とWPS(Wi-Fi Protected Setup)(※17)に対応しているので、非常にかんたんに行えます。
お部屋ジャンプリンク
※12 ホームネットワーク(LAN)接続と設定が必要になります。
※13 対応機種DMR-BW930 / BW830 / BW730 / BW950 / BW850 / BW750 / BW970 / BW870 / BW770 / BW880 / BW780 / BW680 / BWT3000 / BWT2000 / BWT1000。2010年2月9日現在。
※14 対応機種DMR-BW880 / BW780 / BW680 / BWT3000 / BWT2000 / BWT1000。2010年2月9日現在。
詳しくはhttp://panasonic.jp/support/r_jump/index.htmlをご覧下さい。
※15 DLNA®, the DLNA Logo and DLNA CERTIFIEDTM are trademark, service marks, or certification marks of the Digital Living Network Alliance.
※16 AOSSは株式会社バッファローの商標です。
※17 「Wi-Fi Protected Setup」はWi-Fi Allianceの商標です。

●動画共有サイト「YouTube」(※5)対応

世界的な動画共有サイトである「YouTube」(※5)に対応。本体にブロードバンド回線を接続すれば、テレビの大画面で「YouTube」(※5)の動画を手軽にお楽しみいただけます。
また「無線LAN」(※4)で接続すれば、わずらわしい配線なしで、より手軽にお楽しみいただけます。

●ハイビジョンムービーやルミックスで撮影したハイビジョン映像を楽しめる

当社製ハイビジョンムービー(※18)で撮影したハイビジョン映像(AVCHD)や、ルミックス(※19)で撮影したハイビジョン映像(AVCHD/AVCHD Lite)の再生に対応しています。SDカードスロットを搭載し、大容量のSDXC規格のSDカードにも対応しているので、SDメモリーカードを差し込むだけで、撮影したハイビジョン映像を楽しむことができます。
また、デジカメで撮った写真(※20)を記録したSDメモリーカードを、SDカードスロットに差し込むと自動でSDメモリーカードの操作メニューを表示。テレビのワイド(16:9)大画面いっぱいにフルハイビジョン画質で写真を映して楽しむ「フルハイビジョンテレ写」に対応しています。USB端子を搭載しているので、USBケーブルで接続することも可能です。お好みのCDと合わせて音楽付きスライドショーもお楽しみいただけます。

※18 対応機種 HDC-SD1 / SD3 / SD5 / SD7 / SD9 / SD100 / SD200 / DX1 / DX3 / SX5 / HS9 / HS60 / HS100 / HS200 / HS300 / HS350 / TM30 / TM70 / TM60 / TM300 / TM350。2010年2月9日現在。
※19 対応機種 DMC-GH1 / GF1 / ZX3 / TZ10 / TZ7 / FT2 / FT1 / FZ38。2010年2月9日現在。
※20 DCF規格に準拠したJPEG形式のファイルが再生できます。

●ビエラのリモコン1つで快適操作できる 「VIERA Link(ビエラリンク)」対応

ビエラ(※21)やシアター機器(※22)とHDMIケーブルで接続すれば、ビエラのリモコン1つで快適簡単操作ができる「ビエラリンク」に対応。ビエラのリモコンで、「画面deリモコン」を使っての再生操作などが簡単に行えます。また、対応のビエラ(※23)と組み合わせると、本製品を使用しない場合は自動的に電源がオフになる「こまめにオフ」や、ビエラの電源に連動し、オフ時には自動で待機電力モードを最小に切り換える「ECOスタンバイ」に対応しています。「エコナビ」にも対応しています(※24)

※21 対応機種 V2 / VT2 / X2 / S2 / G2 / C2 / Z1 / V1 / G1 / X1 / C1 / F1 / R1 / PZR900 / PZ800 / PZ85 / PZ80 / PZ750 / PZ700 / PZ70 / PZ600 / PX600 / PX80 / PX70 / PX60 / LZ85 / LZ80 / LZ75 / LX600 / LX80 / LX75 / LX70 / LX65 / LX8 / LD70。2010年2月9日現在。
※22 対応機種 ZT2 / HTX700 / HTX500 / HTX7 / HTX5 / HTR510 / HTR500 / HTR310 / HTR300 / HTR210 / HTR200 / HTR110 / HTR100 / HTR70 / HTR50 / HT6500 / HT5800 / HT5000 / HT2000 / XR700 / XR57。2010年2月9日現在。
※23 対応機種 V2 / VT2 / X2 / S2 / G2 / C2 / Z1 / V1 / G1 / X1 / C1 / F1 / R1。2010年2月9日現在。
※24 対応機種 V2 / VT2 / X2 / S2 / G2 / C2。2010年2月9日現在。

4.その他のかんたん・便利機能

●「高速起動」機能搭載で、ブルーレイの映画ソフトをすぐに楽しめる

本製品は使いやすさにもこだわり、電源OFFの状態から最速約0.5秒(※25)で電源がONになる「高速起動」機能を搭載しているので、外出後に家に帰ってきてから、ストレスフリーですぐにBDの映画ソフトをお楽しみいただけます。

※25 クイックスタート「入」、HDMI接続時。

●ブルーレイディスク/DVDマルチ再生対応

ブルーレイディスクならではの高画質な映画ソフトや、ディーガで録画したAVCRECのDVDなど、ブルーレイディスク/DVDをマルチで再生することができます。

●奥行き238mm(※5)の省スペースコンパクトデザイン

本製品は奥行き238mm(※6)、高さ68mmの省スペースコンパクトデザインになっています。薄型テレビと合わせて薄型ラックにもすっきりと設置することが可能です。

●待機時消費電力0.1W(※7)を実現

環境に配慮した省電力設計で、電源効率の向上などの省電力回路技術により、待機時消費電力0.1W(※7)を実現しました。

●RoHS(※25)指令に対応

本製品は有害6物質(鉛、カドミウム、水銀、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル、ポリ臭化ジフェニルエテール)の使用を禁止したRoHS指令に対応しています。

※26 RoHS(Restriction of the use of certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipment)
特定有害物質使用制限指令:電気・電子機器における特定有害物質の使用規制

本製品はパナソニックネットワークマーケティング(株)が運営するショッピングサイト PanaSense パナセンス(http://club.panasonic.jp/mall/sense/)でモニター販売を、2010年2月9日15時から2月〜日13時まで行います。

【国内需要動向】

  2008年度実績 2009年度見込み 2010年度見込み
BDプレーヤー 3万台 15万台 26万台
(当社調べ)

【ブルーレイディスクプレーヤー 仕様】

品番 DMP-BDT900-K
再生可能ディスク
BD-RE(Ver1.0)は再生できません
カートリッジ付きのDVD-RAMは、カートリッジからディスクを取り出して再生可能
●BD-RE、-R(SL:片面1層/DL:片面2層)
●BD-Video、BD-LIVE
●DVD-RAM(DVD-VR、AVCREC、AVCHD規格準拠)
DVD-RW(DVD-Video、DVD-VR、AVCHD規格準拠、ファイナライズ済)
DVD+RW(DVD-Video、AVCHD規格準拠、ファイナライズ済)
DVD-R、-R DL(DVD-Video、DVD-VR、AVCREC、AVCHD規格準拠、
ファイナライズ済、JPEG、MP3、DivXフォーマット)
DVD+R、+R DL(DVD-Video、AVCHD規格準拠、ファイナライズ済)
●DVD-Video
●音楽CD(CD-DAフォーマット)
●CD-R/RW(CD-DA、JPEG、MP3、DivXフォーマット)
出力端子 HDMI端子 2系統
〔480p(525p)・1080i(1125i)・720p(750p)・1080p(1125p)〕
コンポーネント映像端子 1系統
映像端子 1系統
音声端子 光デジタル音声端子 1系統
同軸デジタル音声端子 1系統
7.1chアナログ音声端子 1系統
SDメモリーカードスロット ●1系統(SDXCカード対応)
●静止画(JPEG)
●動画(MPEG-2) SD VIDEO規格準拠
●動画(MPEG-4 AVC/H.264) AVCHD規格準拠
USB端子 2系統(USB2.0)
LAN端子 1系統(10BASE-T/100BASE-TX)
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 約18W
待機時消費電力 クイックスタート「切」時:約0.1W
クイックスタート「入」時:約7.3W
外形寸法 幅430mm 高さ68mm 奥行238mm(突起部含まず)
質量 約3.2kg

以上


プレスリリースの内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
プレスリリース検索
パナソニックグループ発表のプレスリリースから検索します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > ブルーレイディスクプレーヤー DMP-BDT900 を発売