パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > 85v型フルハイビジョン プラズマディスプレイを開発

プレスリリース


2009年6月17日
今秋発売 臨場感溢れる超大画面で厚さ99mmを実現

85v型フルハイビジョン プラズマディスプレイを開発

米「InfoComm09(*1)」に参考出展


パナソニック株式会社は、85v型の超大型で高画質を実現した、フルハイビジョンプラズマ ディスプレイを開発しました。本開発品を、6月17日から米国フロリダ州オーランドで開催される「InfoComm09(*1)」に参考出展し、今秋より日・米を皮切りに順次、グローバルな業務用市場に導入してまいります。

当社は、2006年に世界最大(*2)の103v型プラズマディスプレイ(*3)を商品化。当社の独自技術により、PDPのポテンシャルを引き出した質感豊かな高画質映像は、民生市場のみならず、ビジネス市場における厳しいプロのニーズをも満たす、大画面薄型ディスプレイとして高い評価を得ています。グローバルに進展する、放送・コンテンツのデジタル化や、通信との融合、無線技術など周辺技術の発展に伴い、商業用、公共用、文教・放送局用など、業務分野における用途は益々拡大してきていることから、大画面薄型ディスプレイのインチ展開に対するご要望は一層高まっています。こうした中、当社はこの度、103v型で培った大判パネルの開発生産技術を基に、最新の高画質技術を搭載した、85v型フルハイビジョンプラズマディスプレイを開発しました。

本開発品は、42v型4枚分相当のパネルサイズで、既に市販向け09年度モデルでご高評頂いている、発光効率2倍(*4)の「NeoPDP」技術を搭載しています。これにより、世界最高(*5)のフル動画解像度1,080本(*6)とコントラスト40,000:1(*7)を有し、臨場感溢れる迫力の高画質映像を可能にすると共に、85v型の大画面ながら厚さ99mmを実現しました。
また、LAN端子を搭載し、ネットワークを介してディスプレイの遠隔操作や入力信号などの動作確認を行う「LANコントロール」に対応しています。更には、お客様のニーズに応じて3種の端子ボード(*8)を装着できる、当社独自の「ファンクションスロット」の搭載も併せて、業務用ディスプレイに求められる、多様なシステム構築に柔軟に対応する、高い拡張性を備えました。また、85v型は、当社が既に商品化している、103v型に迫る大画面・高画質映像と、65v型(*9)のメリットである、設置性・運搬性の良さが兼備でき、一層のビジネス用途の広がりが期待できます。

当社は、本開発品を商品化し、日・米を皮切りに、今秋よりグローバルな業務用市場に導入予定です。業務用市場における大画面ラインアップの拡充により、プレゼンテーションモニターや電子看板は勿論の事、駅や空港などの案内掲示板や管理施設用モニターなど、益々広がる多様なビジネスニーズにお応えしてまいります。

当社は今後も、PDPならではの、より完成度の高い、高画質高性能な大画面ディスプレイを追求しつづけ、民生市場のみならず、今後一層の成長が期待できる業務用市場においても、大画面薄型ディスプレイ需要を牽引してまいります。

[用語説明]

*1: 会期 【2009年6月17日(水)〜19日(金)】 / 会場 【Orange Country Convention Center】
*2: 2006年7月10日時点、プラズマディスプレイとして。(2009年6月17日現在、商品化されているプラズマディスプレイとしても世界最大)。
*3: 2006年秋より103v型プラズマディスプレイの納入開始(受注生産)。
*4: フルハイビジョンタイプの既存サイズモデルにおいて、当社2007年度の同サイズモデル比。
*5: 2009年6月17日現在。当社調べ。
*6: 動画解像度とは、動画像において、人の目で識別できる表示の細かさを定量的に本数で表すものです。(次世代PDP開発センター(APDC)測定方式)
*7: 一画面内で同時に表現できる暗所コントラスト。
*8: 標準装備の端子ボード(地域によって異なります)以外は別売。
*9: 2004年10月に当時では世界最大となる、65v型ハイビジョンプラズマディスプレイを発売。

【主な特長】

1.迫力の85v型大画面

新開発の85v型フルハイビジョンプラズマディスプレイは、42v型パネル4枚分で、会議室や教室で一般的に使用されているプロジェクタースクリーンやホワイトボードと同等の大画面サイズになると共に、PDPならではの広視野角、高コントラスト映像で、リアルで迫力あるプレゼンテーションやTV会議が可能となります。また、縦置きに設置した場合、人物を等身大で映し出すことから、離れた場所からでも注目を集める、効果的な電子看板を実現するなど、85v型ならではの大画面・高画質映像を提供します。

2.発光効率2倍(*4)の「NeoPDP」技術により、高画質と厚さ99mmを実現

新材料や新セル構造、新駆動方式など画期的な技術革新により、発光効率を2倍(*4)に高めた「NeoPDP」技術を搭載。世界最高(*5)のフル動画解像度1,080本(*6)を実現し、動きの早いシーンでも、フルハイビジョンならではの精細感の高い映像で、細部の動きもくっきり、素材の持つディテールも質感豊かに描写します。また、黒浮きの原因となる予備放電の低減と、ピーク輝度の向上により、世界最高(*5)のコントラスト40,000:1(*7)(最大200万:1(*10))を実現し、漆黒の「黒」 と伸びのある輝きを表現します。
さらに、発光効率の向上により、部品の小型化・高集積化が可能となり、85v型の大画面・堅牢設計ながら厚さ99mmの薄型化を実現(現行の103v型モデル比30mm削減)。1インチあたりの重量も、103v型比約30%削減(総重量では約40%削減)するなど、設置性を向上しました。

3.拡張性

システム構築時の対応力をさらに向上させるべく、LAN端子を搭載し、プロジェクターの業界標準規格「PJLink」(*11)準拠のLANコントロールに対応。複合映像装置のシステム構築が可能になると共に、ネットワークを利用したディスプレイの遠隔操作や入力信号などの動作確認が行えます。さらに、お客様のニーズに応じて3種の端子ボード(*8)を装着できる、当社独自の「ファンクションスロット」も採用。DVIやDual Link HD-SDIなど、さまざまなインターフェイスに対応し、プロフェッショナルの多様な運用環境に応じてディスプレイをカスタマイズすることが可能な拡張性を備えています。

[用語説明]

*10: 白表示輝度と全面黒表示輝度との比。
*11: 複数のプロジェクターを操作・管理するための通信プロトコルの統一規格。

85v型フルハイビジョンプラズマディスプレイ
(右側は現行の42v型フルハイビジョンプラズマディスプレイ)

【主な仕様(※)

画面サイズ
(有効寸法)
85v型
(216cm)
アスペクト比 16:9
画面有効寸法(W X H)
1,889 X 1,062 mm
画素数(H×V) 1,920×1,080画素
動画解像度(*6) 1,080本
コントラスト(*7) 40,000:1
外形寸法(W×H×D) 2,015 X 1,195 X 99mm
質量 約130kg
※本開発品の内容であり、商品化の際は仕様を変更する可能性があります。

以上


プレスリリースの内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
プレスリリース検索
パナソニックグループ発表のプレスリリースから検索します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > 85v型フルハイビジョン プラズマディスプレイを開発