パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > 乾電池EVOLTA 長持ち実証実験を実施

プレスリリース


2009年6月12日
単3形乾電池2本で「ル・マン24時間」耐久走行※1に挑戦!

乾電池 EVOLTA(エボルタ) 長持ち実証実験を実施
〜ワールドチャレンジ 第2弾〜

発売後1年で約2億個※2を出荷


アプライアンス・ウェルネス マーケティング本部は、昨年4月に発売以降、累計出荷台数が約2億個※2に到達した好評のアルカリ乾電池「EVOLTA」を用いた「ワールドチャレンジ」キャンペーン・第2弾を6月12日よりスタートします。

キャンペーン第1弾(2008年5月)では、グランドキャニオンの断崖絶壁にロープを張り、2本の単3形乾電池を搭載したロボット「EVOLTA」が頂上まで登りきることに挑戦した耐久テストで、6時間46分をかけて登頂に成功したことで「長持ち性能No.1※3」の認知を高めました。

今回のロボット「EVOLTA」は、前回に引き続き高橋智隆氏が設計・開発します。単3形乾電池「EVOLTA」2本を動力にオリジナル車両型ロボットを走行させて、世界3大レースの1つ「ル・マン24時間」レースの舞台として有名なフランスのル・マンサーキットで長持ち実験を実施します。さらに「遠隔操作された車両型ロボットの最長走行距離(REMOTE-CONTROLLED CAR - GREATEST DISTANCE)としてのギネス世界記録取得も目指します。
また、このチャレンジをテーマとしたスペシャルWEBコンテンツの中で、走行距離を予想するキャンペーンや車両型ロボット開発の様子などを紹介します。

【長持ち実証実験 ワールドチャレンジ第2弾について】

■ロボット「EVOLTA」によるル・マン24時間耐久走行※1

【実験日】 2009年8月7日(金)
・日本時間。天候等の理由により順延の場合あり
【場所】 フランス ル・マン24時間サーキット
【内容】 単3形乾電池「EVOLTA」 2本を動力にしたロボット「EVOLTA」がサーキットを周回
24時間耐久走行とギネス世界記録認定を目指す
【結果】 EVOLTA公式ホームページにて報告予定
【ロボット「EVOLTA」のスペック】
形状: 車両型ロボット
動力: パナソニック乾電池
EVOLTA 単3形×2本
寸法: 前長×幅×高さ
約30cm×約20cm×約20cm
制御: 赤外線センサーによる自走方式

ロボットクリエイター 高橋智隆氏 プロフィール

1975年大阪生まれ。2003年、京都大学学内ベンチャー第1号「ロボ・ガレージ」を創業。以来、ロボットの設計から製作までこなすロボットクリエイターとして世界的に活躍する。ロボカップ世界大会2004,2005,2006,2007優勝。海外メディアでも露出多数。

■走行距離予想キャンペーン

【期間】 2009年6月12日(金)〜 8月5日(水)
【応募】 EVOLTA公式サイト、応募はがき
【内容】 ル・マン24時間に挑戦するロボット 「EVOLTA」の走行距離を予想し、予想がもっとも近かった人にハイブリッド・カー「トヨタ 新型プリウス」1台をプレゼント
【予想のヒント】 EVOLTA公式ホームページにて、チャレンジに関する詳細を発信
また、http://ameblo.jp/evolta2009にて、ロボットの最新情報、テスト走行の結果、チャレンジの生レポートを更新

※1)自動車レース「ル・マン24時間耐久レース」はブガッティ・サーキットと市街地から構成されるコースで行われます。本チャレンジはブガッティ・サーキットのみを単独走行します。

※2)2009年5月21日現在。

※3)ANSI、IEC、JIS基準における全放電モードの平均値より(2009年3月1日現在) 250mA
1日1時間放電 終止電圧0.9V 約9時間10分など(温度20℃±2℃、相対湿度:60%±15%)

TM © Le Mans 24 Hours Limited 1968

詳しいご案内ホームページ:http://evolta.jp


プレスリリースの内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
プレスリリース検索
パナソニックグループ発表のプレスリリースから検索します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > 乾電池EVOLTA 長持ち実証実験を実施