パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > 住宅用照明器具「オートエコ調光付ツインPa」2機種を発売

プレスリリース


2009年1月26日
業界初※1 「明るさ自動制御機能」を搭載

住宅用照明器具「オートエコ調光付ツインPa」2機種を発売

外光が多い日中を中心に消費電力 約60%削減※2


(データ容量:87KB) (データ容量:55KB) 使用シーン(使用シーン データ容量:220KB)

品名 住宅用照明器具
オートエコ調光付ツインPa
品番 HHFZ4320 HHFZ4220
希望小売価格(税込) オープン価格
発売日 3月1日
月産台数 10,000台

ウェルネスマーケティング本部は、業界で初めて※1センサで常に※3お部屋の明るさを検知し、自動で明るさを制御する省エネ性能に優れた住宅用照明器具「オートエコ調光付ツインPa」を3月1日より発売します。

近年、地球の温暖化防止に一層の関心が高まっています。中でも家庭の「照明」は消費電力量が多く、最近では省エネ性能の高い電球形蛍光灯が注目されています。
そのような中、累計販売台数が1000万台を突破した「ツインPa」シリーズは、高い省エネ性能と明るさを調節できる連続調光機能を搭載し好評頂いています。
しかし、省エネの注目が高まる一方で、家庭における一日の使用状況をみると、昼間も在宅時間が多い家庭のうち約85%は日中もお部屋の明かりを点灯させています。(当社調べ)

本製品はセンサがお部屋の明るさを常に※3検知しながら自動で明るさをコントロールすることで、外光が部屋に十分届いている明るい昼間には自動で照度を抑えるなどして、主に日中の消費電力を抑えます。

当社は照明器具「ツインPa」シリーズをはじめ、電球型蛍光灯「パルックボールプレミア」シリーズなどにより家庭における「あかりからはじめるエコアイデイア」を提案します。

【特長】

  1. 業界初※1「明るさ自動制御機能」が外光を常に※3検知しながら自動調光
    ・日中を中心に消費電力を約60%削減※2
  2. 「ツインパルックプレミア蛍光灯」搭載で、明るさ長持ちNo.1※4を実現
    ・定格寿命16000時間
※1: 2009年1月26日現在。住宅用照明器具(シーリングライト)において(当社調べ)
※2: 当社一般安定器タイプ20形×4灯(84W)2台を100%で点灯とオートエコ調光付ツインPa100(HHFZ4320)をオートエコ調光状態で点灯との比較、オートエコ調光の初期設定はツインPa(100%点灯)の明るさを基準。詳細は消費電力実証結果を参照
※3: 1回/秒 センシング
※4: 2009年1月26日現在高周波点灯専用環形及び二十環形蛍光ランプにおいて。(当社調べ)

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル:0120-878-365(受付9時〜20時)
携帯電話・PHSでのご利用は 電話:06-6907-1187(受付9時〜20時)
ホームページでのご案内:http://panasonic.jp/light/


【特長】

1.業界初※1 「明るさ自動制御機能」が外光を常に※2検知しながら、自動調光
・日中を中心に消費電力を約60%削減

本製品は、本体に設置した「明るさセンサ」が、あらかじめ設定した明るさの範囲で常に外光の明るさを検知しながら自動的に本体の明るさを調節することにより、部屋の明るさを一定に保ちます。
このように、部屋に入る外光に合わせて明るさを自動的にコントロールすることで消費電力を抑えます。

【動作イメージ】
【明るさセンサ】
【明るさ検知範囲】

「明るさセンサ」真下部分の直径約3m範囲の明るさを常に検知することにより、蛍光灯の明るさを制御

2.「ツインパルックプレミア蛍光灯」搭載で、明るさ長持ちNO.1※4を実現
・定格寿命 約16000時間

本体内の蛍光灯には「ツインパルックプレミア蛍光灯」を採用しています。
これは、蛍光灯の寿命を左右する電子放出物質(エミッタ)の塗布量を当社独自の技術で最適化することにより、業界No.1※1の定格寿命 約16,000時間を実現しました。その結果、ランプ交換回数を低減できます。

<コイル拡大図>
<明るさ変化の比較>

※6: ツインパルック蛍光灯FHD100ECW

<その他特長>
・オートエコ調光ボタンをはじめ、ボタン一つで簡単に操作できるリモコン

【需要動向】

家庭用照明器具(シーリングタイプ)の国内年間総需要は、2008年度約605万台(当社見込み)です。

2006年度実績 2007年度実績 2008年度見込み 2009年度推定
約610万台 約605万台 約605万台 約620万台

【仕様一覧】

品名 オートエコ調光付ツインPa
品番 HHFZ4320 HHFZ4220
蛍光灯の種類 100形ツインパルック蛍光灯1灯(クール色) 85形ツインパルック蛍光灯1灯(クール色)
カバーの種類 アクリルカバー(透明)
機能 オートエコ調光機能付
センサがお部屋の明るさを検知して、自動で調光
消費電力 89W 74W
消費効率 102.4lm/W 100.7lm/W
寸法 幅Φ714×高さ109mm 幅Φ664×高さ105mm
質量 3.6Kg 3.3Kg

消費電力実証結果

オートエコ調光付ツインPa使用で消費電力 約60%削減
立地条件、気象条件によって省エネ率は大きく変動します

天候(※1) 12月2日 12月3日 12月4日 12月5日 12月6日 12月7日 12月8日
6時 快晴 快晴 快晴 快晴
9時 快晴 快晴 快晴 快晴 快晴
12時 快晴 快晴 快晴 快晴 薄曇
15時 快晴 快晴 快晴
18時 快晴 快晴 快晴
測定期間 2008年12月2日〜12月8日(1週間)
測定場所 大阪府大阪市 マンション6F 緯度34°37′経度135°30′
室条件 間口6.0m 奥行き3.5m 天高2.4m フローリング床
窓条件 日当良好 東向き窓 窓サイズ:巾1700mm×高さ1800mm 2ヵ所
南向き窓 窓サイズ:巾1000mm×高さ900mm 窓下高さ100mm 1ヵ所
点灯時間 7時〜23時までの16時間点灯
※1: 当社一般安定器タイプ20形×4灯(84W)2台を100%で点灯とオートエコ調光付ツインPa100(HHFZ4320)をオートエコ調光状態で点灯との比較
(オートエコ調光の初期設定はツインPa(100%点灯)の明るさを基準)
* 電気代は電力料金目安単価22円/kwh(税込)で算出。
  1週間使用電力量 1週間使用電気代
当社一般安定器タイプ
(20形×4灯 2台)
18,816W 414円
オートエコ調光付
ツインPa
7,090W 156円
比較による削減値 11,726W 258円

プレスリリースの内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
プレスリリース検索
パナソニックグループ発表のプレスリリースから検索します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > 住宅用照明器具「オートエコ調光付ツインPa」2機種を発売