パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > 世界初 左右の視点毎にフルHD映像を表示し臨場感ある3D映像を視聴できる「3D フルHD プラズマ・シアターシステム」を開発

プレスリリース


2008年9月24日
フルHDプラズマテレビとブルーレイプレーヤーで臨場感ある3D映像視聴環境を実現

世界初* 左右の視点毎にフルHD映像を表示し臨場感ある3D映像を
視聴できる「3D フルHD プラズマ・シアターシステム」を開発

試作機を9月30日開催のCEATECに出展


松下電器産業株式会社は、103型プラズマテレビとブルーレイプレーヤーを用いて、左右の視点毎にフルHD(1920x1080画素)映像を表示することで、高品位で臨場感のある3D(立体)映像視聴を可能にする「3D フルHD プラズマ・シアターシステム」を世界で初めて*開発し、本システムを9月30日から千葉市・幕張メッセで開催されるCEATEC JAPAN 2008(シーテック ジャパン2008)に出展します。

*:9月22日現在、当社調べ

人間は、左右の目それぞれが異なる画像を認識することにより、3D(立体)映像の立体感を得ています。本システムは、左右の目それぞれに対応する2系統の映像がフルHD(1920x1080画素)の映像を用い、その3D映像を収録したブルーレイディスク、それを再生するブルーレイディスクプレーヤー、そしてプラズマテレビとで構成されます。視聴者は、プラズマテレビと同期して動作するアクティブシャッターメガネをかけることで、現行のフルHDの2倍の情報量からなる3D映像をサラウンドの音声ととともに、楽しむことができます。
また、本システムでは、3D映像を「記録、再生、表示する」すべてのプロセスにおいて、左右それぞれがフルHD(1920x1080画素)の映像を処理しています。

従来の民生用3D映像視聴システムでは、映像信号の表示方式として、走査線毎に右目、左目に振り分けて表示することによる垂直解像度の低下のほか、左右2画面分のフルHD映像を一画面分のデータ領域で蓄積、伝送するための映像信号の間引きによる映像品質の劣化など、ハリウッド映画のオリジナルマスターのような高品位な3D映像を表示できるシステムはありませんでした。

今後、当社は、今回開発した技術をベースに、高品位なフルHD 3D映像をご家庭でお楽しみいただけるように、ハリウッドの映画会社やBlu-ray Disc Association(BDA)加盟の民生機器メーカーなどと協議の上、BDAで3D表示フォーマットの規格化を図り、3Dシステムの普及に努めてまいります。

今回の主な開発は下記の通りです。

  1. プラズマディスプレイ: 自発光で動画応答性に優れるプラズマパネルの特長を活かし、左右それぞれの映像をフルHDの動画として表示する「3D駆動システム」を開発しました。
  2. ブルーレイディスク: 長年当社が培った光ディスク技術とパナソニックハリウッド研究所(Panasonic Hollywood Laboratory:PHL)のオーサリング技術を活かし、現行のブルーレイディスクのディスク1枚に、左右それぞれがフルHDの3D映像を収録しました。
  3. ブルーレイディスクプレーヤー: ブルーレイディスクに収録された左右それぞれがフルHDの3D映像データのリアルタイムデコード・再生技術を開発しました。
  4. 3D映像: アスリートたちの躍動感溢れるオリンピック映像やハリウッドのアニメーション映画クリップなど、3Dの魅力を体感できる3Dコンテンツを制作しました。CEATEC会場ホール3の「パナソニックブース」内特設スタジオにおいてご覧いただけます。

プレスリリースの内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
プレスリリース検索
パナソニックグループ発表のプレスリリースから検索します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > 世界初 左右の視点毎にフルHD映像を表示し臨場感ある3D映像を視聴できる「3D フルHD プラズマ・シアターシステム」を開発