パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > Blu-ray Discドライブ「LF-PB371JD」(内蔵型)を発売

プレスリリース


2008年8月5日
8倍速記録/再生(1層/2層) BD Writer

Blu-ray Discドライブ「LF-PB371JD」(内蔵型)を発売



LF-PB371JD(LF-PB371JD データ容量:65KB)

品名 ブルーレイディスクドライブ(内蔵型)
(Blu-ray Discドライブ)
品番 LF-PB371JD
インターフェース Serial ATA
対応OS
[日本語版]
Windows Vista® /Windows Vista® x64 Edition (Home Basic/ Home Premium/ Business/ Ultimate)、Windows® XP (Home Edition/ Professional)、Windows® XP Professional x64 Edition
本体希望小売価格(税込) オープン価格
発売日 9月13日
月産台数 3,000台

 パナソニックマーケティング本部は、パソコンデータ用Blu-ray Disc ドライブを9月13日より発売します。本製品は、Blu-ray Discの規格「Blu-ray Disc Recordable Format Version 1.3」に準拠し、1層25GB、および2層50GBの追記型Blu-rayディスク(BD-R)に対し、8倍速記録※1および8倍速再生ができるBlu-ray Discドライブです。急速に普及し始めているハイビジョンデジタル映像や、パソコンなどの大容量データを高速で保存することを可能としました。製造は、パナソニック コミュニケーションズ株式会社で行います。

主な特長

  1. 追記型Blu-rayディスク(BD-R)への8倍速記録※1/再生
  2. BD/DVD/CD 計14種類のディスクに対応※2
  3. AV機器との連携を強化し、AVCREC再生、AVCHDの作成、BD-LIVE対応※3など多彩なソフトウェアを付属
※1 8倍速記録は松下電器産業(株) 6倍速Blu-rayディスクに対して可能です。他社メディアの状況は随時製品ホームページで公開予定です。
※2 カートリッジタイプ(BD-RE Ver.1.0)のディスクは対応しておりません。
※3 BD-LIVEとはBlu-ray Discで、ネットワーク機能などに対応した規格でBD-ROM Profile 2.0の機能の一部です。この機能により、この規格に対応したソフトの追加映像や追加字幕のダウンロード、BD-Jによる通信対応ゲームなどが利用が可能です。

【問い合わせ先】

[お客様]         P3カスタマーサポートセンター
                   TEL. 03-3436-1888(土・日・祝日除く) FAX. 03-3436-1889
[ホームページURL]http://panasonic.jp/p3/

【開発の背景】

 近年高精細なハイビジョンデジタル映像の急速な普及により、個人で楽しむ画像・音声の高品質化が進展しています。また、パソコンのハードディスクの大容量化もあり、より高速に記録・バックアップが可能な光ディスク装置のご要望をお客様から多数いただいております。
 今回、このようなご要望に応えて1層25GBのディスクを約14分、2層50GBのディスクを約28分で記録できる8倍速記録Blu-ray Disc ドライブを開発しました。今回既発売の6倍速追記型Blu-rayディスク(BD-R)とあわせ、お客様のご要望に応えるべく高速8倍速記録Blu-ray Discドライブを発売していきます。

【主な特長】

1.追記型Blu-rayディスク(BD-R)への8倍速記録※1/再生

 新たに規格化された6倍速の追記型Blu-ray ディスク(BD-R)に対応し、8倍速での記録※1および再生が可能です。1層25GBのディスクに約14分、2層50GBのディスクに約28分で記録できます。また、現在主流となりつつある高速データ転送が可能なシリアルATAインターフェースを採用しましたので、パソコンとの接続も簡単に行えます。

【規格別 最高転送速度比較表】※4

2.BD/DVD/CD 計14種類のディスクに対応

 本製品は、Blu-ray ディスク規格に準拠し、1層 25GB/片面2層 50GBの大容量記録・再生を実現しました。また、従来のDVD-RAMディスクが使用可能で、さらに2層DVD-R DL、+R DLの記録・再生も可能なスーパーマルチ仕様を踏襲し、BD/DVD/CDの11種類の記録、14種類の再生をサポートしています。

11種類のディスクの記録、14種類のディスクの再生に対応
フォーマットタイプ ディスクタイプ 記録 再生
BDフォーマット BD-RE (Ver.2.1) [1層25GB、片面2層50GB] ※2
BD-R (Ver.1.1/1.2※9 /1.3) [1層25GB、片面2層50GB]
BD-ROM (Ver.1.3)
DVDフォーマット DVD-RAM※5 片面4.7GB/1.4GB 両面9.4GB/2.8GB 
DVD-R(for General Ver.2.0/2.1)※6
DVD-R DL(Ver.3.0)
DVD-RW(Ver.1.1/1.2)※6
+R(Ver.1.0/1.1/1.2/1.3)
+R DL(Ver.1.0/1.1)
+RW(Ver.1.1/1.2/1.3/High Speed Ver.1.0)
DVD-Video、DVD-ROM
CDフォーマット CD-R
CD-RW
CD-ROM、音楽CD、CD-EXTRA、Photo CD、Video CD

3.AV機器との連携を強化し、AVCREC再生、AVCHDの作成、BD-LIVE対応※3など多彩なソフトウェアを付属

 本製品は、AV機器との連携を強化し、Blu-ray ディスクをさらに使いやすくするBDドライバーなど、多彩なソフトウェアを付属しました。

<BDドライバー>
UDF1.5/2.0に加えてBDの標準フォーマットであるUDF2.5/UDF2.6に対応しています。データのコピーや移動もファイルを直接ドラック&ドロップすることが可能で操作性が向上しました。
<PowerDVD>※7※8
BD MovieやDVDビデオ、音楽CDなどに対応したプレーヤーソフトです。BDのBONUS VIEWやBD-LIVEに対応し、当社のハイビジョンブルーレイディスク/DVDレコーダー「DIGA(ディーガ)」で録画したAVCREC形式のメディアの再生などの幅広いフォーマットで利用が可能です。
尚、AVCREC形式で記録されたDVDメディアの再生やBD-LIVEの機能は、現行製品であるLF-PB271JDでも後日アプリケーションをアップデートし対応します。
<PowerProducer >※8
BDやDVDに高画質のホームビデオを作製するソフトで、AVCHDディスクの作成ができます。また、BDへのBDAV(ビデオ)やBDMV(ムービー)形式でH.264/MPEG-4 AVCでの高圧縮書込みが可能です。
<PowerDirector>※8
HDビデオ対応の高機能編集ソフトで、HD画質や16:9映像に対応し、特殊効果のタイトルや字幕の作成ができます。
<Power2Go>※10
ファイルの暗号化やパスワードでのデータ保護も可能なBD、DVD、CDの書き込みソフトです。
<PowerBackup>
データの圧縮保存やパスワードでの保護が可能なバックアップソフトです。

【DIGA(ディーガ)対応例】

※HG,HX.HE モード以外はMPEG-2方式で記録されています。
※対応アプリケーションは同梱のPowerDVDとなります。
内容の詳細は、後日WEBにてお知らせいたします。

【Blu-ray Discドライブ「LF-PB371JD」 仕様】

品名・品番 Blu-ray Discドライブ・LF-PB371JD
タイプ 内蔵型 BD Writer
対応パソコン DOS/V
対応OS(日本語版) Windows Vista® / Windows Vista® x64 Edition (Home Basic/ Home Premium/ Business/ Ultimate)
Windows® XP (Home Edition/ Professional/ Professional x64 Edition)
インターフェース Serial ATA(最大150MB/sec) (理論値)
ディスク径 80mm/120mm

連続データ
転送速度 1倍

速転送速度
BDディスク
4.5MB/s
DVDディスク:
1350KB/s
CDディスク:
150KB/s

BD-R※9 最大8倍速(1層/2層 記録・再生時)※1
BD-RE※2 2倍速(1層/2層 記録・再生時)
DVD-RAM※5 最大5倍速(5倍速対応 4.7GB 記録・再生時)
DVD-R※6 最大16倍速(16倍速対応ディスク使用時)(記録・再生時) 
DVD-R DL 最大8倍速(8倍速対応ディスク使用時)(記録時)、最大8倍速(再生時)
DVD-RW※6 最大6倍速(6倍速対応ディスク使用時)(記録時)、最大8倍速(再生時)
+R 最大16倍速(16倍速対応ディスク使用時)(記録・再生時)
+R DL 最大8倍速(8倍速対応ディスク使用時)(記録時)、最大8倍速(再生時)
+RW 最大8倍速(8倍速対応ディスク使用時)(記録時)、最大8倍速(再生時)
CD-R 最大48倍速(記録時・再生時)
CD-RW 最大24倍速(記録時)、最大32倍速(再生時)
BD-ROM 最大8倍速(1層/2層 再生時)
DVD-ROM 最大16倍速(1層再生時)、最大8倍速(2層再生時)
CD-ROM 最大48倍速(再生時)
バッファー容量 8MB
周囲温度(動作時) 5℃ 〜 45℃
湿度 (動作時) 10%[RH] 〜 80%[RH](結露なきこと)
電源 DC +5V / +12V
消費電流 定格1.4A(+5V)/定格1.5A(+12V)
外形寸法(幅x高さx奥行) 146.0mm x 41.1mm x 190.0mm
(前面パネルおよび突起部は除く)
質量(本体) 約900g
付属品 強制イジェクトピン、CD-ROM、取付ネジ、クイックガイド、取扱説明書、保証書
※記録用ディスクおよびSATAケーブルは付属していません。
付属ソフトウェア※10 対応OS用ドライバーソフト一式《ドライブ用》(BDドライバー)、CyberLink Blu-ray Disc Suite (PowerProducer 5※8、PowerDirector 7※8、PowerDVD 7※7※8、PowerBackup 2、Power2Go 6※10)
対応ディスク 記録・再生 BD-R [25GB(1層)、50GB(2層)] BD-RE※2 [25GB(1層)、50GB(2層)]
DVD-RAM [ 9.4GB・2.8GB※5(両面) / 4.7GB・1.4GB※5(片面) ]
DVD-R、DVD-R DL、DVD-RW※6、+R、+R DL、+RW、CD-R、CD-RW
再生※11 BD-ROM、DVD-ROM、DVD-Video、DVD-R[3.95GB/for Authoring]、CD-DA※12、CD-ROM、CD-ROM(XA対応)、Photo CD (マルチセッション対応)、Video CD、CD-EXTRA、CD TEXT
※4 規格別の最高速は、Blu-rayディスクは8倍速、DVDは16倍速、CDは48倍速としました。数値は全て理論値です。
※5 DVD-RAMのカートリッジタイプディスクは、ディスクを取り出してご使用ください。 カートリッジから取り出せない「Type1」は使用できません。両面タイプのディスクは両面の同時使用はできません。 高倍速タイプの「RAM2ディスク」への記録(書き込み)には対応していません。 2.6GB/5.2GBのDVD-RAMには対応しておりません。
※6 DVD-R Ver.1.0、Ver.2.0 for Authoring、DVD-RW Ver.1.0、ディスクは再生専用となります。
※7 BDタイトルの映像を取り扱う(デジタル出力する)にはHDCPに対応したディスプレイとグラフィックボードが必要です。
※8 CPRMで保護された映像を再生するには、最初にインターネット接続での認証が必要です。AACSでの著作権保護のため、インターネット接続でのアップデートなどが必要となる場合があります。
※9 BD-R LTHは有機色素系のディスクです。対応していないBDプレーヤーやレコーダー・ドライブでは記録/再生できません。
※10 著作権保護された映像の記録、複製には対応していません。
※11 再生するディスクによっては、別途ハードウェアまたはソフトウェアが必要な場合があります。
※12 CD-Gには対応していません。
MicrosoftとWindows、Windows Vistaは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標です。
Photo CDは米国イーストマン・コダック社の商標です。
CyberLink Blu-ray Disc Suite、PowerProducer、PowerDirector、PowerDVD、PowerBackup、Power2GoはCyberLink Corporation (サイバーリンク株式会社) の商標です。
その他記載されている社名及び商品名は各会社の登録商標または商標です。

以上


プレスリリースの内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
プレスリリース検索
パナソニックグループ発表のプレスリリースから検索します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > Blu-ray Discドライブ「LF-PB371JD」(内蔵型)を発売