パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > 乾電池EVOLTA(エボルタ)「世界・長もちチャレンジ」キャンペーンがスタート

プレスリリース


2008年5月20日
単3形乾電池2本で グランドキャニオン断崖絶壁の登頂に挑む!

乾電池EVOLTA(エボルタ)「世界・長もちチャレンジ」
キャンペーンがスタート

既に5000万個※1を出荷


ナショナルウェルネスマーケティング本部は、「単3形アルカリ乾電池で 世界No.1長もち※2」のパナソニック乾電池 EVOLTA(エボルタ)の発売に合わせ、「世界・長もちチャレンジ」キャンペーンをスタートしました。キャンペーンのメインとして、世界・長もちチャレンジのロボット実験を5月22日に米国・アリゾナ州 グランドキャニオン※3にて実施します。

お客様の乾電池に対して高まる「長もち」のニーズを受け、本年4月26日に発売した乾電池EVOLTA(エボルタ)は市場で大変好評を頂き、既に5000万個※1を出荷しました。

当社では「長もち性能ナンバー1※2」の認知を更に高めるため、本キャンペーンを実施。世界的なロボットクリエイター 高橋智隆氏が設計・開発したオリジナルロボットを使用して、500mを超えるグランドキャニオンの断崖絶壁にロープを張り 2本の単3形乾電池で登りきることができるかに挑戦する耐久テストを実施します。結果は公式ホームページ(http://evolta.jp)の他、ホームページ上のゲーム「EVOLTA the GAME」をクリアし、メール登録をした方にも配信予定。
更に、認知を高めるため、このチャレンジをテーマにしたマスコミ宣伝やWEB紹介等も今後予定中です。
パナソニック乾電池は、今後も世界を舞台に「No.1長もち※2」を実証するキャンペーンを展開します。

【「世界・長もちチャレンジ」について】

■ロボット「エボルタ」によるグランドキャニオン登頂チャレンジ

【実験日】 2008年5月23日(金)
*)日本時間。天候等の理由により順延の場合あり。
【場所】 米国・アリゾナ州 グランドキャニオン※3
【内容】 単3形乾電池 2本を搭載したロボット「EVOLTA」が、ロープを使って、グランドキャニオンの断崖絶壁を登頂
【結果】 EVOLTA公式ホームページにて報告予定

■公式ホームページ(evolta.jp)にてチャレンジ情報を発信中

EVOLTAの商品情報に加えて、ロボットクリエイター・高橋智隆氏のインタビューや、ロボットの動きが確認できる映像、エボルタをキャラクターにしたゲーム等を発信中。また、チャレンジ結果の速報も紹介予定

ロボットクリエイター 高橋智隆氏 プロフィール

1975年大阪生まれ。2003年、京都大学学内ベンチャー第1号「ロボ・ガレージ」を創業。以来、ロボットの設計から製作までこなすロボットクリエイターとして世界的に活躍する。ロボカップ世界大会2004,2005,2006,2007優勝。海外メディアでも露出多数。

※1 2008年5月20日現在
※2 2008年4月26日現在
※3 アリゾナ州北部に位置する世界最大級の大峡谷。テストはグランドキャニオン国定公園の外周部にあるGreater。Grand Canyon内のナバホネイション領地で実施。

【お問合せ先】

詳しいご案内ホームページ:http://evolta.jp

プレスリリースの内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
プレスリリース検索
パナソニックグループ発表のプレスリリースから検索します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > 乾電池EVOLTA(エボルタ)「世界・長もちチャレンジ」キャンペーンがスタート