パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > デジタルハイビジョンビデオカメラ HDC-SD5/HDC-SD7/HDC-SX5を発売

プレスリリース


2007年8月1日
世界最小最軽量(※1)のデジタルハイビジョンビデオカメラ(HDC-SD7)

デジタルハイビジョンビデオカメラ
HDC-SD5/HDC-SD7/HDC-SX5を発売

世界初(※2)、SD&DVDのハイブリッドタイプのハイビジョンムービー(HDC-SX5)


HDC-SD5(HDC-SD5 約90KB) HDC-SD7(HDC-SD7 約81KB) HDC-SX5(HDC-SX5 約114KB)

品名 デジタルハイビジョンビデオカメラ
品番 HDC-SD5 HDC-SD7 HDC-SX5
記録メディア SDカード SDカード SDカード
DVDディスク
-S(シルバー) -K(ブラック)、-W(ホワイト) -S(シルバー)
本体希望小売価格(税込) オープン価格
発売日 8月25日 9月8日 8月25日
月産台数 25,000台 15,000台 10,000台

パナソニックマーケティング本部は、SDカードにフルハイビジョン1920記録(※3)可能なデジタルハイビジョンビデオカメラ「HDC-SD5」「HDC-SX5」を8月25日より、「HDC-SD7」を9月8日より発売します。

本製品は、当社従来品「HDC-SD3」「HDC-DX3」で高い評価をいただいたフルハイビジョン1920記録(※3)対応・テルニオン3CCD HD搭載に加え、大幅な小型軽量化を図り、高画質とコンパクトデザインを両立。「HDC-SD7」については世界最小最軽量(※1)を実現しております。
当社は、ビデオカメラの記録メディアにSDカードを採用することにより、「小さい・軽い」「速い」「強い」「つながる」といった特長を活かしながら、グリップ感の高いデザインにより、安定したスタイルで撮影できるヨコ型タイプの「HDC-SD5」、携帯性に優れたタテ型タイプの「HDC-SD7」、本体だけでSDカードに撮ってDVDディスクに残せる、世界初(※2) SD&DVDのハイブリッドタイプの「HDC-SX5」と、3タイプのSDハイビジョンムービーをラインナップ化。こだわりや使用シーンに合わせて選べる、コンパクト性と高画質にこだわった商品として幅広いユーザーにご提案していきます。

なお、松下ネットワークマーケティング(株)が運営するショッピングサイト「PanaSense パナセンス(http://www.sense.panasonic.co.jp)」で本製品の限定モニター販売を2007年8月1日17時から8月15日13時まで行います。

特長

  1. 世界最小最軽量(※1)のSDハイビジョンムービー【HDC-SD7】
  2. フルハイビジョン1920記録(※3)・テルニオン3CCD HD搭載で、高精細&色鮮やかな映像を記録
  3. 毎秒約4,000回で手ブレを検出、補正する次世代光学式手ブレ補正(アドバンスドO.I.S.)搭載
※1: 2007年8月1日現在。1080i方式のデジタルハイビジョンビデオカメラとして。
※2: 2007年8月1日現在。デジタルハイビジョンビデオカメラとして。
※3: 当社民生用ビデオカメラにおける「フルハイビジョン1920記録」とは、水平1920×垂直1080画素での記録を表しています。HG(高画質)モード時。

【お問い合わせ先】

お客様:お客様ご相談センター
        フリーダイヤル0120-878-365(9時から20時まで)
                      06-6907-1187(9時から20時まで)
ホームページURL  http://panasonic.jp/dvc

【開発の背景】

ハイビジョンビデオカメラの急速な市場拡大とともに、さまざまなタイプのビデオカメラが開発される中、記録メディアにSDカードを採用するSDハイビジョンムービーは「小さい・軽い(小型軽量ボディ)」「速い(起動時間)」「強い(耐衝撃性・耐温度変化・耐粉塵性)」「つながる(SDカードを対応機器のカードスロットに差し込むだけで再生・保存が可能)」という特長により、急速にその構成比を伸ばしています。
当社は、従来モデル「HDC-SD3」で高い評価を得た「コンパクト性」、「フルハイビジョン1920記録(※3)&テルニオン3CCD HDによる高画質」をさらに向上させるとともに、記録した映像の保存・再生環境を拡充したSDハイビジョンムービーを3タイプ発売することで、デジタルハイビジョンビデオカメラ市場を牽引してまいります。

【特長】

1.世界最小最軽量(※1)のSDハイビジョンムービー【HDC-SD7】

HDC-SD7は、体積約330cc、本体質量約290gのコンパクトボディで、世界最小最軽量(※1)を実現しています。従来のテープやディスクなどと異なり、記録部にメカニズム(※4)を使用しないSDハイビジョンムービーだから、これだけのコンパクトボディが可能となりました。もちろん、SDハイビジョンムービーならではの撮影タイミングを逃さない1.7秒の高速起動(※5)、衝撃や振動などに強い耐衝撃性(※6)などビデオカメラにとって重要な特長を持っています。HDC-SD5も従来機(HDC-SD3)と比べ、体積比約80%(約375cc)、質量比約79%(約340g)の小型軽量化を実現、HDC-SX5については、従来DVDハイビジョンムービー(HDC-DX3)と比べ、体積比約80%(約580cc)、質量比約79%(約540g)のコンパクト化と共に、SDカードへのハイビジョン映像記録にも新しく対応しております。本製品は、付属の4GB SDHCメモリーカードに最長約90分(※7)のハイビジョン記録、8GB SDHCメモリーカード(別売)を使用すれば、最長約3時間(※7)のハイビジョン記録が可能です。

※4: SDカード採用により、テープやディスクを動かすための駆動メカが不要。
※5: クイックスタート「入」時、モニターを開いてから撮影可能な状態になるまでの時間。HDC-SX5はSDカードモード時。
※6: 当社DVCビデオカメラ比。落下衝撃試験 約1.7倍。HDC-SD5・HDC-SD7の場合。
※7: HE(長時間)モード時。

2.フルハイビジョン1920記録・テルニオン3CCD HD搭載で、高精細&色鮮やかな映像を記録

本製品は、フルハイビジョン1920記録に対応、映像の入力から記録まで1920×1080画素で一貫処理することで、従来比(※8)約30%アップのキメ細やかさで記録できます。記録した映像をフルハイビジョンパネル搭載の大画面テレビで再生すれば、撮影した映像を画素変換なく1920×1080画素の高画質で楽しむことが可能です。また、テレビ局などで使用される業務用のビデオカメラと同様、3CCDカメラシステムを採用、ハイビジョン用に開発したテルニオン 3CCD HDにより従来比(※9)約2倍以上の色解像度を実現、被写体の持つ見たままの自然な色合いと映像の繊細さを記録することができます。それらに加えて、HDクリスタルエンジンを新開発、2次元NRと、レンズ・CCDの特性を最大限に引き出すオプティカル特性制御の新規搭載により、本体小型化と画質向上を両立させました。

※8: 当社デジタルハイビジョンビデオカメラ HDC-SD1/HDC-DX1比。記録画素数30%アップ
※9: 当社SDビデオカメラ SDR-S200比。

3.毎秒約4,000回で手ブレを検出、補正する次世代光学式手ブレ補正(アドバンスドO.I.S.)搭載

一般的に高倍率ズーム時には手ブレしやすくなります。一方、大画面ハイビジョンテレビで映像を再生すると、画面が大きくなればなるほど手ブレが目立ちます。本製品は、従来(※10)の光学式手ブレ補正より補正精度を高め、検出回数約4000回/秒を実現した次世代光学式手ブレ補正(アドバンスドO.I.S)を搭載、ゆるやかなブレから細かく早いブレまでさまざまなシーンで起こりうる手ブレに対応、手ブレによる画像のブレが従来(※10)比約1/3に低減しました。これにより、高精細ハイビジョン映像に最適な動画撮影を可能にしています。

※10: 当社デジタルハイビジョンビデオカメラ HDC-SD3/HDC-DX3比。

4.見た目に近い映像が撮れる「コントラスト視覚補正」

撮影シーンに応じて映像コントラストを視覚に近づけて補正します。1画面を複数のエリアに分け、そのエリア毎の輝度情報を検出し、明るい部分や暗い部分のコントラストを高くすることにより、明るすぎる部分は明るさが抑えられ、暗すぎる部分は明るくなるよう補正されます。これにより、明暗が混在するシーンで出やすい黒つぶれや白とびを抑え、より見た目に近い映像を記録することが出来ます。

上記に加え、下記の要素も含めて高画質を実現しています。

ライカディコマーレンズ
8群12枚、マルチコート14面で構成されるライカディコマーレンズを搭載、ハイビジョン映像にふさわしい描写力で広がりのある撮影が可能になりました。
1920×1080i対応映像コーデック
本製品の映像コーデックは、MPEG‐4 AVC/H.264の1920×1080iでの映像処理を実現、圧縮効率の向上により、高画質と長時間記録を両立しています。また、従来と同様、高い圧縮パフォーマンスを実現するHigh Profileを採用し、速い動きやパンニング時の画質劣化を大幅に低減しています。
  • LEICA/ライカは ライカマイクロシステムIR GmbHの登録商標です。
  • DICOMAR/ディコマーはライカ カメラ社の登録商標です。
  • LEICA DICOMARは、ライカ カメラ社が設定した品質基準に基づき、ライカ カメラ社が認定した測定機器と品質保証システムによって当社で生産しています。

5.大切な一瞬を撮り逃さない「プリREC」

スタンバイ状態で本体のプリRECボタンを押したタイミングから、本体内蔵メモリに約3秒間の映像を常時記録。決定的な瞬間が起こったときに録画をスタートすれば、約3秒間の映像をさかのぼってSDカードに記録するので、決定的な瞬間を逃しません。余分な映像を撮り続ける必要もなく、記録容量をセーブすることができます。

6.撮影したあともカンタン保存・再生

当社のAVCHD対応機器である、うす型テレビ「ビエラ」PZ700シリーズ、HDD搭載 ハイビジョンBDレコーダー「ブルーレイディーガ」DMR-BW200/BR100を使用すれば、それぞれ、SDカードスロットでのダイレクト再生、BD-REディスクへの保存が面倒な配線要らずで可能です。今回、それに加え、記録映像のカンタン保存・再生環境を拡充しました。

DVD MULTIドライブ(別売)でカンタンダビング&再生【HDC-SD5/HDC-SD7】
当社から発売のポータブルDVD MULTIドライブ「LF-P968C」(※11)と本体を、ミニAB USB接続ケーブル(VW-CUS2-K)(別売)で接続すれば、本体のボタンでSDカードからDVDディスク(DVD-RAM、-RW、-R、-R DL)へのハイビジョン映像のカンタンダビングが可能です。また、DVDドライブを本体を介してハイビジョンテレビと接続すれば再生することも可能です。


保存
再生
※11: ポータブルDVD MULTIドライブ「LF-P968C」については、PC関連商品扱いとなります。商品のお問い合わせにつきましては、P3 カスタマーサポートセンター 03-3436-1888:受付時間 10:00〜12:00 12:45〜17:00 (土日祝日は除く)となります。
※12: 本体同梱。音声を出力するには、付属のAVケーブルも接続する必要があります。

ポータブルDVD MULTIドライブ 「LF-P968C」

本体希望小売価格:オープン価格
発売日:既発売

●本体でカンタンダビング【HDC-SX5】
世界初(※2)SD&DVDのハイブリッドタイプのHDC-SX5なら、SDカードに撮ったハイビジョン映像を本体だけでDVDディスクにカンタンダビングできます。接続も不要なので、手軽にダビング可能です。共に、AVCHD規格でダビングしますので、ダビングしたDVDディスクはAVCHD対応機器でも直接再生可能です。ダビング方法は、SDカード内の動画を全てコピーする「全コピー」と、選んだシーンだけコピーできる「選択コピー」の2通りの方法から選べます。

7.映像管理・再生ソフト「HD Writer 2.0J for SX/SD/DX」付属

パソコンでの動画の取り込みやSDカード/DVDディスクへのハイビジョン画質のままでの書き出し、シーンの簡易編集が楽しめるPCソフトウェア「HD Writer 2.0J for SX/SD/DX」を両モデルに付属しました。本ソフトは、新たに以下の機能を追加しております。

AVCHD映像の再生機能
SDカード/DVDディスクの記録映像を直接再生できます。全画面再生も可能です。
MPEG-2規格でのDVDディスク作成
記録映像をAVCHD規格のまま書き出すことはもちろんのこと、MPEG-2に変換してDVD-Videoディスクに書き出すことも可能になりました。
静止画切り出し機能
映像中の好きなシーンを2.1メガの静止画として保存できます。

<付属ソフトの動作環境>

  HD Writer 2.0J for SX/SD/DX
インターフェース USB端子(ハイスピードUSB(USB2.0)対応)
SDHC対応のSDカードアダプター推奨
OS Microsoft® Windows® VistaTM Ultimate
Microsoft® Windows® VistaTM Home Premium
Microsoft® Windows® VistaTM Home Basic
Microsoft® Windows® XP Home Edition SP2
Microsoft® Windows® XP Professional SP2
Microsoft® Windows® 2000 Professional SP4
CPU Intel® Pentium®III 1GHz以上
動画再生/MPEG-2変換機能を使用する場合
Intel® CoreTM2 Duo 1.86GHzまたはPentium® D 3.0GHz以上を推奨
推奨環境のすべてのパソコンについて動作を保証するものではありません。
付属のCD-ROMは、Windows専用です。
Windows XP Media Center Edition, Windows Vista Business/Enterprise ,Tablet PC Edition および 64bit のオペレーティングシステムでの動作は保証しません。
Windows 3.1/95/98/98SE/Me および Windows NT での動作には対応しておりません。
1台のパソコンに2台以上のUSB機器を接続した場合や、USBハブやUSB延長ケーブルで接続した場合は、動作を保証しません。
マルチブート環境には対応していません。
OSのアップグレード環境での動作は保証しません。
付属ソフトウェアの内容及び動作環境の詳細については、カタログまたは
"http://panasonic.jp/support/video/connect/soft.html"をご参照ください。
Microsoft および Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
その他、記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。

8.再生・保存環境

■HDC-SD5/HDC-SD7

■HDC-SX5

9.撮影・再生時に便利な機能・特長

(1) 液晶パネルをワンプッシュでオープン【HDC-SD5のみ】
本体の「LCDオープン」ボタンを押せば、液晶パネルをワンプッシュで開くことが可能です。撮影モードでは、液晶の開閉動作と電源の「入」「切」が連動するので、液晶パネルオープンから電源ON・撮影・再生操作まで片手での操作が可能です。
(2) 撮影映像を高画質表示 「ワイドビュー液晶モニター」搭載
2.7型約30万画素のワイド液晶モニターを搭載、約170度の広視野角を実現しました。斜めからでも高精細・高画質な液晶表示が可能なので、ハイアングルでの撮影時も液晶パネルを回転させる必要がなく、みんなで再生画面を見る際にも便利です。また「パワーLCDExtra」ボタンを押すと、液晶の明るさを、標準に加えて2段階アップさせることが出来るため、日差しの強い屋外でも明るく見やすくなります。また、SX5には0.44型18.3万画素高精細ワイドEVFを搭載し、視認性の向上を図りました。
(3) 光学10倍ズーム
ワイド端42.9mm、テレ端429.0mm(35mm換算)の幅広い撮影領域により、画質劣化なしに遠くの被写体を画面いっぱいに高画質撮影できるのと同時に、近くの被写体を広く撮影することもできます。
(4) スタンダード(標準)画質記録【HDC-SX5のみ】
DVDディスクにスタンダード画質(標準)画質で記録することも出来ます。
(5) 2.1メガ静止画同時記録可能
撮影停止中や、動画撮影中でもフォトショットボタンを押すだけで2.1メガ(1920×1080画素)静止画を記録できます。連続して記録可能で、突然のシャッターチャンスも逃しません。
(6) 本体編集機能
本体でシーンの分割削除が可能です。シーン内の好きな部分だけを残すことが出来ます。
(7) 撮影映像を簡単に再生「VIERA Link(ビエラリンク)」対応
本製品を、当社の薄型テレビ「ビエラ」(※13)とビエラリンクパワーケーブル(HDMIケーブル)で接続するだけで、「ビエラ」(※13)の電源オンとHDMIへの入力切換を自動で行い、すぐに記録した映像・音声を楽しむことができます。また、「ビエラ」(※13)のリモコンで再生・停止等の操作も可能です。
※13:VIERA Link(ビエラリンク)対応機種
(8) 長時間バッテリー対応
別売のバッテリーパックホルダーキット(VW-VH04)を装着することで、大容量のバッテリーを使用可能。バッテリーパックVW-VBG6-Kを使えば、最大約6時間40分の連続撮影(※14)が可能になります。
※14:HDC-SD5/HDC-SD7の場合。HGモード時。
(9) 肌色をなめらかに撮る「美肌モード」搭載
肌色部分だけにソフトフォーカスをかけることで、小さなシミやシワなどを目立ちにくくします。
(10) 近接しなくてもワンボタンで接写ができる「テレマクロ」
ワンボタンで光学10倍ズームに固定、被写体から約50cmの距離を置いた接写ができます。被写体に3.5cmまで近づけて撮影するワイドマクロ相当の近接画像が、被写体から離れて撮影できるので、カメラや撮影者自身の影が被写体にかかりにくく、またテレマクロならではの背景のボケ味も楽しめます。
(11) ガイドライン
撮影時や再生時に、映像が水平になっているか確認できます。
(12) 内蔵フラッシュ
(13) 風音低減機能−ウインドNR(ノイズリダクション)搭載
(14) ヘルプモード
ワンタッチナビゲーションのアイコンを解説する「ヘルプモード」を搭載。これにより撮影先で取扱説明書を見ずに、本機でアイコンの機能と意味を確認することができます。
(15) カンタン節電モード
撮影モードでは、液晶の開閉動作やファインダーの引き出しや収納(ファインダーはSX5のみ搭載)と連動して電源を「入」「切」できるようにしています。また、オートレンズカバー機能を搭載しており、レンズカバーも連動して自動で「開閉」し、大切なレンズを守ります。
(16) 「うっかり撮り防止」機能
撮影時に、操作忘れ等により、撮影を停止せずに、録画を継続したまま本体を持ち歩くときなどに発生する“地面撮り”を防ぐ「うっかり撮り防止機能」を搭載しています。
(17) PictBridge対応
(18) ホットシュー【HDC-SX5のみ】

【動画撮影時間】

HDC-SX5では、DVDディスク記録時にハイビジョン画質(AVCHD記録)に加え、スタンダード(標準)画質(MPEG-2記録)でも記録可能です。

■HDC-SD5/HDC-SD7/HDC-SX5(SDカード記録時)

■HDC-SX5(DVD AVCHD記録時)

■HDC-SX5(DVD MPEG-2記録時)

【バッテリー使用時間】

■HDC-SD5/HDC-SD7

※HGモード時。
※VW-VBG260-K/VW-VBG6-Kの使用には、別売バッテリーパックホルダーキット(VW-VH04)が必要です。

■HDC-SX5
【ファインダー使用時】

【液晶パネル使用時】

※AVCHD記録:HGモード時。MPEG-2記録:SPモード時。
※VW-VBG6-Kの使用には、別売バッテリーパックホルダーキット(VW-VH04)が必要です。

【主な別売アクセサリー新製品】

品名 品番 希望小売価格
(税込)
内容
■HDC-SD5/SD7専用
ミニAB USB接続ケーブル VW-CUS2-K 1,050円 ポータブルDVD MULTIドライブ(LF-P968C)との接続用
■HDC-SD5/SD7/SX5共用
バッテリーパック VW-VBG6-K 25,200円 5,800mAh
使用時は、バッテリーパックホルダーキット(VW-VH04-K)が必要
ワイドコンバージョンレンズ VW-W3707H-K 23,100円 0.7倍の広角レンズ φ37mm
テレコンバージョンレンズ VW-T3714H-K 25,200円 1.4倍の望遠レンズ φ37mm
SDHCメモリーカード RP-SDV08GK1K
RP-SDV04GJ1K
オープン価格
オープン価格
8GB(クラス6対応)
4GB(クラス6対応)

【仕様一覧】

  HDC-SD5 HDC-SD7 HDC-SX5
撮像素子 1/6型CCD 固体撮像素子 総画素 56万×3
有効画素 動画 52万×3(16:9)
静止画 52万×3(16:9)
レンズ
35mm換算
自動絞り10倍電動ズーム F1.8〜2.8
動画 42.9〜429.0mm(16:9)
静止画 42.9〜429.0mm(16:9)
フィルター径 37mm
ズーム 光学10倍・デジタル25倍・スーパーデジタル100倍
モニター 2.7型ワイド液晶モニター(約30万画素)
ファインダー 0.44型ワイドカラービューファインダー
(約18.3万画素)
マイクロフォン ステレオ2ch(ズームマイク機能付)
スピーカー 20mm丸型ダイナミック型 15mm丸型ダイナミック型 20mm丸型ダイナミック型
白バランス調整 自動追尾及びホワイトセット/屋外モード/屋内モード/蛍光灯モード
標準被写体照度 1400ルクス
最低照度 5ルクス(LowLightモード、シャッタースピード1/30時)、
カラーナイトビューモード:1ルクス以下
インターフェース
映像出力 Video OUT : 1.0Vp-p 75Ω【AVミニジャック】 480/60i
D3映像出力 Y:1.0Vp-p 75Ω Pb:0.7Vp-p 75Ω Pr:0.7Vp-p 75Ω
HDMI出力 1125i(1080i) 525p(480p)
音声出力 出力レベル:316mV 出力インピーダンス:600Ω 2ch
USB端子 ハイスピードUSB(USB2.0)mini AB端子、カードリーダーライター機能(著作権保護機能なし)、PictBridge対応 ハイスピードUSB(USB2.0)mini B端子、カードリーダーライター機能(著作権保護機能なし)、PictBridge対応
動画機能
記録メディア SDメモリーカード(256MB〜2GBまで)
SDHCメモリーカード(4GB〜8GB)
SDメモリーカード(256MB〜2GBまで)
SDHCメモリーカード(4GB〜8GB)
8cmDVD-RAM Ver.2.1
8cmDVD-R for General Ver.2.0
8cmDVD-RW Ver.1.1 2x-Speed(2x/1x)
8cmDVD-R DL Ver.3.0
映像圧縮方式 MPEG-4 AVC/H.264 MPEG-4 AVC/H.264(SD/DVD録画時)
MPEG-2(DVD録画時)
音声圧縮方式 Dolby Digital (Dolby AC3)/2ch
静止画機能
記録メディア SDメモリーカード(8MB〜2GBまで)
SDHCメモリーカード(4GB〜8GBまで)
記録方式 JPEG(DCF/Exif2.2準拠)、DPOF対応
記録画素数 1920×1080(ワイド)
外形寸法 幅65×高さ67×奥行き135mm
(突起部含む)
幅52×高さ110×奥行き87mm
(突起部含む)
幅84×高さ94×奥行き152mm
(付属バッテリー装着時奥行173mm)
本体質量 約340g 約290g 約540g
使用時質量 約400g (付属バッテリー、SDHCメモリーカード含む) 約350g (付属バッテリー、SDHCメモリーカード含む) 約660g (付属バッテリー、SDHCメモリーカード、ディスク含む)
電源 DC9.3V(ACアダプター)/7.2V(バッテリー)
消費電力 録画時4.9W 録画時4.9W SD録画時(EVF/LCD):4.8W/5.1W
DVD(AVCHD)録画時(EVF/LCD)
:6.7W/7.0W(HGモード)
DVD(MPEG-2)録画時(EVF/LCD)
:5.8W/6.1W(SPモード)
許容動作温度 0℃〜40℃
許容動作湿度 10%〜80%
付属品 SDHCメモリーカード(4GB)、ACアダプター、電源コード、DCコード、バッテリーパック(1320mAh)、ワイヤレスリモコン、D端子ケーブル、AVケーブル、
USB接続ケーブル、CD-ROM(HD Writer 2.0J for SX/SD/DX)
SDHCメモリーカード(4GB)、ACアダプター、電源コード、DCコード、バッテリーパック(1320mAh)、ワイヤレスリモコン、D端子ケーブル、AVケーブル、USB接続ケーブル、CD-ROM(HD Writer 2.0J for SX/SD/DX)、ハンドストラップ SDHCメモリーカード(4GB)、ACアダプター、電源コード、DCコード、バッテリーパック(2640mAh)、ワイヤレスリモコン、D端子ケーブル、AVケーブル、USB接続ケーブル、CD-ROM(HD Writer 2.0J for SX/SD/DX)

以上


プレスリリースの内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
プレスリリース検索
パナソニックグループ発表のプレスリリースから検索します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > デジタルハイビジョンビデオカメラ HDC-SD5/HDC-SD7/HDC-SX5を発売