パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > パーソナルファクス付テレビドアホン「VL-SW155K」を発売

プレスリリース


2007年5月7日
「どこでも※1ドアホン」にドアホン画像も映るカラー液晶画面搭載のファクス親機がついた

パーソナルファクス付テレビドアホン「VL-SW155K」を発売

ファクス親機/コードレスモニター子機でドアホン来客応対ができる


VL-SW155K(VL-SW155K 約65KB)

品名 パーソナルファクス付テレビドアホン
品番 VL-SW155K
希望小売価格(税込)
取付工事費別
オープン価格
内容 カラーモニター親機(VL-MW150K)
カラーカメラ玄関子機(VL-V565-K)
コードレスモニター子機(KX-FKN531-W)
ファクス親機(KX-PW616-W)
各1台のセット
カラーカメラ玄関子機、および
コードレスモニター子機の最大接続数
カラーカメラ玄関子機2台
コードレスモニター子機:ドアホン/電話両用子機として最大6台
発売日 6月25日
月産台数 1,500台

パナソニックマーケティング本部は、ご好評頂いております家じゅう「どこでも※1ドアホン(VL-SW150K)」の5型カラー液晶画面搭載のカラーモニター親機とカラーカメラ玄関子機に、カラー液晶画面搭載のファクス親機及びコードレスモニター子機をセットにしたパーソナルファクス付きテレビドアホン(VL-SW155K)を6月25日から発売します。
本製品に含まれるファクス親機は、カラー液晶画面を搭載し、画面でドアホンの画像を確認※2しながらドアホン応対ができます。また、本製品は、ドアホン機能・電話機能の両方として使用できるコードレスモニター子機も同梱してます。配線についてはカラーモニター親機とファクス親機及びコードレスモニター子機はワイヤレスで接続できるので、テレビドアホンやインターホンからの買い替え時の新規配線の必要がありません※3。テレビドアホン機能としては、来客画像と音声をカラーモニター親機に同時に保存※4して、後から確認ができる留守番機能(録画100枚、内音声付画像25枚)も搭載しています。さらに別売のワイヤレスカメラ※5からの画像を、カラーモニター親機やコードレスモニター子機で確認することもできます。
当社では、本製品をテレビドアホンの新たな提案商品と位置づけ、幅広いユーザーに訴求してまいります。

【特長】

  1. カラー液晶画面搭載のファクス親機でも来客時の画像を確認※2しながらドアホン応対が可能
  2. カラーモニター親機に5型、ファクス親機に3.8型、コードレスモニター子機に1.8型、それぞれに、カラー液晶画面を搭載
  3. 来客の画像・音声が保存※4できる留守番機能付(録画100枚・内音声付画像25枚)
※1. カラーモニター親機またはファクス親機とコードレスモニター子機の間に障害物がない場合、約100 m以内の距離で使えますが、周囲環境によっては電波の届く距離が短くなることがあります。また、カラーモニター親機、コードレスモニター子機、ファクス親機は、防滴タイプではありません。
※2. ファクス親機のカラー液晶は3.8型を搭載していますがドアホン応答時のモニター画像表示サイズは1.8型か2.5型になります。(デフォルトは1.8型)。モニター画像は約3秒毎に更新しながら表示されます。また、画像を表示する性能が違うため、テレビドアホンの親機や子機よりも画質が劣ります。
ワイヤレスカメラからの映像は表示されません。
※3. カラーモニター親機とファクス親機及びコードレスモニター子機との間の配線は不要ですが、カラーモニター親機とカラーカメラ玄関子機との間配線工事及びファクスの電話回線接続は必要になります。
※4. カラーカメラ玄関子機やワイヤレスカメラ(別売)の画像を、合計100枚まで静止画で録画できます。設定により、カラーカメラ玄関子機の場合は、そのうちの25枚を音声付画像として録画出来ます(静止画)。録音は1件に付き約20秒(固定)録音になります。
※5. ワイヤレスカメラ(屋内用) VL-W800:希望小売価格(税込)26,250円、センサーライト付屋外ワイヤレスカメラ VL-W811K:希望小売価格(税込)67,200円。 最大4台までの増設が可能。ワイヤレスカメラ(屋内用)は防滴タイプではありません。また、被写体の明るさ、距離、動き(ブレ)などにより人や物の識別ができないことがあります。人感センサー機能付き。

【お問い合わせ先】

お客様  お客様ご相談センター
             フリーダイヤル  0120-878-365(受付9時から20時)
        携帯電話・PHSからは  06-6907-1187(受付9時から20時)
ホームページURL  http://panasonic.jp/door/

【発売の意図】

昨年10月に家じゅう「どこでも※1ドアホン」の新シリーズ(VL-SW150K)を発売し、カラーモニター親機に搭載の5型カラー液晶画面が大きく、見やすいと大変好評を頂いております。また、お客様からは、「もっと便利に使えるように、あらかじめテレビドアホンとファクスをセットにした商品を出して欲しい」、というご要望を多く頂きました。
そのご要望にお応えし、VL-SW150Kの5型カラー液晶画面搭載のカラーモニター親機とカラーカメラ玄関子機に、カラー液晶画面搭載のファクス親機及びコードレスモニター子機をセットにし、ファクス親機でも来客時の画像確認※2によるドアホン応対を可能とした「パーソナルファクス付テレビドアホン」VL-SW155Kを発売することに致しました。家のどこにいても※1来客も電話も応対できる利便性とファクス親機での簡単操作※6によるドアホン応対を可能としました。

※6. ファクス親機でのドアホン応対はカラー液晶画面での画像確認と受話器を持ち上げる事により可能で、受話器を戻す事によりドアホン応対は終了します。

【特長】

1.カラー液晶画面搭載のファクス親機でも来客時の画像を確認※2しながらドアホン応対が可能

本製品に含まれるファクス親機は、カラー液晶画面を搭載しており、ファクス親機のカラー液晶画面にて来客時の画像を確認※2しながらドアホン応対も可能となります。
また、家じゅう「どこでも※1ドアホン」シリーズでは全商品に共通した特長として、コードレスのモニター子機は、持ち運び自由なので、室内のどこでも※1画像と音声で来客応対ができます。来客時の映像は、約3秒ごとに更新しながら表示されます。
また、コードレスモニター子機は、電話はもちろん、着信した外線がファクスだった場合、ファクスリモート受信も可能です。

2.カラーモニター親機に5型、ファクス親機に3.8型、コードレスモニター子機に1.8型、それぞれにカラー液晶画面を搭載

本製品のモニター画面はカラーモニター親機に5型、ファクス親機に3.8型、コードレスモニター子機に1.8型のカラー液晶画面を採用しそれぞれでドアホンの画像確認※7が可能です
カラーモニター親機をリビング、ファクス親機を書斎、コードレスモニター子機を寝室などに置いた場合でもそれぞれの場所で来客時のドアホン応対を可能としました。もちろんコードレスモニター子機は持ち運び自由でドアホン/電話両用子機として使用できます

※7. モニター親機のモニター画像は動画。ファクス親機とコードレスモニター子機のモニター画像は約3秒毎に更新しながら表示されます。

3.来客の画像・音声が保存※4できる留守番機能付(録画100枚 内音声付画像25枚)

カラーカメラ玄関子機の来客画像や、別売のワイヤレスカメラ※5からのカメラ画像を自動でカラーモニター親機に録画※8できます。カラーカメラ玄関子機やワイヤレスカメラ※5からの画像は合計100枚まで保存可能(静止画)。録画した画像は、カラーモニター親機やコードレスモニター子機で確認できます。また、カラーカメラ玄関子機での来客時の画像と音声を同時に保存※4する留守番機能をカラーモニター親機に搭載し、不在時や手が離せないときなど、あらかじめ設定した応答メッセージ※9が流れて、来客の画像と音声を同時に保存することが出来ます。

※8. 自動録画は、ドアホンの場合、着信してから約2秒後の映像を1枚録画。カメラ(VL-W800)の場合、人感(熱)センサー反応時に1枚、その後、約3秒おきに3枚(計4枚)を録画。カメラ(VL-W811K)の場合、人感(熱)センサー反応時に検知直前映像1枚、検知直後から連写映像3枚(約0.3秒おき)を録画します。
※9. 初期設定は録画のみ(応答メッセージも流れません)です。留守設定時にあらかじめ録音された固定応答メッセージによる対応に設定することができます。また新規に自分で録音する16秒以内の自作のオリジナルメッセージを作成して設定することもできます。

4.カラーモニター画面上での操作ガイド表示によりスムーズな操作を実現

カラーモニター親機、コードレスモニター子機の画面上に操作ガイドが表示されます。例えば、カラーカメラ玄関子機から呼び出しがあった場合、画面上に「通話 来客と話す」という操作ガイドが表示されます。ドアホンの操作や設定時に次の操作手順が表示され、スムーズな操作が可能となります。

5.住宅用火災警報器に連動して、モニター画面の赤色点灯と通知音でお知らせします※10

カラーモニター親機に住宅用火災警報器を接続すると、火災発生等で警報器が反応した場合、警報器の警報機能作動と連動してカラーモニター親機やコードレスモニター子機からも、モニター画面上(赤色点灯)や通知音で火災をお知らせします。

※10. 接続できる住宅用火災警報器は、A接点出力のある当社推奨機器に限ります(松下電工(株)製 SH18413K)。また、移報接点アダプタ(松下電工(株)製 SH8890)の接続もできます。このアダプタで連動型の火災警報器を接続できます。(2007年4月現在)

(その他の機能)

1.内線通話機能※11

カラーモニター親機とコードレスモニター子機の間、またはファクス親機とコードレスモニター子機の間で呼出(子機増設時は一斉呼出または個別呼出の設定可能)および通話ができます。

※11. カラーモニター親機とファクス親機との間の内線通話はできません。

2.コードレスモニター子機の電話機能

  • ナンバー・ディスプレイ対応※12なので、迷惑電話対策も充実
  • 外線通話中の相手の声の音質を低音強調・標準・高音強調から選べる「ボイスセレクト」機能
  • 150件の漢字電話帳搭載
※12. ご利用にはNTT東日本・NTT西日本へのサービスお申込み(有料)が必要です。

3.使用エリアが拡がる中継アンテナ※13接続も可能

コードレスモニター子機やワイヤレスカメラ※5の電波状況が悪いときなどに、中継アンテナを設置することで電波が届きにくかった場所でも使用することが可能になり便利です。中継アンテナ※13は、カラーモニター親機に増設登録する形で使用し、カラーモニター親機に増設登録されているコードレスモニター子機またはワイヤレスカメラ※5を中継することができます。中継アンテナは、カラーモニター親機に2台※14まで登録できます。中継アンテナは、コードレスモニター子機と、ファクス親機間で使用も可能です※14

※13. 中継アンテナ KX-FAN1:希望小売価格12,600円(税込)、中継アンテナ1台でコードレスモニター子機、ワイヤレスカメラのいずれかが1台中継できます。設置についてはカラーモニター親機〜中継アンテナ、またはファクス親機〜中継アンテナ、および中継アンテナ〜コードレスモニター子機、ワイヤレスカメラいずれかの間は、2.4 GHzデジタルによる無線通信で、障害物がない場合は約100m以内の距離で使えますが、周囲環境によっては、電波の届く距離が短くなることがあります。
※14. 中継アンテナは、ファクス親機とカラーモニター親機を合わせたシステム全体で、合計2台まで使用可能です。

4.女性の声を男性のような低い声に変えられる「ボイスチェンジ機能」搭載※15

「ボイスチェンジ機能」は、しつこいセールスなどの応対が不安な方におすすめできます。
本製品のカラーモニター親機、コードレスモニター子機で、ボイスチェンジ操作が可能です※15

※15. 電話の場合は、着信通話時のみ使用可能でコードレスモニター子機でのご使用になります。

【仕様一覧】

品名 カラーモニター親機 コードレスモニター子機
(セット商品及び増設用)
品番 VL−MW150K KX-FKN531-W
電源 AC100V(50/60Hz) 専用ニッケル水素蓄電池
(品番:KX-FAN50)
DC3.6V/600mAh
消費電力 動作時:約11W
待ち受け時:約1.8W
外形寸法
高さ×幅×奥行
188×165×39mm
(突起部除く)
171×48×41mm
(突起部除く)
質量 約810g 約160g(電池パック含む)
取付方法 露出壁掛け
(壁掛け金具付属)
充電台に据置
画面表示 5型TFTカラー液晶
ディスプレイ
1.8型STNカラー液晶
ディスプレイ
使用時間
(約10時間充電した状態で、使用環境温度が20℃のとき)
連続使用時間:
・外線通話
(受話口での通話時):約5時間
(スピーカーホン):約4.5時間

・ドアホン通話
(受話口での通話時):約3.5時間
(スピーカーホン):約2時間
待ち受け時間:約150時間

A接点出力 定格負荷:
AC,DC24V/0.3A以下
最小適用負荷:
DC5V/1mA
映像出力 NTSC方式
1Vp−p/75Ω
品名 充電台
電源 ACアダプター
(品番:PFAP1009)
AC100V(50/60Hz)
(DC7.5V)(100mA)
消費電力 充電時:約1.5W
待ち受け時:約0.6W
取付方法 据置型または壁掛け型
外形寸法
高さ×幅×奥行
65×86×96mm
(突起部除く)
質量 約75g
品名 カラーカメラ玄関子機
品番 VL-V565-K
電源 親機より供給
動作時:DC約20V/約180mA
待ち受け時:DC約5V/約2mA
使用環境条件 周囲温度:-10℃〜+50℃
湿度:90%以下
外形寸法
高さ×幅×奥行
131×99×40mm
(突起部除く)
質量 約220g
取付方法 露出型:JIS1個用スイッチボックス(カバー付)適合
品名 ファクス親機
品番 KX-PW616-W
記録方式 熱転写普通紙記録(モノクロ)
原稿サイズ 定型サイズ:A4〜A5
最大:幅210mm×長さ600mm
最小:幅128mm×長さ128mm
有効読取幅 208mm(A4)
記録紙サイズ A4(普通紙):210mm×297mm
有効記録幅 202mm(A4普通紙)
送信原稿自動給紙 5枚
電話帳登録件数 150件(漢字)
短縮ダイヤル(親機) 9箇所
再ダイヤル(親機) 10件
メモリー受信 最大約50枚※16
デジタル留守録機能 最大約12分※17
ナンバー・ディスプレイ
キャッチホン・ディスプレイ
ネーム・ディスプレイ
※12
※12
※12
外形寸法親機(高さ×幅×奥行)
(受話器、突起部除く・子機除く)
約86×296×191mm(記録紙トレー収納時)
約265×296×231mm(記録紙トレーオープン時)
質量(インクフィルム10m装着時) 約2.4kg
消費電力(最大時/待機時) 約130W/約1.3W
※16. A4サイズ700文字程度の標準原稿を標準的画質(画質「ふつう」)で受信した場合です。
※17. 録音時間は、留守録と通話録音の合計時間です。
●電波の干渉について
電子レンジの周辺や無線LAN機器等、 2.4 GHzの周波数帯を使用する機器がある環境では、コードレスモニター子機の音声や映像が乱れたりすることがあります。
なお、本シリーズは電波干渉を受けにくい方式ですが、上記のような機器から約3 m以上離して設置、使用してください。

以上


プレスリリースの内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
プレスリリース検索
パナソニックグループ発表のプレスリリースから検索します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > パーソナルファクス付テレビドアホン「VL-SW155K」を発売