パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > HDD搭載ハイビジョンブルーレイディスクレコーダー DIGA(ディーガ) DMR-BRT260を発売

プレスリリース

2013年9月25日

「新かんたんリモコン」で、「録る」「見る」を迷わず操作できる

HDD搭載ハイビジョンブルーレイディスクレコーダー
DIGA(ディーガ) DMR-BRT260を発売

「ゆっくり再生」で、声がゆっくり・はっきり聞き取りやすい

DMR-BRT260

品名 HDD搭載ハイビジョンブルーレイディスクレコーダー
品番 DMR-BRT260
-K(ブラック)
HDD容量 500GB
チューナー数 1
本体希望小売価格(税込) オープン価格
発売日 2013年10月20日
月産台数 10,000台

パナソニック株式会社は、「ディーガ」のかんたん・シンプルモデル「DMR-BRT260」を、10月20日より発売いたします。

本製品は、「新かんたんリモコン」を付属。大きな「録る」「見る」ボタンで、録画・再生をシンプルに操作することができます。また、新機能「ゆっくり再生」を搭載。視聴中にリモコンの「ゆっくり再生」ボタンを押すと、0.8倍速のゆっくりと聞きとりやすいスピードで番組をお楽しみいただけます。録画番組の他、放送中の番組(※1)・ブルーレイディスク・DVDも「ゆっくり再生」に対応しています。他にも、「番組表」「録画一覧」の文字を2倍に拡大できる「でか文字」を搭載。「かんたんガイド」で基本的な使い方をアニメーションで分かりやすく解説します。

当社は、本製品により、レコーダーをよりかんたん・快適にお使いいただける、デジタルライフを提案して参ります。

<主な特長>

  1. 「新かんたんリモコン」で、「録る」「見る」を迷わず操作できる
    ・よく使う「録る」「見る」ボタンが大きく、迷わず操作できる
    ・「番組表」「録画一覧」のGUIの文字が大きくて見やすい
  2. 「ゆっくり再生」で、声がゆっくり・はっきり聞き取りやすい
    ・0.8倍速で子音を強調して再生、早口な番組も聞き取りやすい
    ・録画番組、放送中の番組(※1)、ブルーレイディスク、DVDに対応
  3. 「でか文字」「かんたんガイド」で、初心者の方も使いやすい
    ・「でか文字」機能で、「番組表」「録画一覧」の文字を2倍の大きさで表示
    ・「かんたんガイド」機能で、基本的な使い方をアニメーションで教えてくれる
  1. ※1:番組録画中は放送中の番組をゆっくり再生することができません。録画番組、ブルーレイディスク、DVDのゆっくり再生は可能です。

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(9時から20時まで)
ホームページURL:http://panasonic.jp/diga/

【開発の背景】

2013年春、ディーガは、かんたん・シンプルモデルで「新かんたんリモコン」を付属し、わかりやすいボタンで、「番組表」「録画一覧」を見やすいシンプルな画面で表示できるようになりました。今回のディーガのかんたん・シンプルモデルは、「新かんたんリモコン」に、「ゆっくり再生」ボタンを搭載し、録画番組の他、ブルーレイディスク・DVD、放送中の番組をワンタッチでゆっくりと聞き取りやすいスピードで視聴していただけるようになりました。ご好評頂いている「でか文字」機能、基本的な使い方をアニメーションで教えてくれる「かんたんガイド」機能も引き続き搭載し、はじめてレコーダーを購入されるお客様にも、安心してお使いいただけます。

ディーガは『かんたん』をさらに進化させ、快適なデジタルライフを実現いたします。

【特長】

1. 「新かんたんリモコン」で、「録る」「見る」を迷わず操作できる

「新かんたんリモコン」を付属。よく使う「番組表」「録画一覧」をそれぞれ大きな「録る」「見る」ボタンで、シンプルに迷わず操作することができます。「番組表」や「録画一覧」は文字サイズを大きくし、番組タイトルをフル表示するなど、見やすいシンプルな画面で、簡単に操作することができます。

新かんたんリモコン

番組表

録画一覧

2. 「ゆっくり再生」で、声がゆっくり・はっきり聞き取りやすい

録画番組・ブルーレイディスク・DVD・放送の視聴中にリモコンの「ゆっくり再生」ボタンを押すと0.8倍速再生し、ゆっくりと聞き取りやすいスピードで番組をお楽しみいただけます(※1)。さらに子音を強調するように補正するので、話し声がはっきり聞き取りやすくなります。録画したドラマはもちろん、ニュースやスポーツ中継などのリアルタイム視聴時でもワンボタンでゆっくり再生をすることができます。洋画を見ながら語学学習をする場合などにも便利にお使いいただけます。

3. 「でか文字」「かんたんガイド」で、初心者の方も使いやすい

ご好評頂いている「でか文字」を搭載。ボタン一つで、「番組表」や「録画一覧」の文字をさらに2倍に拡大して表示します。小型テレビに接続している場合や、離れた距離で操作する場合に文字を大きくして見たいときに便利です。また、基本的な使い方をアニメーションで教えてくれる「かんたんガイド」機能を搭載。はじめてレコーダーをご購入されたお客様でも安心してお使いいただけるようになりました。

「でか文字」機能 「かんたんガイド」機能

4.その他

● システムLSI「新ユニフィエ」を搭載
システムLSI「新ユニフィエ」をシングルチューナーモデルにも搭載。
CPU速度、グラフィック性能の大幅な向上、デコーダー/エンコーダーの効率的な駆動により、サクサクの快適操作を実現しています。

● 今まで使っていたディーガの内容を新しいディーガにかんたん「お引越し」。
「引越し先」の新しいディーガと、「引越し元」の今まで使っていたディーガ(※2)をLANケーブルや宅内LAN環境でお繋ぎいただくと、引越し元のディーガに保存している録画番組(※3)、撮影ビデオ(※4)、写真を新しいディーガにかんたんにダビングすることができます(※5)。買い換え、買い増しの際に、あんしんしてディーガをお選びいただけます。

  1. ※2:対応機種:
    (番組/写真対応モデル)DMR-BZT9600、860、760、BWT660、560、BRT260(13年秋モデル)、
    (番組のみ対応モデル)DMR-BZT750、BWT650、550、BRT250(13年春モデル)、DMR-BZT9300、830、730、BWT630、530(12年秋モデル)
  2. ※3:放送番組はコピーカウント1つ分ダビングされます。プロテクト設定されている「1回だけ録画可能」の番組や、ダウンロードした番組などは、ダビングできない場合がございます。
  3. ※4:撮影ビデオはAVCHD形式に対応しています。
  4. ※5:1回に複数選択できる番組は99番組までです。

● 「Wi-Fi転送」(※6)で、写真や撮影ビデオをワイヤレスでかんたんに取り込みできる
スマートフォン(※7)やWi-Fi対応デジタルカメラ(※8)の写真やWi-Fi対応デジタルビデオカメラ(※9)の撮影ビデオの「Wi-Fi転送」(※6)にも対応いたしました(※10)
また、SDカードを差し込むだけで、新たに撮影された写真やムービーのみを自動で取り込める「かんたん差分取り込み」にも対応しています。

  1. ※6:ご使用には、無線LANアダプター(別売)と無線ルーター(別売)が必要です。
  2. ※7:ご使用には、Android/iOS用写真転送アプリ「DIGA Contents Link」(無料)が必要です。
  3. ※8:対応機種:DMC-GX7、LF1、G6、GF6、TZ40、SZ9、FT5、GH3
  4. ※9:対応機種:HC-X920M、V720M、V620M、V520M
  5. ※10:長時間のシーンを取り込む場合や正しく取り込みができない場合は、USB接続ケーブルやSDカードを使用しての取り込みをおすすめします。


「おもいでボタン」イメージ図

● 「おもいで再生」で、かんたんに写真のスライドショーが楽しめる
リモコンのサブメニューを押し、「おもいで再生」を選択すると、ディーガに保存した思い出の写真をBGM付きで再生することができます。ディーガに保存されている写真の中から、「おもいで再生」を押したときと同じシーズンに撮影された過去の写真(※11)を自動でスライドショーで表示します。まるでアルバムをめくるかのように、思い出の写真を振り返ることができます。

  1. ※11:ボタンを押した日を基準として、前後2週間の日付(2000年以降)に撮影された写真を再生します。

● USBハードディスク(※12)に対応
別売のUSBハードディスク(※12)を接続し、録画をすることができます。USBハードディスク(※12)は最大3TBまで対応、最大8台まで登録ができ、最大で15倍モードの長時間録画が可能です(※13)。これによりハードディスクの残量を気にせず、たっぷり録画することができます。

  1. ※12:対応USBハードディスクについては、ホームページをご確認ください。 <http://panasonic.jp/support/bd/>
  2. ※13:USBハードディスクを複数台同時に接続することはできません。

● ディーガ(※14)の録画番組を外出先で楽しめる(※15)
別売のDTCP+(※16)対応動画転送アダプター(品番:DY-RS10-W)をディーガ(※14)と接続すれば、ディーガ(※14)の録画番組を外出先で、iOSまたはAndroid対応のスマートフォン・タブレット(※17)からご覧いただけます。ディーガ(※14)の録画予約の際に、持ち出し番組(※18)の設定をしておけば、自動的に動画転送アダプターへ持ち出し番組(※18)を転送します(※19)。3G/LTE回線、または公衆無線LANを介してスマートフォンなど(※17)で録画番組をストリーミング再生して視聴をすることができます。さらに、インターネットサービス「ディモーラ/ミモーラ」のプレミアム会員であれば、録画番組のシーン再生機能がご利用いただけます。見たいシーンだけを選んで視聴できます(※20)

  1. ※14:対応機種:DMR-BZT9600、860、760、BWT660、560、BRT260
    その他の機種については、ホームページをご確認ください。http://panasonic.jp/support/bd/
  2. ※15:無線ルーターを介したブロードバンド回線への接続が必要です。
  3. ※16:DTCP+とは、DTCP-IP仕様を拡張した著作権保護技術(DRM)により保護されたコンテンツを伝送するための技術規格です。
  4. ※17:対応機種:iPhone4S/5、iPod touch第5世代、iPad2、iPad第3/4世代、iPad mini。対応OS:iOS5.0/6.0以上。
    ご使用いただくには視聴アプリ「リモートビューアー」(無料)のダウンロードが必要です。
    Android対応アプリは11月下旬公開予定。
  5. ※18:持ち出し番組はVGA画質です。
  6. ※19:SDメモリーカード(別売)が必要です。
  7. ※20:視聴アプリ「リモートビューアー」(無料)のアップデート後に可能になります(2013年内 アップデート予定)。

宅外視聴イメージ図

●「ディモーラ」サービスでインターネットで遠隔予約
「ディモーラ」は外出先からディーガに遠隔録画予約ができる(※21)インターネットサービスです。録画予約を忘れても、インターネットを介してスマートフォン、タブレットやパソコンなどから録画予約を行うことができます。「ディモーラ」での録画予約時に、持ち出し番組の設定もできますので(※22)、録画予約から動画転送アダプターを用いたスマートフォン・タブレット(※9)などでの視聴まで、インターネットを介して遠隔で行うことができます。例えば、長期出張中にインターネットを通じて自宅のディーガ(※21)に録画予約をして、録画した番組を出張先で視聴することが可能です。その他、お気に入り番組登録機能など、「ディモーラ」サービスがさらに使いやすく進化します(※22)

  1. ※21:ディーガをブロードバンド回線に接続する必要があります。
  2. ※22:2013年9月25日より対応予定。

● 長時間録画モード(※23)の画質改善
アドバンストAVCエンコーダーの「ジャンル最適エンコード」方式が改善。ドラマ番組のボケやノイズ、動きの激しい音楽番組のノイズなどが低減し、より見やすくなりました。

  1. ※23:長時間録画モードの1.5倍〜15倍は、BS・110度CSデジタル放送の録画時、それぞれDRモードと1.5倍〜15倍録モードの比較。JEITA「CPR-3104準拠 録画基準画像」を用いて確認しました。

● 徹底した省エネ設計「エコマーク」を取得
動作時・待機時の省電力、省資源、環境に配慮した部品の採用など省エネ・省資源設計を徹底。公益財団法人 日本環境協会から「エコマーク認定商品」に認定されています。

【仕様】

品番 DMR-BRT260
ハードディスク容量 500GB
デジタルチューナー数 1
録画可能ディスク ●内蔵HDD ●BD-RE Ver.2.1(片面1層/2層),Ver.3.0(片面3層)[Ver1.0は非対応]
●BD-R Ver.1.1/1.2/1.3(片面1層/2層),Ver.2.0(片面3層/4層),Ver.1.2LTH/1.3LTH(片面1層)
●DVD-RAM Ver.2.0/2.1/2.2 ●DVD-R Ver.2.0/2.1 ●DVD-R DL Ver.3.0 ●DVD-RW Ver.1.1/1.2
※8cmブルーレイディスク、8cmDVDディスクへは記録できません。
※カートリッジ付きのDVD-RAMは、カートリッジからディスクを取り出して録画可能です。
再生可能ディスク ●内蔵HDD ●BD-RE Ver.2.1(片面1層/2層), Ver.3.0(片面3層)[Ver1.0は非対応]
●BD-R Ver.1.1/1.2/1.3(片面1層/2層),Ver.2.0(片面3層/4層),Ver.1.2LTH/1.3LTH(片面1層)
●BD-Video[Blu-ray 3D,BD-LIVE] ●BD-ROM Version 2.4 ●DVD-RAM ●DVD-RW/+RW(ファイナライズ済)
●DVD-R/+R(ファイナライズ済) ●DVD-R DL/+R DL(ファイナライズ済) ●DVD-Video
●音楽CD(CD-DAフォーマット) ●CD-R/RW(CD-DA,JPEG formatted discs)
※カートリッジ付きはディスクをカートリッジから取り出して再生可能。
※他機で記録されたディスクは、記録された機器でファイナライズ必要。
映像記録圧縮方式 MPEG-2(Hybrid VBR)、MPEG-4 AVC/H.264
音声記録再生圧縮方式 MPEG-2 AAC(最大5.1ch記録)、ドルビーデジタル(2ch記録)
受信チャンネル ●地上デジタル放送(CATVパススルー対応)※ワンセグ放送も含む。
●BSデジタル放送 ●110度CSデジタル放送
入出力端子 ●HDMI映像・音声出力: 1系統
アンテナ端子 地上デジタル入出力端子、BS・110度CSデジタル-IF入出力端子
その他端子 ●SDメモリーカードスロット:1系統
●USB端子:後面1系統 ●LAN端子:1系統
消費電力 約16W
待機時消費電力 クイックスタート「切」時
電源ランプ消灯時:約0.15W(※24)
クイックスタート「入」時
電源ランプ点灯時:約4.9W(※25)
電源ランプ消灯時:約3.3W(※26)
外形寸法 幅 430mm
高さ 41.5mm
奥行 189mm
(突起部含まず)
質量 約1.8kg
  1. ※24:クイックスタート「切」/節電待機「モード2」(時計表示消灯)、地上デジタルアッテネーター:入、BS・110度CSデジタルアンテナ電源:切、BS・110度CSデジタルアンテナ出力:切、外部接続端子[LAN、USB]:未接続の場合。
  2. ※25:クイックスタート「入」(標準モード)、HDMI出力解像度:1080i、地上デジタルアッテネーター:入、BS・110度CSデジタルアンテナ電源:切、BS・110度CSデジタルアンテナ出力:切、外部端子接続[LAN、USB、]:未接続の場合。
  3. ※26:クイックスタート「入」(省エネモード)、地上デジタルアッテネーター:入、BS・110度CSデジタルアンテナ電源:切、BS・110度CSデジタルアンテナ出力:切、外部端子接続[LAN、USB]:未接続の場合。

(商標について)
●Apple、Appleのロゴ、iPhone、iPod touch、iTunesは、米国および他の国々で登録されたApple Inc. の商標または登録商標です。●Wi-FiはWi-Fi Allianceの商標です。●その他、本文で記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。なお、本文中ではTM、®マークは一部明記していません。

以上

プレスリリースの内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
プレスリリース検索
パナソニックグループ発表のプレスリリースから検索します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > HDD搭載ハイビジョンブルーレイディスクレコーダー DIGA(ディーガ) DMR-BRT260を発売