パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > 国際モダンホスピタルショウ2012に出展

プレスリリース

2012年7月9日

“つながる、ヘルスケアIT”をテーマに

国際モダンホスピタルショウ2012に出展

医療情報システムを中心に電子カルテからはじまる“連携”を提案

パナソニックグループは、“つながる、ヘルスケアIT”を展示テーマに、7月18日(水)から20日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「国際モダンホスピタルショウ2012」(主催:社団法人 日本病院会、社団法人 日本経営協会)に出展します。
(出展ゾーン:医療情報システムゾーン 東2ホール)

パナソニックグループは、「院内業務支援」「在宅ヘルスケア」「早期診断・治療」の3つを重点分野に、ヘルスケア事業に取り組んでいます。同展示会では、ブースを「病院」、「診療所」、「保健薬局/健診機関」、「医療映像」の4つのゾーンに分け、「院内業務支援」のソリューションを中心に展示します。ヘルスケア関連商品の「つながり」と、医療現場トータルでの業務効率化や医療の質向上を実現する医療情報システムを提案します。

【パナソニックグループの主な展示概要】

●病院ゾーン
薬剤部門の「診察・処方」「処方・鑑査」「内服薬調剤」「注射調剤」など各業務フェーズでの業務効率化とヒューマンエラー低減を実現する、ITとロボット技術を組み合わせた「薬剤業務支援ロボットソリューション」を提案します。
また、病院用電子カルテとレセプトコンピュータ、外来患者呼出システムの連携による、病院の各セクションにおける業務効率化と患者様へのサービス向上を提案します。
<出展内容>病院用電子カルテシステム、一包化薬鑑査支援ロボットシステム他

●診療所ゾーン
医用画像保管システムと一体化した電子カルテシステムを紹介します。また、電子カルテシステムと院外の検査センターとの検体データの共有や、地域医療連携ネットワークサービス「ID-LINK」との処方データの共有による、業務効率向上とより良い医療サービスを提案します。
<出展内容>医用画像保管システム一体化電子カルテシステム「Medicom-HR II」他

●保険薬局/健診機関ゾーン
保険薬局での質の高い服薬指導を実現する電子薬歴システムや、医療健診機関での保険指導をサポートするシステムを提案します。
<出展内容>保健薬局用電子薬歴システム、特定保健指導支援システム他

●医療映像ゾーン
術野での映像を保管、配信する仕組みなど、術野の映像ソリューションをご提案します。
<出展内容>3D内視鏡 手術映像情報システム、術野・術場映像情報システム他

パナソニックグループは、今後も総力を結集してヘルスケア事業に取り組み、世界中の人々の健やかで心豊かなくらしに貢献してまいります。

【お問い合わせ先】

パナソニック ヘルスケア株式会社 マーケティング本部
TEL:03-5408-7296
URL:http://panasonic.co.jp/hcc/phc/index.html

【国際モダンホスピタルショウ概要】

主催:社団法人 日本病院会、社団法人 日本経営協会
会期:2012年7月18日(水)〜20日(金)
会場:東京ビッグサイト 東展示棟1・2・3ホール
パナソニックグループ出展ゾーン:医療情報システムゾーン、東2ホール
パナソニックグループ出展テーマ:つながる、ヘルスケアIT
URL:http://www.noma.or.jp/hs/2012/index.html

プレスリリースの内容は発表時のものです。
商品の販売終了や、組織の変更等により、最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。
プレスリリース検索
パナソニックグループ発表のプレスリリースから検索します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > ニュース > プレスリリース > 国際モダンホスピタルショウ2012に出展