パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > 会社情報 > 経営の考え方 > ビジョン > 2013 International CES 津賀社長 オープニングキーノートスピーチ要旨

2013 International CES 津賀社長 オープニングキーノートスピーチ要旨

2013年1月9日

JUST ANNOUNCED!

2013年1月8日(太平洋標準時)、世界最大級のコンシューマーエレクトロニクスショー「2013 International CES」の開催に際し、米国ネバダ州ラスベガスのザ・ベネチアンホテルにて、パナソニック株式会社 社長 津賀一宏がオープニング基調講演を行い、パナソニックのビジョンをお伝えしました。

以下にその概要をご紹介します。

1. ご挨拶 (Opening Remarks)

※はじめに、全米家電協会(CEA)のゲリー・シャピーロ社長兼CEOから津賀社長を紹介。

1979年の入社以来、今では私の責任範囲は幾分広がったが、まず「技術者」としてやってきたことが、私の「視点」や「情熱」の基礎となっている。技術者は合理的で分析的だが、問題解決やアイディアの実用化にあたっては、とても情熱的。実際、多くの技術者が、「より良い世界」をつくることについて、とても深い関心を持っている。

多くの人はパナソニックと聞くと、テレビの「マニュファクチャリングカンパニー」だとイメージする。それも当然で、当社は、ほぼ100年の間、お客様の生活を豊かにするために、「エンジニアリングカンパニー」として非常に幅広い商品をつくってきた。そして、長年に亘り「サスティナビリティ」に貢献してきた当社だからこそ、革新的な「エコ&スマートソリューション」の提供を実現できる。本日は、「より良い世界を」つくるために、世界中で頑張っている多くの社員の努力によって突き動かされている「エコ・エンジニアリングカンパニー」という「パナソニック」をお伝えしたい。

パナソニックの原動力は「人」、すなわち「お客様」。現在、当社は、真の「お客様価値」実現のために、これまで以上に努力しており、2つの不可欠な事に取り組んでいる。1つは、我々のお客様が何を求め、何を必要としているかについて、時にはお客様が当社の商品を購入されるよりもずっと前から、深く耳を傾けること。既に、世界の主要地域に設置している当社の生活研究センターで実践している。もう1つは、お客様が商品を購入した後も、長く続くお客様との関係を構築すること。その実現に向けた様々な、ワクワクするようなサービスをこの後、紹介していく。

パナソニックの描く未来は、一つの商品カテゴリーを遥かに超え、パナソニックの貢献は、リビングルームを遥かに超えて広がっている。当社は、お客様のお役に立てる場として、「住宅空間」「非住宅空間」「モビリティ」「パーソナル」の4つの領域にフォーカスして事業活動を行っている。4つの領域をつなぐのが「人」。「人」が当社のすべての活動の中心であり、お客様がどこにいるときでも、お客様のくらしの価値を高めたい。そのために、ハードウェア単体の販売にとどまらず、ソフトフェアやサービスを含めたトータルソリューションを提供する新しいビジネスモデルを通じ、大きな成長が期待できるBtoB事業を最大化していく。

パナソニックは、世界中のビジネスカスタマーとのコラボレーションにより、自動車や店舗、アビオニクス、エネルギーといった、皆さんがパナソニックを思い浮かべない領域でも、お客様の生活の向上に貢献している。本日は、当社が取り組むBtoBtoCの事例とともに、当社の主要なビジネスカスタマーにも登場いただく。さらに、パナソニックのクラウドサービスが、当社の戦略に果たす重要な役割についてもご紹介する。

パナソニックがつくりたい「より良い世界」とは、お客様が望む「より良い世界」のこと。パナソニックは、お客様が誰であっても、どこにいても、お客様が望む「より良い世界」をつくるために必要な、製品、ソリューション、サービスを提供していく。これからの1時間で、当社のお客様が「より良い世界」のために、実際に何を求め、必要としているか。そして、パナソニックが、それにどう答えようとしているかをお伝えする。

2. Your TV

  • スピーカー:津賀社長、ジョゼフ・テーラー役員
  • ゲスト:ティム・ヴァンダーフック氏(スペシフィックメディア社 共同創始者兼CEO)
  • ビデオメッセージ:キース・ターナー氏(ユニビジョン社 セールス・マーケティング担当プレジデント)

アメリカのテレビ産業は、大きな変化の真っただ中にあり、次の5年で、これまでの25年以上の変化が起こると思われる。お客様はテレビに対し、コンテンツへの簡単なアクセスや、柔軟な選択肢、シンプルで直感的なユーザーエクスペリエンスなど、テレビに、単に画質が美しい以上の多くのものを望んでおり、ありきたりのスクリーンは必要とされていない。

パナソニックの「Your TV」は、パーソナライズ機能とカスタマイズ機能により、放送チャンネルやビデオ・オン・デマンド、スマート検索、ワンタッチで楽しめるソーシャル体験など、新しいサービスをお客様に提供する。また、「Your TV」は、内蔵カメラと顔認証技術により、例えば「マイホームスクリーン」と言うだけで、自分のパーソナルページに切り替えることができる。テレビ体験を自分の好みにパーソナライズし、最新情報と自分の好きなコンテンツに直接アクセスすることができるようにデザインされている。

加えて、お客様への新しい視聴体験の提供と、サービスプロバイダーやコンテンツプロバイダーなどのパートナーと新しいビジネスモデル構築を可能にするため、インターネットを通じた放送コンテンツの配信や様々なスマートデバイスでの視聴、ユーザー毎にカスタマイズされた広告配信等の実現に向けて取り組む。

「Your TV」のコンセプトは、パナソニックの方向性そのもの。ハードウェアメーカーからトータルソリューションやサービスプロバイダーへの事業領域の拡大や、他のグローバルリーダーと連携、さらにはお客様との深く長い関係構築によるお客様価値の提供。こうした取り組みにより、パナソニックの新しい時代が始まる。ただし、お客様のニーズに合わせたAVテクノロジーの開発もこれまでどおり進め、PDPやLCDの開発や、様々な革新的な新製品で業界をリードしていく。

パナソニックは、RGBオール印刷方式により、世界最大サイズ56型の「4K2K 有機ELディスプレイ(OLED)」を開発した。4KとOLEDの2つのTVテクノロジーのシナジーにより、高精細で色鮮やかな画質を実現。また、重さは約12kgと、通常の4Kディスプレイの半分の重さを実現した。当社独自の印刷技術により、競合他社よりも、大きく、より手ごろなパネルをつくることができる。

3. Your Home

  • スピーカー:ジョゼフ・テーラー役員

“サスティナビリティ”は、パナソニックのDNAの重要な要素であり続けている。2012年には、当社の活動指標の一つである、「インターブランド・ベスト・グローバル・グリーン・ブランド」で、前年の10位からさらに順位を上げ、コンシューマーエレクトロニクス業界では最高位の6位にランキングされた。

パナソニックは、創エネ、蓄エネ、省エネ、エネルギーマネジメントを合わせたソリューションを提供している。創エネではソーラーパネルの他にも、燃料電池のように革新的な商品も販売している。蓄電池は海外からも多くの引き合いがあり、米国でも期待している。家電製品やAV機器、LED照明など、省エネ商品について、パナソニックは最優先で開発してきた。SEG(スマートエナジーゲートウェイ)は、さまざまなスマートデバイスを使い、家電製品を家の中や離れたところからコントロールでき、さらに、電力の使用状況をチェックし、どこでどのように節電できるかを教えてくれる。このようなホームエナジーソリューションで培ったノウハウを店舗やコミュニティ等、他の領域にも展開している。

パナソニックの将来においては「エネルギー」と同様に「クラウド」が重要な役割を果たす。クラウドは、機器をつなぐだけでなく、家の中でも外でも、必要なことを予想し、それに応えてくれる。このビジョンを実現するために、パナソニックはいくつかの世界的なIT企業とパートナーシップを結んでおり、IBMとは、クラウドにつながった家電製品の、将来的な事業および技術価値の評価を共同で行うことに合意した。

4. Your Car

  • スピーカー:津賀社長
  • ゲスト:GM フィル・エイブラム チーフ・インフォテイメント・オフィサー
  • ビデオメッセージ:テスラ・モーターズ イーロン・マスク会長兼CEO

パナソニックは、自動車産業界をリードするメーカーとのビジネスを拡大する戦略として、2つの重要な領域にフォーカスしている。1つは、当社の家庭におけるエナジーソリューション技術を活用した、EV等のエコカーへのトータルソリューション展開。もう1つは、“つながる”ホームAVソリューション技術を活用した、コネクティッドカーソリューションの提供。

エコカー向けソリューションでは、バッテリーの他にも、バッテリーをより効率的に使うためのEVのパワーマネジメントシステムと、ハイブリッド車やEVでエアコンを使う際のパワーを減らすヒートマネジメントシステムの、新たに2つのシステムを開発。パナソニックは、電池、電源、熱の3つのシステムをトータルで提供でき、エコカーの航続距離の向上に貢献する。

コネクティッドカーソリューションの事例として、GMと共同で、新たなインフォテイメントシステム「My Link」を開発した。「My Link」では充実したAV・通信・ナビゲーション機能を備える他、車の購入後も、ネットワークを通じてアプリケーションを追加していくことが可能となっている。

5. Your Business

  • スピーカー:ジョゼフ・テーラー役員
  • ビデオメッセージ:ダニエル・ベレフューラック氏(写真家)

当社の新しいタブレットは、4K解像度で広い視野角の20インチディスプレイで、厚さは10.8ミリ以下。ウィンドウズ8に対応しており、驚きの薄さ、軽さ、持ち運びやすさを実現。

店舗向けソリューションでは、AVからエナジーソリューションまで、ビジネスカスタマーのニーズにきめ細かく対応している。例えば、ローソンの環境配慮型店舗の展開に、パナソニックは幅広い製品で貢献し、2006年比でエネルギー使用量の20%減を実現した。さらに2012年には、ローソンの2,000店舗への太陽光パネル展開に向けた納入も開始した。

また、マクドナルド向けにはPOSシステムからモニター、セキュリティカメラ等、幅広いシステム商材を納入している。

6. Your Journey

  • スピーカー:津賀社長
  • ゲスト:スターアライアンスグループ ロブ・ファイフ会長(ニュージーランド航空 前CEO)
  • ビデオメッセージ:ユナイテッド航空 ジム・コンプトン副会長

パナソニックは航空会社275社、5,000機以上の旅客機に、機内エンターテインメントや通信機能を提供。2012年には5億人以上の乗客がそのサービスを体験した。

2013年には、1,600機以上の航空機でブローバンドのインターネットが楽しめるなど、進化した次世代システムを投入する。

当社は、1998年から世界最大の航空会社の一つであるユナイテッド航空との協業を開始。当社の機内エンターテインメントシステムやコミュニケーションシステムを、最新鋭のボーイング787「ドリームライナー」を含む様々な機体に納入している。2013年には、ユナイテッド航空は、パナソニックの最大の「グローバルコミュニケーションスイートカスタマー」となり、世界中の路線で300機以上に最先端ソリューションが導入される予定。

また、当社は、エア・トランス・ワールド(ATW)誌の「エアライン・オブ・ザ・イヤー」を過去3年で2回受賞しているニュージーランド航空ともパートナーシップを構築している。地理特性上、長時間のフライトが多い同社が必要としていたベストな機内エンターテインメントシステムを、パナソニックは迅速に開発・提供し続け、同社の顧客価値向上に貢献してきた。2014年には、これまで以上に低電力で軽量なシステム「eXLite」を納入する。

7. Your Community

  • スピーカー:ジョゼフ・テーラー役員
  • ゲスト:ニュージャージー州ニューアーク市 コリー・ブッカー市長
  • ビデオメッセージ:アビー・ワンバック選手、アレックス・モーガン選手(ロンドンオリンピック 女子サッカー米代表)

パナソニックは、大学の情報キオスクやデジタルサイネージ、レース場のエナジーソリューションなど、あらゆるコミュニティに対しトータルソリューションを提供している。また、TOPスポンサーを務めるオリンピックでは、End-to-Endの放送システムを納入し、25年に亘り感動を伝えてきた。また、USメジャーリーグサッカー(MLS)のスポンサーとして、全米のMLSスタジアムに幅広い総合ソリューションを納入した。日本では、東京スカイツリー®に、LED照明ソリューションを提供したほか、藤沢市で建設を進めている「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン」は、来年には何千人もの人々が暮らす街となる。

今夏、パナソニック ノースアメリカ本社ビルを、セコーカスから、ニュージャージー州ニューアーク市の新社屋に移設する。当社の環境技術や公共交通機関の利用により、CO2排出量をトータルで50%削減する。当社入居スペースは、エネルギーと環境に配慮したデザインの評価制度LEEDプラチナに適合している。また、ニューアーク市には、アイディアセンターを建設する予定。

8. ご挨拶 (Closing Remarks)

1時間に亘りご紹介してきたとおり、地球上の人の数だけ、「より良い世界」のビジョンがある。本日は、当社のビジョンをお伝えし、お客様とともに一歩ずつ「より良い世界」をつくっていくとコミットメントした。

本日の発表は、皆さんにとって予想外で、これまで知っているパナソニックとは異なっていたかもしれない。しかし、目標の達成のために当社に求められる変革と革新の必要性は、かつてないほど大きい。

一方で、パナソニックの基本理念は変わらない。松下幸之助創業者が100年近く前に当社を創業して以来、当社のDNAであり続けている。「物を作る前に人を作る」、「産業報国の精神」、「お客様大事の心」。そして、「エコ&スマートソリューション」で大切なものをよりよくしていくこと。これが今も昔も変わらないパナソニックの姿。パナソニックは、本日ご紹介したことをすべて実践し、「Engineering a better world for you」、すなわち、お客様一人ひとりの求める「より良い世界」の実現に貢献していく。

全編

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > 会社情報 > 経営の考え方 > ビジョン > 2013 International CES 津賀社長 オープニングキーノートスピーチ要旨