Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

日本:NPO/NGOを対象に「組織基盤強化ワークショップ」を京都で開催

20170427 タイトル.jpg2017年4月27日(木)に、きょうとNPOセンター、日本NPOセンターとの共催でNPO/NGOを対象に「組織基盤強化ワークショップ」を開催しました。このワークショップは、「Panasonic NPOサポート ファンド」の公募時期に、組織基盤強化の重要性を理解いただくことを目的に毎年開催しています。

まず最初に、日本NPOセンター 代表理事の早瀬 昇氏より、「組織基盤強化の意味と意義について」と題した基調講演がありました。
早瀬さんからは、「NPOの特徴として参加の機会を提供しながら、他者に意思決定を縛られないという意味の"自立"があること」を説明いただいたうえで、組織基盤強化として特に注目すべき「目標設定」「人的基盤の確立」「財政基盤の確立」「ガバナンス(組織統治体制)の確立」の4つのポイントについて話がありました。

続いて、実際の組織基盤強化の取り組み事例として、2団体が取り組み発表を行いました。

20170427 事例紹介.jpg
1団体目は、NPOサポートファンドで3年間助成をした「みやぎ発達障害サポートネット」です。みやぎ発達障害サポートネットは、宮城県で発達障がいのある人とそのご家族が人格の尊厳を保ち、安心して暮らせる社会づくりに貢献することをミッションに、子ども支援事業や保護者への相談事業などを展開しています。代表理事の相馬潤子さんより、第三者に入ってもらいながら組織診断、組織基盤強化に取り組んだ3年間の取り組みと成果について発表いただきました。

2団体目の発表は、地元の京都で活動をする「グローカル人材開発センター」の専務理事・渉外担当の行元沙弥さんです。グローカル人材開発センターは2013年にグローバルな視点で物事を考える能力を備えつつ、地域経済・社会(ローカル)び持続的な発展に情熱を注ぐ「グローカル」な人材を育成していきたいという想いに共感する組織・人の協力で設立された団体です。内閣府の「社会的インパクト評価実践研修」で作成したロジックモデルを提示いただきながら、この過程が組織基盤強化につながったとの発表がありました。

そして、「ワークショップ」へと進みます。

20170427 ワークの様子.jpg
ワークショップでは組織基盤に関する本質的な課題を意識するきっかけとなるよう、個人ワークとグループワークとで構成されています。
まず最初に自分の組織の組織課題を3つ挙げ、団体の基本情報とともにグループのメンバー間で相互に見せ合い、その課題についての質問事項を書き足していきます。そのうえで、自分の組織や組織課題についての発表や、もらった質問への回答などを一人ずつが発表し、意見交換をしていくことで組織課題の本質的な真因を探っていく体験をしていただきました。

20170427 琴.jpg最後に、Panasonic NPOサポート ファンドの2017年募集事業についての紹介をしました。
環境・子ども分野では、第三者の客観的な視点を取り入れながら実施する「組織診断」「組織基盤強化」の取り組みに助成します。アフリカ分野では、広報基盤強化の取り組みを応援します。

2018年にパナソニックは創業100周年を迎えます。
2018年からPanasonic NPOサポート ファンドも助成テーマを刷新し、より社会課題の解決に貢献できるようプログラムを改定する予定です。ついては、「環境分野」「子ども分野」「アフリカ分野」での新規募集の受付は2017年度が最終年度になります。組織の自己変革に挑戦するNPO/NGOの皆様からの応募をお待ちしています。

▼ご参考
組織基盤強化ワークショップ 2017 ご案内

Panasonic NPOサポート ファンド

日本:スキルを活かしたNPO支援「プロボノ」の2017年度の活動がキックオフ! ~本取組は、2016年度「東京都共助社会づくり社会貢献大賞 特別賞」を受賞しています~

20170426 タイトル.jpg

今年は、初めて「国内プロボノ=Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム」と「新興国プロボノ=Panasonic Innovation Volunteer Team(PIVoT)」の説明会を合同で行いました。説明会当日には今年度のプロボノプログラムに参加を検討している方や、これまでのプロボノ経験者など総勢45名が参加しました。

まず最初に、プロボノの意味や日本での広がり、そして当社がどのように国内プロボノを展開してきたかを担当者から説明。そして具体的な取り組み事例として、2016年度に実施した公益財団法人 箕面市国際交流協会への事業計画立案プロジェクトについて、団体の方とプロボノチームより紹介がありました。 
▼箕面市国際交流協会への中間提案の模様
2017年度の国内プロボノ(関西)では、障がいのあるお子さんとそのご家族が毎日を楽しく過ごせるようサポートしている団体へのパンフレット制作や、障がい者スポーツ団体、熊本の復興支援に取り組む団体を応援する予定です。

20170426 国内.jpg

続いて新興国プロボノについて、担当者よりプログラムの概要や目的、スケジュール、そして具体的に2017年6月から始まるインドでのプロジェクトについて詳細を紹介しました。
新興国プロボノでも実際に経験した社員から、参加した動機や現地での活動内容、気づきなどを写真を交えて披露しました。

20170426 新興国.jpg

説明会の最後には参加者を5つのグループに分け、そこにプロボノ経験者が2名加わり、各人のプロボノ経験や参加希望者からの質問等に応える「リアルトーク」を行いました。参加者は、経験者の方々から自身の体験や苦労、そしてチームでどう克服したのか等の"生"の話に熱心に耳を傾け、参加を前提とした様々な質疑応答が繰り返されている様子が伺えました。

20170426 リアルトーク.jpg

このプロボノの取り組みは、東京都が2016年度に創設した「東京都共助社会づくりを進めるための社会貢献大賞」において特別賞を受賞しています。
本賞は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の成功に向けてボランティアの機運を醸成することを目的に、ボランティア活動に関して継続的・先進的な取り組みを行っている企業・団体を表彰するものです。当社はこれからも、プロボノを通じてオリ・パラのレガシーにつながる団体を積極的に支援してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
2017年度の参加登録の締切りは、新興国プロボノが5月8日(月)、国内プロボノの関西プロジェクトが5月14日(日)です。
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

▼ご参考:
国内プロボノ(Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム)

新興国プロボノ(Panasonic Innovation Volunteer Team(PIVoT))

東京より社会貢献大賞特別賞を受賞

【読み物記事】社員チームが福島の復興に取り組むNPOのウェブサイト再構築を支援

日本:NPOサポートファンド for アフリカ「2016年成果報告会、広報に関する勉強会」開催

2017年1月18日、日本を拠点にアフリカ諸国で活動するNPO/NGOの広報基盤強化を支援するプログラム「Panasonic NPOサポート ファンド for アフリカ」で2016年に助成した4団体がこれまでの成果や今後の取り組みついて共有する報告会をパナソニックセンター東京で開催しました。
その後には博報堂から講師をお招きし、NPO/NGOの広報基盤の強化に向けた勉強会も行いました。

<成果報告をいただきました4団体>
*認定特定非営利活動法人ウォーターエイドジャパン
*一般社団法人コモン・ニジェール
*公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO)
*認定特定非営利活動法人 リボーン・京都

4名の選考委員から講評や意見が寄せられ、その後は選考委員のお一人でもある博報堂の加藤昌治さんによる「既存顧客&見込み顧客とご縁 をつくるコミュニケーション!」と題した広報基盤の強化に向けた勉強会が行われました。

アフリカ諸国の課題解決に取り組むには、より多くの人々に、それぞれが抱えている課題について認識していただくことが重要です。パナソニックは、今後もNPO/NGOの組織基盤の強化に向けた応援を続けていきます。

日本:Panasonic NPOサポート ファンドの贈呈式を開催

20170118 贈呈式タイトル.jpg

環境・子ども・アフリカ諸国で活動するNPO/NGOを応援する助成プログラム「Panasonic NPOサポート ファンド」の贈呈式を、2017年1月18日にパナソニックセンター東京で開催し、助成先の代表など約90名が出席しました。

NPOサポートファンドは、NPO活動が持続的に発展し社会課題の解決促進につながるよう、「スタッフの人材育成」「組織マネジメント力の強化」「広報力の強化」などの組織基盤強化に支援する、ユニークな助成プログラムです。

20170118 贈呈式助成通知書贈呈.jpg今年度は全国98団体から応募いただき、環境分野8団体、子ども分野9団体、アフリカ分野4団体の合計21団体に3,359万円の助成が決定しました。
2001年の設立以来、これまでに329件、約4億50万円の助成をしています。

贈呈式では、環境・子ども・アフリカ分野の各選考委員長より総評があり、パナソニックの竹安役員から助成先団体へ助成通知書が贈呈されました。

20170118 贈呈式選考委員長.jpg

▼環境分野の選考総評

▼子ども分野の選考総評

▼アフリカ分野の選考総評

20170118 贈呈式相馬さん発表1.jpg

その後、3年間の継続助成を終えた認定NPO法人みやぎ発達障害サポートネットの相馬代表理事より、組織診断を経て中期計画を策定し、スタッフを育てながら利用者の期待や信頼に応えてきた成果の発表がありました。

                                        

                                                      

20170118 贈呈式今田さん.jpg最後に日本NPOセンターの今田常務理事より、「NPOの実力が世の中から問われている今、組織基盤強化を通じて活動を発展させ、皆さんが他を牽引する存在になってほしい」と助成先にメッセージが送られ、贈呈式は閉会となりました。

当社はこれからも、NPO/NGOの組織基盤強化支援を通じて、市民活動の持続発展、社会課題の解決促進、社会変革に貢献してまいります。

<関連情報>
▼Panasonic NPOサポート ファンド

▼パナソニックのNPO組織基盤強化支援プログラム

日本:【被災地支援プロボノ】「まちづくりNPO新町なみえ」に最終提案を実施

20170115タイトル.jpg

2017年1月15日に福島県二本松において、「まちづくりNPO新町なみえ」の神長倉理事長にウェブサイトリニューアルの最終提案を行い、更新手続きについてまとめた引継書を納品しました。

これまで「被災地支援プロボノ」としては、2012年に宮城県のNPO「石巻復興支援ネットワーク(やっぺす)」に営業資料の作成をサポートしたのを皮切りに、2013年に岩手県のNPO「サンガいわて」のマーケティング調査、そして2014年、2015年と福島県のNPO 9団体に1泊2日のスタイルでプロボノ支援を実施してきました。そして2016年に取り組んだのが「まちづくりNPO新町なみえ」へのウェブサイト再構築プロジェクトです。

東日本大震災と、それに続いて発生した福島第一原子力発電所の事故により、浪江町は全町避難を強いられ、町の皆さんは全国に離ればなれになってしまっています。

20170115 山崎さん.jpg「まちづくりNPO新町なみえ」は、町民の絆をつなぎとめるための活動や、ふるさとの伝統文化、芸能活動の継承を目的とした活動、ワークショップなどを通して浪江町を想う気持ちを持つ人が夢と希望を持って暮らせるような復興ビジョンを町に対して提言していく活動を行っています。

ホームページやSNS 等を活用して情報発信に取り組まれていますが、ホームページを改善することによって、町の復興に向けた最近の取り組みを見ることができるようにすること、そしてあわせて、新たな寄付者・支援者の獲得につなげることが求められています。

20170115 提案発表.jpgプロボノチームは2016年9月下旬のプロジェクト発足以来、約4ヶ月をかけてウェブサイトの課題、NPOを取り巻くステークホルダーへのヒアリング、サイト構成の概要について取り組んできました。

サイト構成にあたっては、「浪江町のことが分かる」「思いが伝わる」「サイトの更新を楽しむ」をコンセプトに新しいウェブサイトを提案しています。
提案にあたっては、「浪江町への熱い思いを分かりやすく、どう伝えていくかに知恵を絞った」「これからもウェブサイトに思いを乗せて、発信してほしい。そして浪江町の人はもちろんのこと、全国の人に見てほしい」との思いを込めて、各メンバーより発表しました。

20170115 神長倉さん.jpg神長倉理事長からは、
「今まで素人ながらウェブサイトを制作していたが、こうして系統立ててコンセプトなどを考えウェブサイトの構成を構築しているのが、さすがプロだと思った。見る人の目線で作られており、これまではたくさんの伝えたい情報があちこちにちらばっていたので、そこが今までと一番違うと感じた。新しいウェブサイトに恥ずかしくない活動をしていきたい」とのコメントをいただきました。

本プロジェクトの模様は読み物風の記事にまとめて、3月にパナソニックのウェブサイトでご紹介します。

<プロボノメンバーの声>
●キックオフミーティングで神長倉さんと直接お会いでき、熱い思いを直に感じられたのが良かった。ストレートにいろんな質問ができて、こちらも迷うことなくプロジェクトを進めることができた。

●2017年4月の帰還に向け、神長倉理事長の浪江の人々に伝えたい熱い思いに寄り添いながらここまで来ました。これからも思いをのせて、ウェブサイトで発信してほしい。
●今回のプロジェクトでロゴマークを公募したが、浪江町の人々への思いを表したものが数多くあった。伝わっている人には思いが伝わっており、今後ますますウェブサイトが重要になってくる。これからもお手伝いしていきたい。

パナソニックはこれからも被災地の復興に向けて取り組むNPOを、社員のビジネススキルを活かした"プロボノ"で応援してまいります。

20170115 集合写真.jpg

◆関連情報

▼プロボノの取り組みが「東京都共助社会づくりを進めるための社会貢献大賞」で特別賞を受賞

▼Panasonic NPOサポート プロボノ プログラム

▼【被災地支援プロボノ】「プロボノTO ふくしま 2014」~スキルを活かして福島のNPOを応援 パナソニック社員23人が挑んだ一泊二日~

▼【被災地支援プロボノ】パナソニックプロボノチームで「石巻復興支援ネットワーク やっぺす」の営業資料を作成


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > NPO支援 アーカイブ