Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

日本:滋賀県 琵琶湖・西の湖ヨシ刈りボランティア   ~エコリレージャパン連携推進~

ロゴマーク.jpg


201602集合.jpg2016年2月6日(土)、滋賀県近江八幡市安土町下豊浦「西の湖」において、ヨシでびわ湖を守るネットワーク、安土町商工会・東近江水環境自治協議会が主催するヨシ刈りに参加しました。
当日は、ネットワーク登録団体から約200名の参加がありました。

ヨシでびわ湖を守るネットワーク

西の湖は、日本一の湖である琵琶湖の水質浄化や生態系保全などの多様な機能を有しており、2008年10月にラムサール条約に登録された自然豊かな湖です。
※ラムサール条約(特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約)

琵琶湖周辺のヨシ原面積は1953年頃には約260ヘクタールだったものが、1991年頃には約130ヘクタールに半減してしまったそうです。
そのため、県は1992年ヨシ群生落保全条例を定め「守る」「育てる」「活用する」を柱にヨシの再生を図っています。その後、130ヘクタールの面積を維持してきましたが、最近の調査結果では170ヘクタール程まで回復しているようです。 

2016022.png2015年末にパナソニックエコリレージャパンとして、このネットワークに正式登録し、今回が初めての参加となりました。今後も継続参加していきたいと考えています。


2016023.pngエコリレージャパンは、国内の会社、組合、定年退職者OB会が 「ワンパナソニック」となり、地域社会と共に環境保全活動を積極的に行い、持続可能な社会への貢献を目指しています。
その目的を達成するため「森林」「緑地」「水」を中心とした生物多様性、里山保全につながる活動、自然教育活動などを行い、温暖化の防止やライフスタイルを見直す意識啓発に取り組んでいます。エコリレー活動の推進にあたっては、各地域事業場、組合、OB支部が主体的に行い、エコリレージャパン事務局は、特徴ある活動に対し、支援を行っています。

パナソニック エコリレー ジャパン HP

参照ブログ

第 7回エコリレー活動推進者研修会  ~エコリレージャパン主催活動~

ロゴマーク.jpg

2015活動推進研修会1.jpg

2015年11月6日(金)~7日(土)、兵庫県篠山市にある「ユニトピアささやま」において、7回目となるエコリレー活動推進者研修会を開催しました。
研修会では、全国でエコリレー活動の中心を担っている労働組合(労組)や会社関係者、松愛会(OB)の代表者など40人が一同に会し、熱心な議論を繰り広げた。

2015活動推進研修会2.jpgエコリレージャパンは、国内の会社、組合、定年退職者OB会が 「ワンパナソニック」となり、地域社会と共に環境保全活動を積極的に行い、持続可能な社会への貢献を目指しています。
その目的を達成するため「森林」「緑地」「水」を中心とした生物多様性、里山保全につながる活動、自然教育活動などを行い、温暖化の防止やライフスタイルを見直す意識啓発に取り組んでいます。

パナソニック エコリレー ジャパン HP


今回は、エコリレージャパンが発足して、5年目。今一度、「森林」「緑地」「水」をテーマにした活動を受講者に体験していただき、各地域・組織で活かしていただくためのカリキュラムを行いました。2015活動推進研修会4.png2015活動推進研修会5.png

2015活動推進研修会6.png


講義では、特徴ある活動の事例や、先進活動として進めてきた「ユニトピアささやま」での里山再生活動報告などを行い、今後のビジョンについて紹介をした。

 

2015活動研修会7.pngまた、各地区の活動報告では、宮城県岩沼市「緑の防潮堤(千年希望の丘)」植樹活動について、松愛会東北支部より活動事例が生き生きと語られ、行政と連携し、力強く活動されている様子が伝えられた。

2015活動研修会9.png参照ブログ
エコリレー活動の推進にあたっては、各地域事業場、組合、OB支部が主体的に行い、エコリレージャパン事務局は、特徴ある活動に対し、申請があれば、運営委員会で確認し、ボランティア保険加入などの支援を行うこととしている。 


ユニトピアささやま里山再生エリアでの活動の様子
 

《関連サイト》
エコリレージャパン

日本:横浜・鶴見川 鴨居高水敷植生保全活動 ~エコリレージャパン主催活動~

ロゴマーク.jpg

横浜鶴見川2.jpg

                                        体集合写真                 

2015年10月3日(土)、神奈川県横浜市都筑区鴨居にある「鶴見川高水敷」において24回目となる保全活動を開催しました。

この活動は、神奈川県横浜治水事務所と県民が協働で行う植生保全事業に賛同し、NPO法人鶴見川流域ネットワーキングとの連携で2009年から行っています。
 

横浜鶴見川1.jpgパナソニックグループの社員とその家族、定年退職者の会メンバー、NPOの皆さんを含む総勢40名で「オギ」などの在来の貴重植物を保全するため、「アレチウリ」など外来種の抑制を図る草取りとクリーンアップを行いました。横浜鶴見川3.jpg 「アレチウリ」特定外来生物
                   
横浜鶴見川コラージュ.png                                  草刈り作業の様子
 


横浜鶴見川4.jpg                                  クリーンアップ

横浜鶴見川コラージュ2.png                                  子ども達に好評の水生生物調査
 

今後もNPOと連携し、継続していきたいと考えています。

※鶴見川 鴨居高水敷植生保全活動ブログ
※鶴見川流域ネットワーキング(TRネット)

《関連サイト》
エコリレージャパン

日本:大 阪・花博記念公園 鶴見緑地保全活動 ~エコリレージャパン主催活動~

logo1.jpg

大阪・花博記念公園集合.png

2015年9月12日(土)、大阪府大阪市鶴見区にある「花博記念公園 鶴見緑地」で144回目となる保全活動を開催しました。

パナソニックグループの社員とその家族、定年退職者の会メンバー、他企業の皆さんを含む総勢80名で園内の整備作業(草刈りなど)を行いました。



大阪・花博記念公園1図1.png大阪・花博記念公園.png

鶴見緑地公園保全活動ブログ
 
この公園は、パナソニック エコリレー ジャパンの前身組織である「松下グリーンボランティア倶楽部(MGV)」発足の地でもあります。
(平成5年(1993年)11月18日に発足総会をし、記念植樹をしています。)

 

大阪・花博記念公園2.png植樹するだけではなく、少しでも公園管理のお手伝いができればと 翌年平成6年(1994年)から毎年(3~7回)、園内の保全活動を実施継続しています。

大阪・花博記念公園3.jpg 植樹した木は、こんなに大きくなっています。


参考

花博記念公園 鶴見緑地は、大阪市鶴見区に位置する都市公園です。平成2年(1990年)に国際花と緑の博覧会(花の万博)が開催され、会場跡地の広大な敷地内(約126ha) では、花と緑がおりなす豊かな自然を満喫できます。

《関連サイト》
エコリレージャパン
花博記念公園鶴見緑地

日本:京都・美山 かやぶき保存会 茅場保全活動 ~エコリレージャパン連携推進~

logo1.jpg

三洋の森作り1.jpg

2015年8月21日(金)、京都府美山町で「かやぶき保存会」が主催する茅場保全活動に参加しました。

全国各地で草葺民家が消えていった今日、美山町は日本の中でも最も多く草葺民家が残っているといわれています。

三洋の森作り2.jpgこれらの集落は住民にとってかけがいのない故郷の歴史的景観であるということのほか、日本の故郷という意味を背負っている。心の安らぎを求め、失われた日本の原風景を提供する必要がある。保存にあたっては、集落景観の保存と生活の調和、周辺環境と一体となった保全などの必要性を述べ、また、茅葺屋根保存への課題としては、茅場と茅の確保、茅保存庫の設置、茅葺き職人・技術者の確保、手伝いの確保が上げられています。
※伝統的建造物群保存対策調査報告書、美山町・美山町教育委員会(1990)より引用

この地域とパナソニックとの関係は、もともと「三洋の森(森林保全)」の取り組みとして、2007年から地元地域の皆様と共に活動継続してきたことにあります。諸般の事情により、森林保全活動はできなくなったのですが、地元地域の要望もあり、「茅場保全」として継続しています。

※三洋の森づくりワークキャンプ in京都美山の様子
 

具体的な作業内容としては、年3回、12月初旬に茅の刈り取りを行い、4月下旬に収納、7月下旬に草刈りといった作業です。
 

  三洋の森作り3.jpg  三洋の森作り4.jpg    

※茅刈り作業の様子


  三洋の森作り5.jpg  三洋の森作り6.jpg    

※刈り取った茅の収納作業


  三洋の森作り7.jpg 三洋の森作り8.jpg           

※茅に巻きつく草の除去作業


 茅場では、外来植物(セイタカアワダチソウなど)の増加により、確保できる茅の量が減少しているようです。そのような中、茅場の保全活動は、京都府で準絶滅危惧種となっている「カヤネズミ」の保護にもつながることから、生物多様性保全の取り組みとしても、継続して行きたいと考えています。

参考HP
参考ブログ

《関連サイト》
エコリレージャパン


 


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 環境保全 アーカイブ