Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

日本:森村学園 初等部とシンガポール環境チャンピオンの子ども達が国際交流を実施

キッズスクールロゴ.jpgkwn1.jpg

  

20141212森村タイトル.png


12月12日(金)横浜市にある森村学園で、シンガポール「環境チャンピオンインダストリーモジュールプログラムコンテスト」の優勝者(小学生3名・中学生2名 引率者4名)を招き、森村学園初等部 5年生3クラス120名との国際交流会を実施しました。

受入れ校の森村学園初等部の5年生は、KWNプログラムの参加で、文化交流の内容から環境学習のプレゼン、具体的なタイムスケジュールと内容の組み立ても、すべて子ども達が考えました。少ない時間ではありましたがお互いの国の異文化や環境取り組みについて体験や発表を交え充実した交流会となりました。

《動画レポートはコチラから》

20141212森村3.png

201412121森村2.pngシンガポール 「環境チャンピオンインダストリーモジュール」プログラムとは、2010年3月にパナソニックアジアがシンガポール環境庁と共同で小中学生を対象にした新たな体験型の環境教育プログラムの推進を決定。環境庁は従来環境教育プログラムを作成していましたが、初めて当社とコラボレーションし、モノづくりや商品に実際にふれることで、より環境への意識を高め、エコへの行動に結びつけることができる内容へと進化させることができたと評価されました。

その環境チャンピオンとして最優秀に選ばれた小、中学生代表各1チームが日本研修に招待され、日本の小学校と環境アイデアについて交流しています。

20141212森村5.png

■交流会のスケジュール
 13:20~歓迎 よさこい(5年生有志)
       5年生桜組み 初等部紹介
       剣玉に挑戦
       うちわに書道

 14:00~環境学習についての発表
      ・シンガポール(小学校)
      ・シンガポール(中学校)
       ・森村学園 環境プレゼン 2クラス

 16:00 お別れ 
      お別れの歌「星の大地に」 5年生全員
       挨拶

201412121森村4.png

森村学園 初等部 5年桜組担任 榎本先生の感想
異文化の子ども達と交流することは将来世の中に出るときに人材形成の中でも役に立つと思い今回希望をして参加させていただいた。こども達も積極的に企画に加わり、非常に満足しています。 

シンガポール  担当の先生の感想

異文化交流できることは、子ども達にとってよい刺激になっている。「星の大地」の合唱が素晴らしく、楽譜をいただいて帰り、シンガポールでも歌いたい。

《関連サイト》

・キッド・ウィットネス・ニュース日本
・パナソニックキッズスクール
・次世代育成支援
・環境学習

パナソニックキッズスクール冬休みイベント「手づくり乾電池教室」 in 守口 開催

キッズスクールロゴ.jpg

パナソニックエナジーデバイス事業部は冬休みイベントとして12月24日に「手づくり乾電池教室」を開催し、40人の親子に参加いただきました。
今回は初めての試みとして、完成した電池を使って「ろうそくランプ」の組み立てと「虎の子レース」を実施しました。

手づくり乾電池教室&ろうそくランプづくり

電池の正しい使い方について親子対抗でクイズを行った後、オリジナル乾電池づくりに挑戦。電池のしくみや構造を学びながら組み立てました。引き続き、親子で協力しながら、ろうそくランプづくりにもチャレンジ。好きなシールなどで飾りつけをし、豆電球に色を塗って完成させました。点灯式では、さまざまな色の豆電球がクリスマスのイルミネーションのように会場をキレイに照らしました。2015電池教室守口1.png

虎の子レース&エナジーワールド(ショウルーム)見学

虎の子レースでは、トラ型ロボットに手づくり電池教室で作った電池を入れてスピードを競い合い、白熱したレースで盛り上がりました。また「エナジーワールド」では、映像ゲーム(AR)や手回しミニカーレース、パソコンを使ったクイズや電池と力比べをするコーナーなど、楽しく電池について学習いただきました。2015電池教室守口2.png

パナソニックキッズスクール「電池教室&野球教室」 in パナソニック ベースボールスタジアム 開催しました

キッズスクールロゴ.jpg2015野球部ロゴ.gif



2015野球部電池教室集合写真3.png12月25日、パナソニック エナジーデバイス事業部パナソニック野球部は、「電池教室&野球教室」をパナソニック ベースボールスタジアム(枚方市)で開催しました。学校の終業式と重なり来られなかった参加者がいる中、約80名の小学生の球児と父兄・監督・コーチの合計120名に参加して頂きました。

【第1部】 電池教室

第1部、第2部は、室内練習場にて実施しました。

まずは、「何の日?」のクイズからスタート。電池全般をさす「BATTERY」と野球の投手・捕手の「バッテリー」の語源が同じ事から、そのポジション番号「1」・「2」にちなんで12月12日を「バッテリーの日」。漢字の11が「+-(プラス・マイナス)」となることから、11月11日は「電池の日」。このバッテリーつながりの紹介から授業がスタート。
次に、電池の基礎知識をクイズを交えながら学習しいろいろな実験も行いました。続いて世界にたったひとつだけのオリジナル乾電池の製作を体験してもらい沢山の明かりが灯り、大いに盛り上がりました。最後には、じゃんけん大会もあり勝者にはプレゼントが贈られ、参加記念品も手渡されました。2015野球部電池教室1.png

2015野球部電池教室集合写真.png

【第2部】 スピードガン体験

パナソニック野球部の丸尾コーチ、近藤投手、三上捕手の3名が、普段体験できない「スピードガン体験」を実施してくれました。お手本を近藤投手にしていただきそのスピードはなんと143キロ。その速さに追いつけ!追い越せ!と参加者全員でチャレンジし、各学年のトップ賞には記念品が近藤投手から贈られました。参加者の中で一番早かったのは106キロを出した6年生でした。2015野球部電池教室2.png

【第3部】 野球教室

パナソニック野球部の監督・コーチ・スタッフ・選手の豪華メンバーによる野球教室がスタート。まず始めに、奥代監督から挨拶があり、グループに分かれて基本練習を中心に技術指導をやさしく丁寧に受けました。子ども達は始終目を輝かせ、野球のレッスンを受けました。最後には、松元新キャプテンから挨拶があり、引き続き、じゃんけん大会の勝者に記念品をプレゼント。選手から一人ひとりに記念品も手渡されました。
2015野球部電池教室3.png

2015015電池教室集合写真.jpg

参加頂いた生徒さんからは、「両方の教室を体験できて良かった。ためになった」「電池教室で作った電池の明かりが、今日のクリスマスの記念になった」「野球のコツを分かりやすく教えてもらった」「パナソニックの選手のように上手くなりたい」などの感想をいただきました。
今年も全国で試合が実施されます。皆様の熱いご声援をどうぞよろしくお願いいたします。

《関連サイト》

手づくり乾電池教室
オートモーティブ & インダストリアルシステムズ社 -電池分野
パナソニックキッズスクール
パナソニック野球部

日本:エコプロダクツ2014 「Wonderセミナー」で子ども向け環境教育プログラムを実施

キッズスクールロゴ.jpg

2014エコプロ10.png

当社は、12月11日~13日まで東京で開催された「エコプロダクツ2014」へ、「A Better Life, A Better World」をコンセプトに出展を行いました。エコプロダクツ展は、今回で16回目を迎える日本最大級の環境展示会で、今年は約750社の企業や団体が、最先端の環境製品や技術、サービス、環境活動を紹介しました。ビジネス層から一般のお客様、また、学校での見学やファミリー層まで幅広いお客様、約16万人が来場しました。
当社のブースでは、環境商品・技術による、お客様の「より良いくらし」への貢献をアピール。また「Wonderセミナー」では、「商品」「技術」ゾーンの主要展示に関するセミナーを開催。併せて、建築デザイナーや宇宙飛行士の山崎直子氏ら特別講師によるセミナーも実施しました。
CSR・社会文化グループでは、企業市民活動で培ったノウハウを活かし、来場した子どもたちを対象に、楽しみながらエコを学習する環境教育プログラム「エコ・モノ語(がたり)※」と、ハイブリッドカー工作教室を実施。

2014エコプロ11.png「エコ・モノ語」では、事業部門との連携で、電子黒板とタブレットを使った授業を実施し、ICT教育ツールとしても活用できることをPR。子どもたちもタブレットを使いながら、社会課題を解決しながら進化をとげてきた家電製品の歴史や、最新のエコ技術について、楽しく学びました。
2014エコプロ12.pngまた、ハイブリッドカー工作教室では、子どもたちは、太陽光パネルで作った電気と乾電池の力を使い分けて走るペーパークラフトの車の工作を通じて、エネルギーの大切さについて学びました。来場した教育関係者からも、環境・エネルギー教育ツールとしても有効だという声をいただきました。

展示会場には、グローバルに広がる当社の環境活動として、各地で実施している環境教育の実践について、パネルで紹介。あわせて、日本の小学生が考えた環境のことを考えたユニークな冷蔵庫アイデアを紹介しました。


2014エコプロ9.png

※「エコ・モノ語」は、当社オリジナル教材で学校へ提供をはじめて今年で7年目を迎える環境教育プログラムです。内容は、小学5年生の社会科の授業と連動しており、今までのべ2000校、約18万人を超える学校の子どもたちに受講いただいております。

※エコプロダクツ2014 パナソニックブースレポート(動画) 
※エコプロダクツ2014 パナソニックブース見所(Webサイト)


《関連サイト》
パナソニックキッズスクール
ハイブリッドカー工作教室
エコモノ語
次世代育成支援

日本:東北大学 カタールサイエンスキャンパスでLED工作教室を開催しました

キッズスクールロゴ.jpg



2014LED工作教室8.jpg

11月1日、東北大学カタールサイエンスキャンパスで宮城県の小学生を対象に「LED工作教室」を開催しました。

2014LED工作教室1.png2014LED工作教室2.jpgカタールサイエンスキャンパスは、宮城県の小学生、中学生、高校生を対象に、専用施設(東北大学・カタールサイエンスキャンパスホール)で、学校ではできない科学実験体験や世界最先端研究に触れる機会を多数提供するプロジェクトです。

カタールサイエンスキャンパスの詳細はこちら をご参照ください。


2014LED工作教室3.jpg今回、パナソニックモノづくり本部生産技術開発センターと共同研究を行っている東北大学から依頼があり、本「LED工作教室」が実現しました。実際の教室を担当頂いたのは、ES社CSグループの中村さん。



2014LED工作教室4.jpg当日の仙台は朝から雨にも関わらず、午前20人、午後23人と多くの子ども達が集まってくれました。



2014LED工作教室5.jpg教室はまず中村さんによるLEDの説明からスタート、その後具体的にLEDをつかった円筒形のランプを作っていきます。LEDをつける土台づくりに続き、LED選び。6種類のLEDの組み合わせでいろいろな色のランプが作れますが、ここで子ども達の好みが出ます。特に人気なのが青色。先日のノーベル賞の発表も影響したようです。

続いてもっとも難しいランプの枠の組み立て、一緒に参加したお父さんやお母さんに手伝ってもらって、なんとか完成。



2014LED工作教室6.jpgランプの枠が出来たらハートや星形の和紙の貼り付け、ここでもっとも子ども達の個性が出てました。



2014LED工作教室7.jpgその後、全体に和紙を貼り付けて完成。みんなが出来た後に、ホールの明かりを全て消して、中村さんの「3・2・1」の掛け声で点灯式。真っ暗だったホールにランプの光が浮き上がり、とても幻想的な感じで、思わず子ども達からも歓声が上がりました。



2014LED工作教室9.jpgその後、全員集まっての記念写真。

参加した子ども達からは、「かざりつけが自分でできておもしろかった。LEDを自分で選べてよかった。」「いろんな色が光ってきれいだった。自分で作れてよかった。世界に1つのランプが作れた。」「作るのが少しむつかしかったけど、点灯したらきれいでうれしかった。」「また、今度はもっと大きなランプを作りたい。今度は、LED自体をつくりたい。」など、喜びの声が多く寄せられました。

《関連サイト》
パナソニックキッズスクール
LED工作教室
次世代育成支援
カタールサイエンスキャンパス


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 環境教育 アーカイブ