Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

パナマ:ハイブリッドカーワークショップを開催しました

キッズスクールロゴ.jpg



図1.jpg

8/25()にパナソニック セールス ラテンアメリカ社(以下、PLAT)は、パナマにあるパナメリカン・スクールのサイエンス・ウィークに参加し、CSR・社会文化部がグローバルに展開する「パナソニック キッズスクール プログラム」の一環として、ハイブリッドカー・ワークショップを開催しました。
ワークショップの様子をご紹介します。

図2.jpg
ワークショップでは、「創エネ・蓄エネで未来を考える」をテーマに、エコラーニングプログラム(ELP)を実施しました。ワークショップには、4年生から6年生の子供たち110名が参加しました。ワークショップの目的は、新しいエネルギー源として太陽光技術の活用で、限りある天然資源の消費を減らし、環境への負荷を最小限に抑えるといった、環境に優しい行動を通じ、環境を守るよう子供たちに働きかけることです。

このワークショップの責任者である、PLATのモニカ・レオーネさんは、「当社は、企業市民として社会に貢献することが重要であると考えています。製品や責任ある行動を通じて世界中の人々の生活に貢献するとともに、グローバルに環境への負荷を最小化し、天然資源の大切さについて世の中の意識を高めることは、私たちの使命です。重要なのは、自然が与えてくれる資源を大切にし、守ること。そのためには、次世代を担う子供たちに環境保護の大切さと、天然資源を大切に使うよう、啓発することが大切です」と述べています。

図3.jpg

ワークショップで子供たちは、太陽電池とエボルタ乾電池で動くハイブリッドカーの作り方や仕組みを学びました。このプログラムは、エネルギー消費を抑えることの大切さを伝えると同時に、代替資源の利用促進を目的としています。PLATは、ブランドスローガンである「A Better Life, A Better World」をすべての人に届けることをテーマとした環境教育プログラムを通じ、人々の意識を高め、社会に貢献することで、環境に優しい企業というブランドイメージを構築したいと考えています。


<<関連サイト>>
パナソニックキッズスクール

パナソニック AVCネットワークス社会 福岡事業場で 第4回「こども参観日」を実施

参観日終業後の記念写真1.jpg

8月5日、パナソニック AVCネットワークス社の福岡事業場において、仕事と生活の調和「ワーク・ライフ・バランス」を目指した取り組みとなる「こども参観日」を実施しました。

この取り組みは、子供の夏休みにお父さん、お母さんの働く会社、職場を見学することにより、お父さんやお母さんはどんな仕事をしていて、会社や職場では何をしているのかを知ってもらうことを目的にしており、21名の子供たちが参加しました。

「こども参観日」の取り組み内容は以下の通りです。

まずお昼に会社へ来て、お父さん、お母さんが日頃食べている会社食堂で一緒に昼食を食べました。

次に本福岡事業場の責任者(常務役員)からのお話を聞いた後、名刺づくりを行い、会社の代表者との名刺交換を体験しました。

さらに、ショウルームへ移動し、お父さん、お母さん達が製造・販売などで関わっている商品を学びました。また、社屋の見学では最先端のオフィスと屋上の太陽光発電システムなども見学しました。(会社の中に病院があったり、コンビニがあったりすることに、子供たちは驚いていました!)

その後は、お父さん、お母さんの職場見学!

日頃、お父さん、お母さんが一緒に日頃働いている職場で、実施の椅子に座ったり、パソコンに触れたり、お父さん、お母さんの職場の上司や同僚の人たちとも名刺交換をして交流を図りました。

また、現在パナソニックが小学5年生を対象に実施している環境出前授業「エコ・モノ語」の授業も実施しました。ものづくりをしている人たちが、環境についてどんな工夫をして取り組んでいるのかを学び、子供こども達自身も環境のことを考えた商品の使い方や捨て方などを考えました。

最後に終業時間に会社前の芝生でお父さん、お母さんと一緒に記念撮影をし、お父さん、お母さんと一緒に帰宅しました。

今後も、パナソニック AVCネットワークス社 福岡事業場では、ワーク・ライフ。・バランスの取り組みとなる本「こども参観日」の活動を今後も続けていく予定です。

当日参加した子供たちの感想文からの抜粋

・会社で働くお母さんはカッコがいいと思いました。

・こんな大きな会社で働くお父さんは凄いなと思いました。

・お父さんが難しい実験や開発の仕事をやっていることがよく分かりました。

・お父さんは、いろいろな人たちと一緒に協力したりして、便利なものを作ろうとがんばっていることが知れました。

参観日環境授業.jpg

参観日ショウルーム見学.jpg

参観日屋上で太陽光システム.jpg

日本: 2014年度 日本国内での学校教育支援活動レポート ~地域に根ざした活動展開~

2015CSR21.png

パナソニックでは、持続可能な社会の実現のために、「次世代育成支援」を企業市民活動の重要なテーマであると考え、特に日本では、学校向け教育プログラムの提供に力を入れて取り組んでいます。

●パナソニックグループ横断活動「エコ・モノ語(がたり)」

2015CSR22.jpg

次世代育成支援の中核をなしているのが、CSR・社会文化部が推進する「エコ・モノ語」です。
本プログラムは、小学校5年生の社会科単元「工業生産を支える人たち」と連動した環境教育プログラムで、①出前授業、②教材提供の2つのスタイルで学校を 支援しています。

2015CSR23.png

学校への整備が進められている電子黒板やタブレットPCを活用した授業づくりも学校と一緒に研究しています。

2008年からスタートした本活動は、2015年3月で、累計2,000校、約11万人を超える児童が受講。
従業員講師として活動に参画した社員数は、延べ389人になります。

2014年度は376校、25,000人へ実施。製造・販売・修理・ ビジネスサポート部門など様々な部署から70名を超える従業員が講師として参画しました。このように各地の工場や事業場で地域貢献の素材として「エコ・モノ語」が活用され、従業員参加型の企業市民活動として定着しています。

2015CSR24.png

出前授業講師として活動に参画する社員の取り組みは下記の通りです。
授業デビューまでの奮闘を紹介しています!
【動画レポート】エコ・モノ語|先生はパナソニック社員



●社内カンパニーでの活動
商品を実際に製造・販売しているカンパニーでも、それぞれの商材を使った出前授業を展開しています。
2014年度、エコソリューションズ社では、LEDをテーマとした「あかりのエコ 教室」と「エコと太陽光発電教室」を、従業員ボランティア(講師18人、サポート58人)で約200校、14,000人へ実施しました

2015CSR25.png【関連動画】あかりのエコ教室の取り組みについて(藤沢市で実施した授業レポート)

オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社のエナジーデバイス事業部では、電池をテーマとした「出張・遠隔電池教室」を、2014年度は、約90校、7,000人へ実施しました。2015CSR26.png1995年より開始した電池教室は現在、インターネットを利用した遠隔教室も展開。海外との交流授業も実施しています。       


2015年度も4月1日よりプログラム実施校を募集中で、今後もこれらの活動を通じ、次代を担う子ども達の育成をグループ全体で推進してまいります。


学校向けプログラムの概要はこちらから

《関連サイト》

次世代育成支援

日本:日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」パナソニックWonderセミナーにて、「エコラーニングプログラム」・「ハイブリッドカー工作教室」を実施!

ハイブリッドカー工作ロゴ(新).pngELPロゴ.jpg

 

 

 

 

2013年12月12日(木)-14日(土)にて日本最大級の環境展示会「エコプロダクツ2013」が、東京ビックサイトにて3日間開催されました。

パナソニックは、 「A Better Life, A Better world」をテーマに、「より良いくらし」の実現に向けて、環境配慮商品や環境技術をご紹介しました
特設ブース内講演ゾーン「パナソニックWonderセミナー」内において、
12月12日(木)・13日(金)エコラーニングプログラム「未来のエネルギーを考えよう」、14日(土)「ハイブリッドカー工作教室」を実施しました。

 
エコプロ1.jpg
 

エコラーニングプログラム「未来のエネルギーを考えよう」  

12日(木)・13日(金)は、当社の環境教育貢献プログラムの1つである「エコラーニングプログラム」を、
社員が講師となって授業を行いました。合計4回授業を実施し約100名の小・中学生が参加しました。
「未来のエネルギーを考えよう」と題し、身の回りにある家電製品を動かす「電気」をつくり、ためる技術を学び、
環境に配慮した方法で電気をつくることが可能であること、そのエネルギーを賢く使っていくことで地球環境を守ることができること、等を確認しました。
 
参加した子どもたちはエネルギーについてのクイズに答えたり、再生可能エネルギーである太陽光発電について真剣にメモを取っていました。
またブース内の展示パネルではパナソニックがグローバルに環境教育を行っていることを紹介、世界遺産保護や環境を守ることの大切さを学ぶ
世界遺産エコラーニング」や「ソーラーランタン10万台寄贈プログラム」の紹介についても、子どもたちが一生懸命に学ぶ姿が見受けられました。 

 
エコプロ5.jpg
最終日の14日(土)は、「ハイブリッドカー工作教室」 (午前・午後2回)を開催しました。

11月末に初お披露目となった、新型「ハイブリッドカー」が登場。
社員が講師となり小学三年生から中学生までの子どもたちと一緒に、「ハイブリッドカーのしくみ」や「環境に配慮すること」を学んでいきました。
合計2回実施で、約80名の子どもたち・保護者の皆さんにご参加いただきました。
新型ハイブリッドカーは、ソーラーバッテリーとアルカリ乾電池を動力にして動きます。開始前から、参加者の家族連れの長蛇の列ができ、大盛況!
子どもたちは、ワクワクしながら、車の仕組みを学び、楽しく工作を行いました。最後は専用コースで走らせ、喜びの顔があふれておりました。

 
エコプロ9.jpg
 
手伝ってくれるスタッフにどんどん質問しながら、隣のお友達とも仲良く工作しました。外国人のお友達も参加してくれました!
「持ち帰って自分で充電して、おうちで走らせるのが楽しみです」「作り方はわかりやすく面白かったです」とのコメントが寄せられました。
このハイブリッドカー工作教室は、日本、世界中で開催しております。
 
 

ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > ELP アーカイブ