Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

パナマ:ハイブリッドカーワークショップを開催しました

キッズスクールロゴ.jpg



図1.jpg

8/25()にパナソニック セールス ラテンアメリカ社(以下、PLAT)は、パナマにあるパナメリカン・スクールのサイエンス・ウィークに参加し、CSR・社会文化部がグローバルに展開する「パナソニック キッズスクール プログラム」の一環として、ハイブリッドカー・ワークショップを開催しました。
ワークショップの様子をご紹介します。

図2.jpg
ワークショップでは、「創エネ・蓄エネで未来を考える」をテーマに、エコラーニングプログラム(ELP)を実施しました。ワークショップには、4年生から6年生の子供たち110名が参加しました。ワークショップの目的は、新しいエネルギー源として太陽光技術の活用で、限りある天然資源の消費を減らし、環境への負荷を最小限に抑えるといった、環境に優しい行動を通じ、環境を守るよう子供たちに働きかけることです。

このワークショップの責任者である、PLATのモニカ・レオーネさんは、「当社は、企業市民として社会に貢献することが重要であると考えています。製品や責任ある行動を通じて世界中の人々の生活に貢献するとともに、グローバルに環境への負荷を最小化し、天然資源の大切さについて世の中の意識を高めることは、私たちの使命です。重要なのは、自然が与えてくれる資源を大切にし、守ること。そのためには、次世代を担う子供たちに環境保護の大切さと、天然資源を大切に使うよう、啓発することが大切です」と述べています。

図3.jpg

ワークショップで子供たちは、太陽電池とエボルタ乾電池で動くハイブリッドカーの作り方や仕組みを学びました。このプログラムは、エネルギー消費を抑えることの大切さを伝えると同時に、代替資源の利用促進を目的としています。PLATは、ブランドスローガンである「A Better Life, A Better World」をすべての人に届けることをテーマとした環境教育プログラムを通じ、人々の意識を高め、社会に貢献することで、環境に優しい企業というブランドイメージを構築したいと考えています。


<<関連サイト>>
パナソニックキッズスクール

日本:2016年度工場見学を実施しました~パナソニック エコシステムズ㈱ 

キッズスクールロゴ.jpg

201611工場見学会エコシステムズトップ.gif

201611工場見学エコシステム工場見学2.png.jpgパナソニック エコシステムズグループは『人と地球に優しい環境』の実現に向けて「環境技術で社会生活の改善と向上を図り、地球環境と共存できる社会づくりの貢献」に取り組んでいます。

私たちは2012年度から小学校の工場見学を再開し、未来を担う子ども達への環境教育を目的として実施しています。
2016年度は4校345名の小学校3年生の皆さんに来ていただき 私たちの商品とそのモノ作り、環境への取り組みの工夫を紹介しました。

201611工場見学エコシステム1.png

また、再開5年目となる今年は小学生見学受け入れ1,000人達成となるため、その記念として特別に校章をデザインした記念パネルを製造部(プレス板金係)で作成、授与式を行いました。

201611工場見学エコシステム3png.png

      201611工場見学エコシステムズ3.png

 201611工場見学エコシステムズ4.png201611工場見学エコシステムズ5.png

工場の見学が子ども達の記憶に残り、これからの成長に大きく役立って欲しいと考えています。

《関連サイト》
パナソニック エコシステムズ㈱
パナソニックキッズスクール
パナソニックの学び支援

パナマ:子ども達の環境意識を高めるプログラム「エコ絵日記」を開始しました

◆日本:快適な住まいの工夫が学べる出張授業

パナホームでは 20154 月より中部エリアを中心に子どもたちに環境に配慮した快適な住まいやくらし方の工夫を学んでもらうために静岡大学と共同でボードゲーム教材を開発し、小学校56 年生の家庭科の時間を中心に出張授業を実施しています。

2015年度は70校・142コマ(1コマ45分)の実績がありますこの出張授業の特長は授業を行う対象エリアのパナホームの社員が講師を努める地域密着活動と、家づくりのプロとしての知見を盛り込んだゲーム遊びや実験を通して楽しく学ぶことができる内容となっています。

これまでに5,162名の児童が授業を受けており「自分たちができる環境に悪いことをしないようにします」などの気づき教職員からも「住教育や環境教育の知識や教材が少ないのでもっとじっくり時間を掛けて教えて欲しい」などの高評価を得てており、2016年度からは実施エリアの拡大を考えています

2016オリパラ06073.png

◆関連サイト
パナホームの環境教育
パナソニックの次世代育成支援
パナソニックキッズスクール

日本:「エコプロダクツ2015」で、「環境」に関する企業市民活動を紹介 ~ソーラーライト工作教室や無電化地域支援に関するセミナーを実施しました~

キッズスクールロゴ.jpg

2016エコプロタイトル.jpgパナソニックは、12月10日~12日まで、東京ビッグサイトで開催された 「エコプロダクツ2015」へ、「A Better Life, A Better World」を コンセプトに出展しました。エコプロダクツ展は、今回で17回目を迎える日本最大級の環境展示会です。

今年は、「見つけよう! 未来をかえるエコの知恵」をテーマに掲げ、約700社の企業や団体が、最先端の環境製品や技術、サービス、環境活動を紹介し会期3日間を通し、小学生~ビジネス層まで、約16万9000人が入場しました。

当社ブースでは、当社の環境商品・技術による、お客様の「より良いくらし」への貢献をアピールしました。また、ブースでは、3日間を通じ、13テーマ、38回の「Wonderセミナー」を実施。宇宙飛行士の山崎直子氏ら社外の特別講師によるセミナーに加え、社員によるセミナーも開催されました。

CSR・社会文化部からは、無電化地域へあかりを届ける「ソーラーランタン10万台プロジェクトに関するセミナー」を実施。夕方の時間帯にも関わらず、席にすわれないほどの方が参加してくださいました。

また、子ども向けセミナーとして、「ソーラーライト工作教室」や環境教育プログラム「エコ・モノ語(がたり)」を実施しました。いずれも多くの方に参加いただき、体験しながら環境について楽しく学んでいただくことができました。
パナソニックは、これからもグローバルで、またグループ全体で、環境・CSR活動を実施してまいります。

2016エコプロ4.png

2016エコプロ2.png2016エコプロ3.png《関連サイト》
パナソニックキッズスクール
ハイブリッドカー工作教室
エコモノ語
次世代育成支援


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 環境教育 アーカイブ