Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

日本:ネパールの学校と初の「遠隔電池教室」を実施~エナジーデバイス事業部

キッズスクールロゴ.jpg

ネパール集合写真.jpgパナソニック エナジーデバイス事業部・PRチームは、7月8日にネパールのBijeshwori Gyan Mandir Sainik Mahavidyalayaの8年生2クラス、80人を対象に遠隔電池教室を実施しました。当日はPRチームの社員が講師となり、現地校との窓口となった河内長野市立千代田小学校の先生に授業内容を通訳いただき授業を進めました。

同校では、これまでにもテレビ会議システムを活用して日本とネパールの学校間の交流授業を実施してきましたが、今回はネパールの生徒達に手づくり乾電池教室を体験してもらうことで科学の楽しさを体験学習し、より関心を向上させたいとの思いからPRチームに遠隔電池教室の要望があり河内長野市立教育メディアセンターの協力を得て実現しました。

河内長野市の小学校では河内長野市立教育メディアセンターが中心となりITを活用した授業が積極的に行われていて、海外の学校との交流授業も年間で100回程度実施しています。PRチームは以前から遠隔授業で河内長野市の教育メディアセンターにご協力いただいている経緯から、海外の小学校との交流授業のプログラムのひとつとして各国の小学校に電池教室を紹介いただいています。

ネパール講師.jpg当日は、冒頭に電池の種類、特長など電池の一般的な知識と会社の概要について紹介した後、専用のキットでオリジナルの乾電池づくりを体験してもらいました。

ネパール子供たち.png途中で質疑応答の時間も設け、生徒達から電池やPanasonicに関する質問などが多数寄せられるなど、電池、日本、Panasonicに対する関心の高さが伺えました。

最後に全員で記念写真を撮り、完成した電池を手にして生徒はとても喜んだ様子で「とても良い経験をさせていただいたPanasonicに感謝します。ありがとうございました」、「本当にありがとう。とても役に立つ内容ばかりでした。またぜひ一緒に学習したいと思います」と電池教室の感想を話してくれました。

なお、当日は現地のマスコミ各社(ネパールテレビ、ラジオネパール、Gorkhapatra、The Rising Nepalなど)が学校を訪れ、遠隔授業の様子を取材していました。

今回、Bijeshwori Gyan Mandir Sainik Mahavidyalayaの遠隔授業が好評に終わったことにより、ネパールの他の学校でもぜひ開催をしてほしいという要望をいただきました。今後は、順次、遠隔授業の実施企画を進めていく予定です。

《関連サイト》

オートモーティブ & インダストリアルシステムズ社 -電池分野

パナソニックキッズスクール

日本:「手づくりLEDネックライト教室」&「手づくり乾電池教室」をパナソニックセンター東京で開催

キッズスクールロゴ.jpg

2014.4タイトルjpg.jpgパナソニック エナジーデバイス事業部ではパナソニックセンター東京の春休みイベントとして、4月1日から3日までの3日間、「手づくりネックライト教室」と「手づくり乾電池教室」をセンター内の有明スタジオで開催しました。

各日3回開催し、総勢約1,312名の親子にご参加いただき、沢山の明かりと笑顔が光った3日間でした。
今回、初めてパナソニックセンター東京EVOLTAくんが登場。会場入り口には昨年12月14日にギネスに認定された「世界最長レール 走破チャレンジ」の特設会場を設置し、さらに盛り上がったイベントとなりました。

―手づくりネックライト教室―
まずは会社の紹介からスタート。電池の紹介の時に、EVOLTAくんが登場し大きな拍手で出迎えられました。興奮のあまり駆け寄ってくる参加者も。次に、ネックライトに使われている「LED」について勉強してから組み立てをしました。組み立てでは、難しい組み立て工程も親子で協力し合いながら乗り越え無事完成しました。最後には、カウントダウンで会場を真っ暗にし、二種類の点灯式をすると会場は大きな歓声と拍手に包まれました。

2014042.png

手づくり乾電池教室
クイズをしながら電池の学習からスタート。次に、電池に貼るオリジナルデザインのラベルの絵をまずは作成。その後には、部品を組み立て世界に一つの乾電池を完成させました。乾電池教室でも、点灯式が行われEVOLTAくんも一緒にカウントダウンに参加してくれ会場は大変盛り上がりました。32014.4.png

―商品展示及び特設展示の様子―
イベント終了後には、ステージやステージ横に展示された電池や応用商品には人だかり。実際に見たり触れたりしていただき興味を持って頂きました。また、デコレーションされたネックライト「DECOネックライト」は、女の子やお母様にとても人気で「私も作ってみます!」という声を沢山いただきました。

また、会場入り口には昨年12月14日にギネスに認定されました「世界最長レール 走破チャレンジ」の特設会場を設置し、実際に使われたプラレールの一部を組み立て展示しチャレンジの様子を映像でご覧いただきました。丁度、このチャレンジに参加してくれた東京都北区立滝野川第七小学校のお友達が教室に来てくれ、自分達がチャレンジした内容の展示に感動していました。

2014044.png

今後、夏休みイベントとして「手づくりネックライト教室」と「手づくり乾電池教室」は、7月から8月にかけて開催する予定です。
(詳細は、今後のHPをご覧ください。)

《関連サイト》

手づくり乾電池教室
エナジーデバイス事業部
パナソニックキッズスクール

EVOLTA関連

日本:パナソニックキッズスクール 電池教室&バレーボール教室 in 小豆島  

キッズスクールロゴ.jpgパンサーズ.jpg

 

 

 

20130927電池教室集合写真.pngエナジーデバイス事業部パナソニック パンサーズは、9月21日、香川県小豆郡土庄町の教育委員会とタイアップし、「電池教室&バレーボール教室」を土庄町総合体育館で開催しました。これは、小学生を対象に"科学体験教室、スポーツ教室を開催する事で、青少年の健全育成とスポーツ振興、発展を図る事を目的に!"と、教育委員会から要請があり実現し、約80人の皆さんに参加いただきました。

【午前の部】 電池教室
電池の基礎から応用まで、いろいろなクイズや実験をしながら勉強しました。次に、手づくり乾電池づくりに挑戦。作った電池の外側には、「エボルタ&パンサーズロゴ入り」の特別シールを貼り完成させました。今回、特別にパナソニック パンサーズの選手も一緒に参加していただきました。2013927電池教室1.png
【午後の部】 バレーボール教室
コートを3面張った大きな体育館で、まずはランニングからスタート。ボールの扱いからレシーブ・トス・スパイクの技を伝授。最後には、チーム対抗のミニゲームをして楽しい時間を過ごしました。講師を務めるのは、パナソニック パンサーズで香川県出身の山本拓矢選手、深津英臣選手、渡辺奏吾選手。エナジーデバイス事業部の末次和代さんもサポート。

2013927電池教室3.png

《関連サイト》
手作り乾電池教室
エナジーデバイス事業部
パナソニックキッズスクール

パナソニックパンサーズ

日本:パナソニックキッズスクール 夏休み「手づくり電池教室&そろばん教室」 in 守口 開催報告!

パナソニック エナジーデバイス事業部では 7月24日にエナジーホールで、「手づくり電池教室&そろばん教室」を開催、50名の親子に参加していただきました。

―そろばん教室―
パナソニック珠算部の大内監督(AVCネットワークス社)が特別講師となり、1玉と5玉の使い方、足し算、引き算の基礎練習からスタートし、みとり算やかけ算の競技問題に親子でチャンジしました。その後、フラッシュ暗算では10級の検定レベルの問題から7段の問題まで、真剣な表情で取り組み、最後まで勝ち残った優秀者9人には監督から認定書が手渡されました。また監督自らが9ケタの暗算で挑戦者と対戦する場面もあり、会場から大きな拍手がありました。
最後に大内監督から、「珠算を通して、計算が速く正確にできることだけではなく、集中力や脳を鍛えることができました。苦しい練習や検定に失敗することもありますが、困難を乗り越えると自信になりますので何事もあきらめず続けてほしい」と、子どもたちにエールが贈られました。8月電池教室そろばん1.png

―手づくり電池教室―
電池の正しい使い方や電池の種類について学習をした後、電池づくりに挑戦。電池のしくみを楽しく学びながら、世界に一つだけのオリジナル電池を完成させました。8月電池教室ソロバン2.png

《関連サイト》
手作り乾電池教室
エナジーデバイス事業部
パナソニックキッズスクール
 

日本:パナソニックキッズスクール 夏休み「手づくりLEDネックライト教室」 in 守口 開催報告!

ワンダーパナソニック.png

 

 

 

 

パナソニック エナジーデバイス事業部は 7月25日と8月6日にエナジーホールで、「手づくりLEDネックライト教室」を開催。2日間で56人の親子に参加いただき、ネックライトの組立やオリジナル実験の体験、エナジーワールドの見学をしてもらいました。

―手づくりLEDネックライト教室―
始めに、ネックライトの基幹部品であるLEDの特長について学習した後、ひとつずつ丁寧に作業をしながらLEDネックライトを組み立てました。最後に、好きなシールと参加者の名前、イベントの日付をつけたオリジナルシールをはって完成させました。点灯式では大きな歓声と子どもたちの笑顔があふれていました。8月手作りネックライト1.png

―オリジナル実験&エナジーワールド(ショウルーム)見学―
身近な材料で電気の起こるしくみをレクチャーした後、各自が備長炭を使った実験を実施しました。エナジーワールドでは、パソコンを使ったクイズや電池と力比べをするコーナーにチャレンジし、楽しく電池について学ぶことができました。8月ネックライト教室2.png

 《関連サイト》
手作り乾電池教室
エナジーデバイス事業部
パナソニックキッズスクール


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 手づくり電池教室 アーカイブ