Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

第36回 Panasonic杯 「ちびっ子サッカー大会」 ~コネクティッドソリューションズ社仙台工場~

キッズスクールロゴ.jpg

04.png

7月8日(土)・15日(土)の2週間にわたり、宮城県名取市にあるCNS社仙台工場グランドにて、地元の小学生を対象とした「第36回 ちびっ子サッカー大会」を開催しました。

仙台工場は1974年4月に設立し、1982年に第1回ちびっ子サッカー大会を始めて以来、サッカーを通じて、地域少年の健全な育成・交流、地域貢献活動の一環として「夢を広げる」という趣旨のもとに、名取市教育委員会や名取市サッカー協会のご支援をいただき、PCNS労働組合東北支部、仙台工場、仙台工場サッカー部が一体となり運営しています。

今回は高学年14チーム・低学年14チーム・計28チームで、選手300名とそのご父兄含め地域の方々約1,000名以上の方々が参加されました。

梅雨の真っただ中、大会前にサッカー部は雨の合間でのグランド整備を行っていたが、大会当日の2日間は快晴。太陽が照りつけ、非常に暑い中、子供達は元気にプレー、雨は降ることなく、準決勝・決勝が実施出来ました。

02.png

03.png

大会中は子供達の元気な声に加え、チームお揃いのTシャツを着用したお母様方の歓声や指導される声が大きく響き渡っていたのがとても印象的だった。

子供達は優勝を目指し、日頃の練習の成果を大いに発揮し、声を出し合い、一生懸命にボールを追い掛けていた。
今年はPK戦になるなど、熱戦が続いた。

04.png

結果
・高学年の部  優勝  ゆりが丘FC スポーツ少年団

07.png

・低学年の部  優勝  増田サッカースポーツ少年団

08.png表彰式では金・銀・銅メダルを授与され、嬉しそうな表情の子供達。

閉会式が終わると、突然、名取市サッカー協会 大久理事長がマイクを使い、サッカー部・事務局を前に並ばせ、「大会を開催してくれた仙台工場サッカー部、事務局の皆様に感謝をします」とお話をされ、選手を代表し、高学年優勝チームのゆりが丘FCスポーツ少年団 主将 佐々木颯汰君が御礼の言葉を語ってくれた。

仙台工場サッカー部・事務局とも、子供達が怪我なく無事に大会を終えたことに安堵している中、突然の出来事に感動をし、引き続き、地域との交流を深め、少しでも地域復興に役立つ様、地域社会貢献活動を行っていこうと思った。

日本:パナソニックオープン2017をレポートしました~KWNキッズレポート 桐朋女子中学校~

パナソニックオープンロゴ2.jpg      KWN+キッズスクールpng.png             

    A17R3076.jpgthumb2.jpg

2016年、3年ぶりに復活したゴルフトーナメント「パナソニックオープン」。
2017年大会は、「ゴルフを、もっと『オープン』に。」をコンセプトに、パナソニックオープン初の試みとなる「ザ・ギャラリーホール」を新設し、楽しさいっぱいの大会にパワーアップしました。
今回は、パナソニックの映像制作支援プログラム「キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)」に参加してくれている東京都調布市の桐朋女子中学校の子どもたちがレポートしてくれました。

■KWNキッズレポーター 東京都調布市 桐朋女子中学校 放送部 2年生4名
■パナソニックオープン2017/2017年4月20日~23日 千葉カントリークラブ・梅郷コース
■パナソニックオープンレディース/2017年4月19日~21日 千葉カントリークラブ・野田コース

朝からとても良いお天気。桐朋女子中学校生4人のレポートが始まりました。

先ずは大会の運営担当者のインタビューからスタート。朝も早いし・・・緊張して声も小さく・・・みんなどきどき。
でも撮影スタッフからやさしく声をかけられインタビューが始まりました。

インタビュー1.jpg今回のレポートには桐朋女子の皆さんのアイディアが満載。
レポートは生まれたてのゴルフボールとの出会いから始まり、生徒達とゴルフの勉強をしながら一人前のボールに成長していく・・そんなストーリーになっています。


ボール.png

映像で出てくるゴルフボールはお手製、そして声優も彼女達が演じていますよ。
2017年大会は、「ゴルフを、もっと『オープン』に。」をコンセプトに。
パナソニックオープン初の試みとなる「ザ・ギャラリーホール」でも応援してくださった皆さんにも自分たちから声をかけてどんどんインタビューしました。
インタビューするほうもされるほうもとても楽しそうでした。


インタビュー6.jpg インタビュー7.jpg

インタビュー3.jpg インタビュー8.jpg

インタビューを重ねるたびに、テンポも良くなりどんどん話が展開していく様になってきました!
さすが放送部のみなさん!!

そしていよいよ選手へのインタビューとゴルフ体験。
インタビューに応えて下さるのは 市原プロとキャディの井野さんです。

最初はちょっとドキドキ・・・・でも2人ともやさしい。
キャディの井野さんからは選手が落ち込んだときのアドバイス方法等を聞いてみました。  

   DCIM3136.JPG DCIM3133.JPG

最後は記念写真。「初」のゴルフ体験は番組で是非ご覧ください。プロの教え方が上手?でみんな凄く飛びましたよ!
 DCIM3142.JPG

桐朋女子中学校のみなさん。レポートお疲れ様でした!
今回のキッズレポートの模様はこちらからご覧いただけます。

■パナソニックオープン2017キッズレポート

《生徒さんの感想》
・実際にマイクを持ち、プロにインタビューすることができたのがとても印象的でした。一方、相手に伝える難しさについても考えさせられました。私は今まであまりインタビューをしたことがなかったため、かなり緊張しており、案の定、相手の顔を見ずにマイクを向けてしまいました。これからの課題です。

・撮り直しになった際、しっかり理由を確認し、それを声に出しているのは、撮られている人が緊張しないようにする配慮なのかなと思いました。カメラを2台使って全体と個人を分けて撮影する際、ひいて撮る人、近づいて撮る人とカメラマンで仕分けしているのも、勉強になりました。二人で同じような映像にならないようにする工夫だと思います。全体とアップの映像があると、編集した際に見ている人に伝わりやすいのだろうと思いました。

【今野副校長先生の感想】
お世話になりました。生徒にとって、よい経験になったと思います。今回の4名にとって、このような仕事をやらせていただくのは初めてだったので、なかなか皆様のイメージどおりには動かなかったと思いますが、我慢していただいたと感謝しております。映像が公開されるのを楽しみにしております。ありがとうございました。

《関連サイト》

パナソニックキッズスクール

キッド・ウィットネス・ニュース

パナソニックオープン

《過去のKWNキッズレポート~パナソニックオープン》

パナソニックオープン2016~森村学園

日本:パナソニックキッズスクール「 Wonders!スポーツチャレンジ!2016」を市立吹田サッカースタジアムで開催

logo.jpg

01.png

今年もガンバ大阪主催による 「パナソニックキッズスクール Wonders! スポーツチャレンジ!2016」が開催されました。このイベントは、パナソニックの企業スポーツである、バレーボール(パンサーズ)、ラグビー(ワイルドナイツ)、野球部、アメリカンフットボール(インパルス)、サッカー(ガンバ大阪)の5種目を体験することを通じ、スポーツとふれあうことができるイベントです。
当日は天候に恵まれ、選手と子どもたちは、ガンバ大阪の本拠地である、市立吹田サッカースタジアムにて、目一杯スポーツを楽しみました!

◇日程・場所:2016年8月6日(土) 13:00~16:00/市立吹田サッカースタジアム
◇参加人数:親子 208名
◇主  催:株式会社ガンバ大阪
◇協  賛:パナソニック株式会社 ブランドコミュニケーション本部

02.png

そして今回のチャンネルパナソニックは、パナソニックの映像制作プログラム「キッド・ウィットネス・ニュース」に参加してくれた、熊本県人吉市立中原第二小学校のOB生徒3名が、番組レポートに挑戦してくれました!
3人とも暑い中、元気にレポートしてくれました。

03.png

スポーツチャレンジイベントは13:00からスタート。参加してくれる、たくさんの子どもたちがピッチに集まりました。実際に試合が行われるピッチに入ってみて、どうだったかな?

04.png

はじめに、今回のイベントの参加選手が紹介されました。
参加チームは、バレーボール(パンサーズ)、ラグビー(ワイルドナイツ)、野球部、アメリカンフットボール(インパルス)、サッカー(ガンバ大阪)の5チームです。子どもたちは大きな拍手を送っていました。

また、会場には、ガンバ大阪のマスコットキャラクター、ガンバボーイと、パナソニックキッズスクールキャラクター、ぴっくすが登場しました。続いて、チャレンジ前の準備運動として、ワイルドナイツの選手が中心となり、みんなでラジオ体操をしました。

05.png

さぁ、いよいよ種目別に分かれて順番に競技を体験します。人吉市立第二中学校の皆さんのレポートもスタートです!

06.png

バレーボールコーナーでは、子どもたちはバレーボール選手達の背の高さにビックリ!!
トスやアタックを教えてもらいました。上手くできたかな?

blog_07.jpg

野球コーナーではキャッチボールをしたり、投げたボールをスピードガンで計測をしたりしました。
バッティングもみなさん楽しんでいましたよ。

08.png

アメリカンフットボールコーナーでは、ドーナツ型の障害物と選手にぶつからないよう、みんな一生懸命走りました!

09.png

ラグビ―コーナーでは、スタージャンプの『キラキラ』という大きな掛け声がピッチに響きました。
パスやタックルの練習もうまく出来たかな?

10.png

サッカーコーナーでは、ドリブルの後、みんなでミニゲームをしました。本番前のピッチでボールを蹴ってみてどうだったかな?気分はプロのサッカー選手ですね!

11.png

さて、楽しい体験の時間もあっという間に過ぎ、閉会式です。
『どのスポーツが楽しかった?』という質問には、みんな積極的に挙手をして答えてくれました!
選手たちも、とても嬉しそうに子どもたちの話を聞いていました。

そして、最後にサプライズが・・・なんと、モニターにガンバ大阪ユース監督の宮本恒靖さんからのコメント映像が映し出されました。これには、会場にいた保護者のみなさんも驚いた様子。みなさん真剣にモニターを見つめていました。今回のイベントでは、スポーツの楽しさや素晴らしさを、たっぷりと感じていただけたのではないでしょうか。
みなさん、暑い中ほんとにお疲れさまでした!

12.png

人吉市立第二中学校のキッズレポーター3名は吹田サッカースタジアムの紹介はもちろん、各チームの選手や参加してくれた子どもたちにもインタビューをしてくれました。

13.png

この模様はチャンネルパナソニックで公開しております。みなさま、どうぞご覧ください!

<<キッズレポートはこちらから>>


≪キッズレポーターの感想≫

カメラの前に立つと、緊張で覚えていたはずのセリフが全部とんでしまい、頭が真っ白になる体験をしました。
選手へのインタビューでは、緊張で噛んでしまいましたが、皆さん優しく答えてくれたので嬉しかったです。インタビューで印象に残っている答えは、アメリカンフットボールの選手に、「何を食べたらそんなに大きくなりますか?」と質問した時の「米。僕は一日に五合食べる。」という答えです。また、パンサーズの山内選手にマイクを向けた時、改めてバレーボールの選手は本当に背が高いなぁと思いました。

プロの選手に教えていただいたので、各スポーツの面白さがとてもよく分かりました。
一流のプロスポーツ選手は、種目は違っても、考え方や行動など、共通しているところが沢山ありました。
今回のレポートでは、全体を通して大変貴重な経験ができ、忘れられない思い出になりました。

《関連サイト》

パナソニックキッズスクール

キッド・ウィットネス・ニュース

ガンバ大阪

パナソニックパンサーズ

パナソニックワイルドナイツ

パナソニック野球部

パナソニックインパルス

日本:第35回 Panasonic杯 「ちびっ子サッカー大会」 を開催~AVC社仙台工場

キッズスクールロゴ.jpg

2015ちびっ子サッカー大会6.jpg

7月9日(土)・16日(土)の2週間にわたり、AVC社仙台工場グランドにて、地元の小学生を対象とした「ちびっ子サッカー大会」を開催しました。

仙台工場は1974年4月に設立、1982年に第1回ちびっ子サッカー大会を始めて以来、サッカーを通じて、地域少年の健全な育成・交流、地域貢献活動の一環として「夢を広げる」という趣旨のもとに、仙台工場のある宮城県名取市の教育委員会や名取市サッカー協会のご支援をいただき、PAVC労働組合仙台支部、仙台工場が一体となり運営。今年で35回目のちびっ子サッカー大会開催となりました。

  2016サッカー大会木谷工場長.png 2016サッカー大会仙台支部挨拶.png

2016サッカー大会選手宣誓.png今年は昨年より参加チームが増え、30チーム 306名の選手に加え、ご家族含め地域の方約1,000名以上が参加。

2016サッカー大会元気にプレー2.png大会初日は雨の中で開会式がスタート、グランド状態も悪い中、選手は泥だらけになりながらも必死にサッカーに取組み元気にプレー。

2016サッカー大会決勝.png大会二日目は天気にも恵まれ、準決勝、決勝を実施。日頃の練習の成果を大いに発揮し、決勝戦では高学年・低学年とも延長戦となる大接戦でした。

今年の結果
・高学年の部  優勝  閖上サッカースポーツ少年団
・低学年の部  優勝  増田Aチーム

2016サッカー大会授与.png2016サッカー大会優勝校png.png高学年優勝の閖上サッカースポーツ少年団の地元閖上地区は、5年前の東日本大震災で壊滅的な被害となった地区で、小学校も津波被害にあい、既に解体されている。現在、子供達は名取市内の別々の小学校に通いながらも、平日夜や休日に集まり練習を行い、今回13年ぶりの優勝を勝ち取りました。

名取市サッカー協会会長や理事長をはじめ、各チーム責任者からは
・35回継続し開催していることへ深く感謝します。
様々なサッカー大会はあるが、1,000名以上が集まる盛大な大会はPanasonic杯だけ。
・高学年、低学年と分かれており、低学年(特に1・2年生)が試合に出場出来る唯一の大会。
・メダルを授与してくれるのもPanasonic杯だけ。子供達はメダル獲得に向け、一生懸命練習に励んでいる―などのコメントをいただきました。
メダルは毎年、本社CSR社会文化部より提供いただいています。

また、35年継続し開催出来ているのも、終業後のグランド整備から開会式・閉会式準備・運営、試合中は全試合審判を務めるなど、仙台工場サッカー部の皆さまのお力添えを頂いております。

今後も引き続き、地域との交流を深め、少しでも地域復興に役立つ様、地域社会貢献活動を行ってまいります。

ノルウェイ:"選手目線でユースオリンピックをシェア" ~2016年リレハンメル・ユースオリンピックでのパナソニックの活動~

201604中田1.png

2016年2月12日~2月21日までノルウェーのリレハンメルで開催されていたユースオリンピックで、パナソニックはOlympic Broadcasting Service(OBS)と協力して、大会で活躍する若いアスリートたちにウェアラブルカメラとハンドヘルドカメラを提供しました。

ユースオリンピックは、IOCのジャック・ロゲ前会長が2007年のIOC総会にて提言しはじまった、14歳から18歳までのアスリートを対象とした国際競技大会です。ユースオリンピックの理想は、スポーツ・文化・教育が一体となったイベントを実現すること、文化・教育プログラムは、競技会と同等の重要な要素をもっているということです。

今回のリレハンメル大会では、7競技、70種目が実施され、71カ国から、約 1,100人の選手と、約3,000人のボランティアが参加しました。また、同会場では、「Learn&Share」と呼ばれる文化・教育プログラムが開催され、6つの教育テーマに基づいたアクティビティが実施されました。

201604中田2.png当社は、「表現方法(Your Stories)」のブースで、自社のカメラを活用しショートムービーを作成するプログラムを提供しました。大会で活躍する若いアスリートたちにウェアラブルカメラとハンドヘルドカメラを提供し、このカメラでアスリートたちは自分の目線で動画を撮りシェアしました。
   

201604中田3.png上記は、カメラの使い方の講習をうけている若いアスリートです!
43カ国から107人のアスリートが参加し、49本のビデオがエントリーされました。どのようなビデオがエントリーされたかは下記よりご覧いただけます。
OBSサイト

パナソニックは、これからもオリンピックおよびパラリンピックのワールドワイドスポンサーを通じ、オリンピックやパラリンピックのムーブメントに貢献していくと共に、オリンピックやパラリンピックを通じた、若者への教育支援活動を実施し、次世代育成の面でも社会へ貢献していきたいと考えております。


関連リンク:
オリンピックサイト
パナソニックのオリンピックとパラリンピックに関する教育支援活動
Beautiful JAPAN 2020
パナソニックの次世代育成支援活動


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > スポーツ アーカイブ