Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > ハイブリッドカー工作教室 アーカイブ

英語ブログ

パナマ:ハイブリッドカーワークショップを開催しました

キッズスクールロゴ.jpg



図1.jpg

8/25()にパナソニック セールス ラテンアメリカ社(以下、PLAT)は、パナマにあるパナメリカン・スクールのサイエンス・ウィークに参加し、CSR・社会文化部がグローバルに展開する「パナソニック キッズスクール プログラム」の一環として、ハイブリッドカー・ワークショップを開催しました。
ワークショップの様子をご紹介します。

図2.jpg
ワークショップでは、「創エネ・蓄エネで未来を考える」をテーマに、エコラーニングプログラム(ELP)を実施しました。ワークショップには、4年生から6年生の子供たち110名が参加しました。ワークショップの目的は、新しいエネルギー源として太陽光技術の活用で、限りある天然資源の消費を減らし、環境への負荷を最小限に抑えるといった、環境に優しい行動を通じ、環境を守るよう子供たちに働きかけることです。

このワークショップの責任者である、PLATのモニカ・レオーネさんは、「当社は、企業市民として社会に貢献することが重要であると考えています。製品や責任ある行動を通じて世界中の人々の生活に貢献するとともに、グローバルに環境への負荷を最小化し、天然資源の大切さについて世の中の意識を高めることは、私たちの使命です。重要なのは、自然が与えてくれる資源を大切にし、守ること。そのためには、次世代を担う子供たちに環境保護の大切さと、天然資源を大切に使うよう、啓発することが大切です」と述べています。

図3.jpg

ワークショップで子供たちは、太陽電池とエボルタ乾電池で動くハイブリッドカーの作り方や仕組みを学びました。このプログラムは、エネルギー消費を抑えることの大切さを伝えると同時に、代替資源の利用促進を目的としています。PLATは、ブランドスローガンである「A Better Life, A Better World」をすべての人に届けることをテーマとした環境教育プログラムを通じ、人々の意識を高め、社会に貢献することで、環境に優しい企業というブランドイメージを構築したいと考えています。


<<関連サイト>>
パナソニックキッズスクール

東北 大船渡のパナソニックのお店でハイブリッドカー工作教室開催

2015年3月24日 岩手県 大船渡市のパナソニックのお店 古内電器商会でパナソニックキッズスクールの1つ ハイブリッドカー工作教室を開催しました。
イベント全体.jpg
古内電器商会では2011年3月11日以降、被災した町の方々に少しでも明るい気持ちになってもらいたいとの思いで、お店でできるパン作りやフラワーアレンジメントの教室など様々な集いを実施してきました。
今回は春休みの子どもたちにも元気になってもらいたいとのお店の方の熱い思いから企画がスタートしました。
お店ご主人ご夫妻.jpg

当日は午前と午後の2回開催、5歳から13歳までの子どもたち総勢25人が参加してくれました。付き添いのご家族もたくさん来てくださり会場はぎっしり大盛況の工作教室となりました。
小学校低学年の子どもには少し難しい作業もありましたが、みな真剣な表情で1つ1つの作業を丁寧に進めていき、最後には全員の車が走りました。
子どもの表情1.jpg
走行シーン.jpg

自分で作った車がコースを勢い良く走り出すと歓声があがり、子どもたちだけでなく付き添いのお父さん、お母さんにも笑顔が広がりました。

3月下旬でしたが、外は雪の降る寒い一日でしたが、お店の中は春爛漫、楽しいひと時を過ごすことができました。

パナソニックのお店のサイトでもその時の様子が詳しく紹介されています。是非ご覧下さい。
パナソニックキッズスクール×東北のパナソニックの店

日本:エコプロダクツ2014 「Wonderセミナー」で子ども向け環境教育プログラムを実施

キッズスクールロゴ.jpg

2014エコプロ10.png

当社は、12月11日~13日まで東京で開催された「エコプロダクツ2014」へ、「A Better Life, A Better World」をコンセプトに出展を行いました。エコプロダクツ展は、今回で16回目を迎える日本最大級の環境展示会で、今年は約750社の企業や団体が、最先端の環境製品や技術、サービス、環境活動を紹介しました。ビジネス層から一般のお客様、また、学校での見学やファミリー層まで幅広いお客様、約16万人が来場しました。
当社のブースでは、環境商品・技術による、お客様の「より良いくらし」への貢献をアピール。また「Wonderセミナー」では、「商品」「技術」ゾーンの主要展示に関するセミナーを開催。併せて、建築デザイナーや宇宙飛行士の山崎直子氏ら特別講師によるセミナーも実施しました。
CSR・社会文化グループでは、企業市民活動で培ったノウハウを活かし、来場した子どもたちを対象に、楽しみながらエコを学習する環境教育プログラム「エコ・モノ語(がたり)※」と、ハイブリッドカー工作教室を実施。

2014エコプロ11.png「エコ・モノ語」では、事業部門との連携で、電子黒板とタブレットを使った授業を実施し、ICT教育ツールとしても活用できることをPR。子どもたちもタブレットを使いながら、社会課題を解決しながら進化をとげてきた家電製品の歴史や、最新のエコ技術について、楽しく学びました。
2014エコプロ12.pngまた、ハイブリッドカー工作教室では、子どもたちは、太陽光パネルで作った電気と乾電池の力を使い分けて走るペーパークラフトの車の工作を通じて、エネルギーの大切さについて学びました。来場した教育関係者からも、環境・エネルギー教育ツールとしても有効だという声をいただきました。

展示会場には、グローバルに広がる当社の環境活動として、各地で実施している環境教育の実践について、パネルで紹介。あわせて、日本の小学生が考えた環境のことを考えたユニークな冷蔵庫アイデアを紹介しました。


2014エコプロ9.png

※「エコ・モノ語」は、当社オリジナル教材で学校へ提供をはじめて今年で7年目を迎える環境教育プログラムです。内容は、小学5年生の社会科の授業と連動しており、今までのべ2000校、約18万人を超える学校の子どもたちに受講いただいております。

※エコプロダクツ2014 パナソニックブースレポート(動画) 
※エコプロダクツ2014 パナソニックブース見所(Webサイト)


《関連サイト》
パナソニックキッズスクール
ハイブリッドカー工作教室
エコモノ語
次世代育成支援

日本:JICA地球ひろばで「ハイブリッドカー工作教室」を実施

キッズスクールロゴ.jpg

2014JAICトップ.jpg

7/19(土)から8/31(日)まで、JICA地球ひろば「ソーラーランタン10万台プロジェクト」を紹介しています。

本プロジェクトは、当社が創業100周年を迎える2018年までに、無電化人口の多いアジア、アフリカ等の新興国・途上国を対象にソーラーランタンを寄贈し、社会生活の改善と向上を目指す取り組みです。

展示の関連イベントとして、子どもたちを対象とした「ハイブリッドカー工作教室 手づくりハイブリッドカーを走らせよう!」(8/1)や、セミナー「ソーラーランタン-無電化地域への挑戦-」(8/21)を開催しました。

【ハイブリッドカー工作教室】
小学校高学年のお子さんを対象に、作りながら、省エネやエコについても楽しく学び、平らな道ではソーラーバッテリー、上り坂では乾電池を使って走らせることができるという優れモノ。
参加の子どもたちは、一生懸命作りました!

車検2.jpg        工作中2.jpg

【関連サイト】

福岡市アイランドシティで、パナソニックキッズスクール ハイブリッドカー工作教室を開催

キッズスクールロゴとマーク.jpg福岡HVcar 走行シーン.png
パナソニックシステムネットワークス株式会社(以下PSN)は2014年7月19日福岡県福岡市にあるアイランドシティにて地元の子ども達を対象にしたハイブリッドカー工作教室を開催しました。このイベントは、PSN福岡の事業・人材強化センターの地域貢献事業の一環として、アイランドシティの地域イベント「まちの学校」の中で開催。また当日のイベント運営・工作補助は、PSN福岡の社員7名がボランティアで行いました。
福岡HVcar イベント会場.png 

会場となったUDCIC

パナソニックキッズスクールが提供しているハイブリッドカー工作教室は、オリジナルのハイブリッドカーを手作りしながら環境やエコについて楽しく学べるコンテンツで、完成したハイブリッドカーは、平らな道では太陽電池、上り坂では乾電池を使って走ります。
イベントの主催者であるUDCIC(アイランドシティ・アーバンデザインセンター)はアイランドシティにおける「公」「民」「学」連携でのまちづくり拠点として活動しており、PSN福岡 事業・人材強化センターでは地域貢献事業の一環としてアイランドシティでの街づくりへの支援活動を続けています。


福岡HVcar 会場入り口.png

「まちの学校」入り口

「まちの学校」は、地域やまちに関わる様々なの方々が、互いに特技や趣味を生かして学び合い、助け合える「お互い様」の関係づくりを目的としたイベントで、定期的に開催されています。
この趣旨がパナソニックキッズスクールが掲げる次世代育成支援活動の理念とマッチしたことで、ハイブリッドカー工作教室初の福岡での開催が実現しました。

福岡HVcar 工作教室様子1.jpg
今回の「まちの学校 夏の登校日」では、夏の大自由研究をテーマに様々な体験教室が開催されましたが、その中でハイブリッドカー工作教室は事前予約だけで定員に達し、当日キャンセル待ちが出るほど注目プログラムとなっていました。夏休み初日ということもあり、小さい子どもの参加者も多かったですが、工作補助スタッフや保護者の手を借りながら、約1時間半の工作時間にも関わらず、最後まで集中して取組んでいました。

福岡HVcar 走行の様子.jpg
全員のキットが完成した後、専用コースでの試走会を開催。子ども達からは、自分の作ったハイブリッドカーが動いたときの歓声や、坂道で太陽電池から乾電池へと自動で切り替わる仕組みへの驚きの声で大いに盛り上がりました。
参加者からは「自分で全部作れてとても楽しかった」「完成したハイブリッドカーが思っていた以上にすごいものだった」など感想がありました。また実施したスタッフは「担当した全員が初めて携わるイベントだったが、子ども達の楽しそうな笑顔が見れて良かった」と引き続き地域貢献事業に取組んでいく意気込みを語っていました。

関連サイト:

UDCIC(アイランドシティ・アーバンデザインセンター) ※イベント主催

イベント情報(まちの学校_夏の登校日)

パナソニックキッズスクール

ハイブリッドカー工作教室


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > ハイブリッドカー工作教室 アーカイブ