Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > きっと わらえる 2021 アーカイブ

英語ブログ

第17回 復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」~熊本県嘉島町立嘉島中学校~

復興支援プログラムバナー.png






       

震災で被災した子ども達を対象とした復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」を、216()に熊本県嘉島町立嘉島中学校で実施しました。「きっと わらえる 2021」は、こども達の映像制作支援プログラム「キッド・ウィットネス・ニュース」のノウハウを活用し、映像制作を通じて子ども達に笑顔と元気を取り戻してもらおうとするプログラムです。今回の「夢を叶える授業」では、リオデジャネイロオリンピックパフォーマンスなどの経歴をもつジャンプロープの黒野寛馬氏によるパフォーマンスと講演が行われました。当日の様子をご紹介します。

◇ 日程 : 2018年2月16日(金)8:50~16:05 
◇ 場所 : 熊本県嘉島町立嘉島中学校
◇ 参加人数 :中学校3年生 89名
◇ スタッフ :【特別授業講師】黒野寛馬
       【ダブルダッチパフォーマー】J-TRAP(小田原俊介・安藤雄介・赤塚大輔)Natsu(本田菜津美)
       【パナソニック】喜納・前田・品川・山田・熊沢
       【撮影講師】今井・鈴木 他 (敬称略)

2016414日、416日に起きた熊本地震から1年と10カ月がたちました。今回は嘉島町立嘉島中学校にて、復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」を開催しました。
嘉島中学校のある嘉島町は、熊本県上益城郡にあり、郷百選に選定されるほど豊富な湧き水に恵まれた町です。人口は約9,000人、熊本地震では約700棟の建物が全半壊しました。プログラムを実施した嘉島中学校も震災当時は、校舎や体育館に被害が出ていました。

嘉島中学校開会の様子.png

8時50分、体育館には、嘉島中学校の生徒、取材に駆けつけて下さったメディア各社が集まってくださいました。初めに、パナソニック喜納より開会の挨拶をし、プログラムがスタートしました。
各クラスで撮影に臨みました。今回撮影したのは、「今つたえたいこと」と10年後の自分へ向けた「未来へのメッセージ」の2本です。

嘉島中学校撮影の様子.png

最初は緊張しながらも徐々にカメラに慣れていく生徒たち。

嘉島中学校撮影の様子2.png

午後の部では、夢を叶える授業を実施しました。特別講師には、リオデジャネイロオリンピックパフォーマンスなどの経歴をもつジャンプロープの黒野寛馬さん。オープニングのパフォーマンスに驚く生徒たち。それもそのはず、午前の撮影体験では、スタッフに扮し生徒たちと触れ合っていました。パフォーマンスとても素晴らしかったですね!授業では自身の体験から夢を叶えるために必要なことなどお話いただきました。全員でダブルダッチの体験も行いました。

嘉島中学校夢を叶える授業.pngさて、プログラムもいよいよ終盤です。撮影した「今、伝えたいこと」の上映会が行われました。


上映が始まると、生徒たちは、スクリーンに映る友人や自分の姿を、恥ずかしそうに、時折笑顔で、見つめていました。映像を通し「熊本地震」を忘れないことを改めて確認していました。

嘉島中学校上映会の様子.png上映会を終え、10年後の自分に向けた「未来へのメッセージ」が収録されたSDカード入りの「映像タイムカプセル」の進呈式が行われました。特別授業講師の黒野寛馬さんより、嘉島中学校の代表生徒へ進呈されました。是非、10年後に皆さんで集まって映像を楽しんでくださいね!

閉会後、全員で記念撮影をしました。

嘉島中学校集合写真.JPG

先生方からの感想
生徒達は震災について「忘れたい」という気持ちが強くあったと思うが、この撮影を通し、震災について見つめ直し、支援してくださった方々への感謝を忘れてはいけないと考えることができたと思う。「今、つたえたいこと」は、被災した当事者だからこそのメッセージ性のあるものになっていた。卒業まであと20日をきり、将来についてまだ漠然とした考えしかない生徒が多数だったと思うが、黒野さんの授業を通して具体的に目指すもの、夢を考え、それが見つかった生徒もいたのではないかと思う。また、ダブルダッチの体験では、普段おとなしい生徒達が全員一丸となって楽しそうにしていたことが印象的だった。

関連サイト

「きっと わらえる 2021」

パナソニックキッズスクール

キッド・ウィットネス・ニュース日本

復興応援「チャリティー・リレーマラソン東京2017」に今年も連携!

キッズスクールロゴ.jpg

きっとわらえる新ロゴ.jpg

01.png

公益社団法人日本フィランソロピー協会が主催する被災地のために行動する中学生を応援しよう!復興支援「チャリティー・リレーマラソン東京2017パナソニックの復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」が連携し、被災地の現状と参加者の思いをテーマにメッセージ映像にまとめ、東京でサポートしてくれる子ども達に届けました。

参加者・実施日:いわき市立平第三中学校(福島)2017年6月21日(水)
        東北学院中学校(宮城)2017年6月22日(木)
        高森町立高森東学園中学校(熊本)2017年6月27日(火)
        御船町立御船中学校(熊本)2017年6月28日(水)  
        大崎市立古川中学校(宮城)2017年6月28日(水)
        高森町立高森中学校(熊本)2017年7月3日(月)
        大船渡市立日頃市中学校(岩手) 2017年7月5日(水)
スタッフ:KWN映像講師1名、事務局担当1名

今回は、チャリティー・リレーマラソン東京2017に参加が決まっている東北と熊本の7校が参加した、各地での映像ワークショップや撮影体験の様子をご紹介します。

いわき市立平第三中学校
02.png

まずは621日に実施したいわき市立平第三中学校の撮影の様子です。撮影に28が参加してくれました

【東北学院中学校】
03.png

続いて、 6月22日に実施した東北学院中学校での撮影の様子です。撮影には4名が参加してくれました。

高森町立高森東学園中学校
04.png

627実施した高森東学園中学校の撮影の様子をご紹介。撮影には6名が参加してくれました。

【御船町立御船中学校】
05.pngこちらは、 6月28日に実施した御船中学校の撮影の様子です。撮影には6名が参加してくれました。

大崎市立古川中学校
06.png続いて6月28日に実施した古川中学校での撮影の様子です。撮影には9名が参加してくれました。

【高森町立高森中学校】
07.pngこちらは、7月3日に実施した高森町立高森中学校の撮影の様子です。撮影には6名が参加してくれました。

【大船渡市立日頃市中学校】
08.pngこちらは、 7月5日に実施した大船渡市立日頃市中学校の撮影の様子です。撮影には7名が参加してくれました。

東北・熊本の参加校(7)で撮影された生徒達のメッセージ映像はコチラ


7月16日(日)復興へ向けた思いを一つにした東京と被災地の中学生約100名が襷をつなぎながらチャリティー・リレーマラソン東京2017で、都内(日比谷~国会議事堂~浅草~豊洲)を一緒に走り、復興をアピールしました。

《関連サイト》
きっと わらえる 2021
フィランソロピー協会
チャリティー・リレー・マラソン東京2016

パナソニックキッズスクール

キッド・ウィットネス・ニュース日本

第16回東北復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」~岩手県大船渡市立吉浜中学校で開催~part2

キッズスクールロゴ.jpgきっとわらえる新ロゴ.jpg







東日本大震災で被災した子ども達を対象とした東北復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」を、3月10日(金)に岩手県大船渡市立吉浜中学校で実施しました。
「きっと わらえる
2021」は、こども達の映像制作支援プログラム「キッド・ウィットネス・ニュース」のノウハウを活用し、映像制作を通じて子ども達に笑顔と元気を取り戻してもらおうとするプログラムです。
今回は、一般財団法人 CLASSIC FOR JAPANのプロジェクトである「TSUNAMI ヴァイオリン」とのコラボレーション特別プログラムの様子をご紹介します。
作家の新井満さんにご協力いただき「千の風になって」の演奏も当日披露されました。

◇ 日程 : 2017310(金)13301600 
◇ 場所 : 岩手県大船渡市立吉浜
中学校
◇ 参加人数 : 全校生徒
30(1年生10名、2年生10名、3年生10)
スタッフ 【TSUNAMI ヴァイオリン関係者中澤宗幸、中澤きみ子、中澤創太、山形明朗、山本賢秀
        【パナソニック関係者】福田、乾、大島、藤井、斎藤
        【全体管理・事務局担当】熊沢、横尾
        【チャンネルパナソニックキッズレポート関係者】今井、鈴木、増田、荒木
        【まるわかりガイドブック取材関係者】室井、四宮            (敬称略)
◇その他:メディア各社
                                            

y3.png

東日本大震災から明日で6年を迎えようとしていた2017年310()

岩手県大船渡市にある、大船渡市立吉浜中学校の体育館では「きっと わらえる 2021」×「TSUNAMI ヴァイオリン」とのコラボレーションプログラムの準備が進められていました。
グラウンドでは、今回のプログラムをレポートしてくれるキッズレポーターの3年生4名が撮影を行っていました。

今回は、一般財団法人 CLASSIC FOR JAPANより、ヴァイオリンドクターの中澤宗幸さん、ヴァイオリニストの中澤きみ子さん、中澤創太さん、ピアニストの山形明朗さんをお招きし、講演会・演奏会、そして224()に1、2年生で撮影を行った「今、つたえたいこと」の上映会が行われます。

y4.png13時30分、体育館には、吉浜中学校の全校生徒、メディア各社が集まってくださいました。
初めに、吉浜中学校の副校長である阿部哲也先生よりご挨拶をいただき、続いてパナソニック熊沢さんが開会の挨拶をし、プログラムがスタートしました。

y5.png今回、特別授業の講師として弦楽器製作及び修復家、一般財団法人 CLASSIC FOR JAPANの代表理事である、中澤宗幸さんの講演が行われました。「夢を持つことの大切さ~ヴァイオリンを通して~」と題し、TSUNAMI ヴァイオリンが製作された経緯をDVDで鑑賞、ヴァイオリンの構造を実際の部品を用いて説明。奇跡の一本松がTSUNAMI ヴァイオリンの魂柱(表板と裏板を直接つなげる唯一の棒)に使われていることなどお話していただきました。

公演中、興味津々に、そして恐る恐るヴァイオリンに触れていた生徒たちの姿がとても印象的でした。

y6.png

に行われた演奏会では、ヴァイオリニストの中澤きみ子さんが、TSUNAMIァイオリンを生徒たちの目の前で、ヴィヴァルディの四季より「春」第一楽章や、ハーラインの「星に願いを」、新井満さんの「千の風になって」などの親しみのある曲目を実際に演奏してくださいました。

初めて生でヴァイオリンの演奏を聴くという生徒たちが大半で、生徒たちは、迫力に圧倒されながらも真剣にTSUNAMI ヴァイオリンの音色に聴き入っていました。
演奏会の最後には、「花は咲く」をヴァイオリンとピアノの演奏に合わせ、全校生徒で合唱を行いました。

y7.pngさて、プログラムもいよいよ終盤です。続いて、2月24日(金)に1、2年生が撮影した「今、つたえたいこと」の上映会が行われました。


上映が始まると、生徒たちは、スクリーンに映る友人や自分の姿を、時折笑顔で、そして真剣な眼差しで見つめていました。映像を通し「東日本大震災」を決して忘れないこと、先人たちが守り続けてきた教えを未来へ伝えていくことを改めて確認していました。

y8.png

上映会を終え、同じく24日に撮影した10年後の自分に向けた「未来へのメッセージ」が収録されたSDカード入りの「映像タイムカプセル」の進呈式が行われました。
特別授業講師の中澤宗幸さんより、吉浜中学校の代表生徒(道下朱里さん)へ進呈されました。
是非、10年後に皆さんで集まって映像を楽しんで貰いたいですね!

y9.png

続いて、吉浜中学校校長の村上俊明先生よりプログラムの感想をいただきました。
最後に、パナソニック福田部長が閉会の挨拶をし、今回予定していたプログラムは全て終了となりました。

y10.png閉会式の最後には、なんと、スタッフへ生徒さん手書きの大漁旗と、津波演劇のDVDが贈呈されました。
吉浜中学校の皆さん、ありがとうございました!


y11.png閉会後、全員で記念撮影をしました。

《関連サイト》

「きっと わらえる 2021」

パナソニックキッズスクール

キッド・ウィットネス・ニュース日本

CLASSIC FOR JAPAN

第16回東北復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」~岩手県大船渡市立吉浜中学校で開催~part1

キッズスクールロゴ.jpgきっとわらえる新ロゴ.jpg







yoshihama_01.jpg

東日本大震災で被災した子ども達を対象とした東北復興支援プログラム「きっと わらえる 2021」を、224日に岩手県大船渡市立吉浜中学校で実施しました。今回で22校目の開催となりました。「きっと わらえる 2021」は、こども達の映像制作支援プログラム「キッド・ウィットネス・ニュース」のノウハウを活用し、映像制作を通じて子ども達に笑顔と元気を取り戻してもらおうとするプログラムです。撮影は、学年ごとのグループに分かれて行われ、支援に対する「感謝の言葉」や「復興への想い」「故郷への想い」をしっかりメッセージで伝えてくれました。

今回は「TSUNAMI ヴァイオリン」とのコラボレーション特別プログラムのため、映像制作ワークショップのみ行われました。制作した映像は310()に同校体育館にて上映を予定しています。

◇ 日程 : 2017年2月24日(金)10:40~14:00 
◇ 場所 : 岩手県大船渡市立吉浜中学校
◇ 参加人数 : 20名(1年生10名、2年生10名)
◇ スタッフ :【撮影講師】 井手、今井  
        【パナソニック サポートスタッフ】松本、古本 
        【全体管理・事務局担当】熊沢、横尾 【撮影アシスタント】荒木(敬称略)


yoshihama_02.png

1040分に体育館にて、1年生10名、2年生10名とスタッフが対面。子ども達は少し緊張気味です。
まずは、映像講師とサポートするメンバーの紹介をしました。
それぞれのグループに分かれていよいよ本格的な機材を使っての撮影が始まります。今回も「今、つたえたいこと」「未来へのメッセージ」の2本を制作します。両グループ、思い思いの撮影場所へ移動開始です。

yoshihama_03.png

講師の今井さんと2年生グループは、図書室のテラスにて「今、つたえたいこと」の撮影を開始しました。
最初は緊張していたようですが、テイクを重ねるごとに緊張もほぐれ、皆さん良い表情に・・・

yoshihama_04.png

講師の井手さん1年生グループは、校門前にて「今、つたえたいこと」の撮影を開始しました。突然の吹雪で原稿が飛ばされてしまうアクシデントもありました。

yoshihama_05.png続いて、今井さんと2年生グループは「未来へのメッセージ」の撮影へグラウンドへ移動しました。校舎をバックに、一人ひとり未来の自分へメッセージを残していきます。
カメラの前で緊張している友達の表情を和らげようと、みんなで声を出し雰囲気を盛り上げていました。仲の良さが伝わってきました。

yoshihama_06.png

井手さんと1年生グループは「未来へのメッセージ」の撮影のた教室へ移動しました。
将来なりたい職業の服装や、タブレットでの説明などとても個性溢れる演出が見られました。

yoshihama_07.png
午前中の撮影が終了し、給食タイムです。スタッフも生徒たちと一緒に給食をいただきました。
学校のことや地域のこと、たくさんお話を聞かせてくれました。とても楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました。

給食後、「未来へのメッセージ」へ収録する、吉中ソーランを1、2年生全員で披露してくださいました。
息のあった踊りと、力強い太鼓のリズムに圧倒されました。大漁旗の半纏も素敵でした!

閉会の挨拶が行われ、全員で記念撮影を行い、すべてのプログラムが終了となりました。吉浜中学校の皆さん、本当にお疲れ様でした。
3月10日にまたお会いできることをスタッフ一同楽しみにしております!


《関連サイト》

「きっと わらえる 2021」

パナソニックキッズスクール

キッド・ウィットネス・ニュース日本

日本:東北復興応援「チャリティー・リレーマラソン東京2016」にパナソニックの東北復興支援「きっと わらえる 2021」が今年も連携!

2016チャリテーリレーマラソン修正1.png2016チャリティーマラソン2.png2016チャリティーマラソン3.png

 

◆東北参加校(6)で撮影された生徒達の 「今、つたえたいこと」のメッセージ映像はコチラ

復興へ向けた思いを一つにした東京と被災地の中学生約100名が襷をつなぎながら7月17日チャリティー・リレーマラソン東京2016で、都内(日比谷~皇居~銀座~浅草~豊洲~築地)を一緒に走り、東北復興をアピールします。

たくさんの応援をよろしくお願い致します!

《関連サイト》
きっと わらえる 2021
フィランソロピー協会
チャリティー・リレー・マラソン東京2016

パナソニックキッズスクール

キッド・ウィットネス・ニュース日本


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > きっと わらえる 2021 アーカイブ