Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

日本:2018年度社会課題講演会「Social Good Meetup」 震災からの復興~"TSUNAMIヴァイオリンがつなぐ希望への祈り

写真1.jpg5月31日(木)、東京のパナソニック汐留ビルにて社会課題講演会「Social Good Meetup」を開催しました。東京や関東地区で働く社員を中心に、東日本大震災からの復興に関心がある方や音楽に興味がある方々43名が集まりました。

日 時:2018年5月31日(木)
場 所:パナソニック汐留ビル ホール
参加者:43名
講 師:一般財団法人Classic for Japan  代表理事 中澤 宗幸 様
ヴァイオリニスト:式町 水晶(みずき) 様

写真2.jpg写真4.jpg今回のSocial Good Meetupでは、社会課題について関心を持つ社員を増やすことを目的に開催しました。講師には、ヴァイオリンの製作家で、Classic for Japanの代表理事でもある中澤さんをお招きしました。中澤さんは東日本大震災で奇跡的に残った陸前高田の一本松から"TSUNAMI"ヴァイオリンを製作され、東日本大震災を風化させないために、"TSUNAMI"ヴァイオリンを通じて震災の記憶を世界中に語り継いでいく活動をされています。中澤さんからは、"TSUNAMI"ヴァイオリンを製作した想いや、被災地復興に向けて何かをしてあげているのではなく、させていただいているという謙虚な気持ちで行動することが大切である、ということなどをご自身の経験をもとにお話しいただきました。また、皇后さまの前で"TSUNAMI"ヴァイオリンを披露された際のお話や皇后さまからいただいたお言葉も紹介いただきました。その中でも、被災地を忘れないということ自体が被災地の方々にとっては大切な支援になっているというお言葉が特に印象的でした。

写真3.jpg続いては、中澤さんの考えに賛同し、千人の演奏家が"TSUNAMI"ヴァイオリンを引き継いで演奏する「千の音色でつなぐ絆プロジェクト」へ参加されているプロヴァイオリニストの式町さんに生演奏を披露いただきました。式町さんは幼いころに脳性麻痺と診断されながらも、努力を積み重ねられ、現在は被災地の皆さんへの支援の想いで演奏活動を精力的に実施されておられます。式町さんには『You raise me up』など3曲を演奏いただきました。式町さんの演奏から被災地のことを思い出し、涙を流している参加者もいました。演奏後は参加者からの盛大なアンコールがあり、式町さんのご厚意で急遽『花は咲く』も演奏いただきました。

写真5.jpg写真6.jpg
参加者からは、「震災から7年が経過し、忘れかけていた大切なことを思い出す良い機会となった」、「自分に何ができるのかを改めて考えることができた」などの声が寄せられました。

Social Good Meetupでは、引き続き、社会課題を紹介する取組みとして展開していきます。

日本:2017年度社会課題講演会「Social Good Meetup」 デザインの力による伝統産業の振興

Social Good Meetup_デザインの力による伝統産業の振興画像1.JPG

3月7日(水)、大阪京橋のパナソニックタワーにて社会課題講演会「Social Good Meetup」を開催しました。
関西地区で働く社員を中心に、地方の文化や伝統産業などの社会課題に興味がある方々52名が集まりました。

日 時:2018年3月7日(水)
場 所:パナソニックタワー内 会議室
参加者:52名
講 師:株式会社和える 代表取締役 矢島 里佳 氏

株式会社和える 代表取締役 矢島 里佳氏.jpg今回のSocial Good Meetupでは、社会課題について関心を持つ社員を増やすことを目的に開催しました。講師には、日本の伝統や先人の智慧を私たちの暮らしの中で活かし、次世代につなぐことを目指して、日本の伝統産業の技術を用いた赤ちゃん・子供向けの商品の企画・開発・販売に取り組んでおられる(株)和えるの矢島さんをお招きしました。矢島さんからは、働くうえで大切にされている「三方良し」の精神についての考えや、社会の中での文化が果たす役割などをお話頂きました。また、企業を「息子」、従業員を「お兄さん、お姉さん」など家族に例えて呼んでおられたり、小売業でありながらも「モノ」を売るのではなく「伝統を伝える」ことを重視されており、その結果モノを買って頂けているという考え方などが特に印象的でした。

Social Good Meetup_デザインの力による伝統産業の振興画像4.jpgSocial Good Meetup_デザインの力による伝統産業の振興画像3.jpg参加者からは、「社会課題解決型ビジネスの作り込みや考え方に感動した」、「文化的貧困を解決したいと思うようになった」、「地元の伝統工芸品に目を向けてみようと思った」などの声が寄せられました。

Social Good Meetupでは、引き続き、社会課題を紹介する取組みとして展開していきます。

日本:2017年度社会課題講演会「Social Good Meetup」 LGBTから学ぶ多様性社会の実現

Social Good Meetup_LGBT画像1.JPG2月22日(木)、大阪門真のWonder Lab Osakaにて社会課題講演会「Social Good Meetup」を開催しました。
関西地区で働く社員を中心に、個性やダイバーシティなどの社会課題に興味がある方々64名が集まりました。

日 時:2018年2月22日(木)
場 所:パナソニック構内 Wonder Lab Osaka
参加者:64名
講 師:つながりカフェ 代表 阪部 すみと 氏
    日本テレビ放送網株式会社 編成局 谷生 俊美 氏

Social Good Meetup_LGBT画像2.JPG今回のSocial Good Meetupは、LGBTなどの性的マイノリティの方を理解し、アライ(LGBTを理解し、支援する方)になっていただくことを目的に開催しました。講師にはLGBTの方とアライの方を繋ぐコミュニティの代表を務めておられ、ご自身もゲイであることをカミングアウトしておられる阪部さんと、日本テレビでトランスジェンダーであることをカミングアウトし、現在は「完全なる」女性装で勤務をされている谷生さんをお招きしました。阪部さんからは、LGBTとは何かといった基本的なお話や、当事者ならではの経験談、LGBTの方々が直面する課題などをお話しいただきました。谷生さんからは、テレビ局での仕事のお話から、会社内でカミングアウトするに至った経緯や、カミングアウト後の会社生活などについてお話しいただきました。

Social Good Meetup_LGBT画像3.JPGSocial Good Meetup_LGBT画像4.JPG参加者からは、「当事者のお話を聞く貴重な機会だった」、「会社が率先してLGBTの課題に取り組んでいることを知ることが出来て良かった」、「当事者の方の本当の思い聞くことができ、今日からアライになろうと思った」などの声が寄せられました。

Social Good Meetupでは、引き続き、社会課題を紹介する取組みとして展開していきます。

日本:2017年度 社会課題講演会「Social Good Meetup」 地方を再生する新しい教育

Social Good Meetup画像1.JPG2月9日(金)、大阪門真のWonder Lab Osakaにて社会課題講演会「Social Good Meetup」を開催しました。
関西地区で働く社員を中心に、教育や地方創生などの社会課題に興味がある方々38名が集まりました。

日 時:2018年2月9日(金)
場 所:パナソニック構内 Wonder Lab Osaka
参加者:38名
講 師:ハバタク株式会社 代表取締役 丑田 俊輔 氏

Social Good Meetup画像2.jpg今回のSocial Good Meetupでは、社会課題について関心を持つ社員を増やすことを目的に開催しました。講師には、秋田県五城目町をはじめとした地方での新しい教育事業に取り組んでおられるハバタク(株)の丑田さんをお招きしました。ハバタクでは、全国の高校・大学を中心に、海外渡航型研修や起業家教育、ICTを活用した英語学習プログラムを展開したり、地域に根ざした起業家育成プログラム「ドチャベン」や古民家を舞台に都会と田舎をつなぐ「シェアビレッジ」やまちの遊休施設を遊び場化する「ただの遊び場」などを展開しています。今回は、会社を立ち上げた経緯や、ハバタクの地域での活動内容の紹介を実施しました。また、地域住民のボランティアとの連携やクラウドファンディングによる資金調達の仕組みなどについてもお話しいただきました。

Social Good Meetup画像3.jpgSocial Good Meetup画像4.jpg
参加者からは、「通常の業務では聞くことのできない貴重なお話を聞くことができた」、「会社が社会課題を紹介する取組みをしていることを知ることが出来て良かった」、「普段は接することのない方々と社会課題解決という共通のテーマで話をすることができた」などの声が寄せられました。

Social Good Meetupでは、引き続き、社会課題を紹介する取組みとして展開していきます。


日本:2017年度社会課題講演会「Social Good Meetup」 VRを用いた認知症体験会を開催

1-1.jpg

12月18日(月)東京都渋谷区の100BANCHにて社会課題講演会「Social Good Meetup」を開催しました。VRの技術や、認知症や高齢化社会といった社会課題に興味のある方48名がパナソニック社内および社外からも集まりました。

日 時:2017年12月18日(月)                                       場 所:100BANCH                                            参加者:48名(パナソニックグループ社員37名、その他企業にお勤めの方11名)                 講 師:株式会社シルバーウッド 代表取締役 下河原忠道 様

2-1-2.jpg今回のSocial Good Meetupでは、社会課題について関心を持つ社員を増やすことを目的に開催しました。講師には、日本で急速に進行する高齢化社会という課題に取り組まれている(株)シルバーウッドの下河原さんをお招きしました。シルバーウッドでは、サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀」を関東地区で運営しながら、VRを通じて認知症の方が感じる世界を垣間見れる「VR認知症プロジェクト」を大学・官公庁・企業向けに実施しております。今回は、シルバーウッドのサービス付き高齢者向け住宅の取組みについての講演会や、VRを通じて認知症ではない方に認知症の中核症状を自分事として疑似体験できる体験会を実施しました。

IMG_6241.jpg

3-1-1.jpgVR体験会では参加者全員が次の3つのプログラムを体験しました。           ①認知症の方が車から降りる際の恐怖体験                                      ②認知症の方の電車の中での困りごと体験                         ③レビー小体型認知症の方の実際にはないものが見える"幻視"体験                  レビー小体型認知症とは認知症の5人に1人の方が発症しており、生々しい幻視が見えたり、日によって症状に変動があるといった特徴があります。

参加者からは、「認知症について理解していたつもりだったが、まだまだ理解不足だと感じた」、「当事者意識を持って認知症の方と接するようにしたい」など、認知症に対する理解が深まったとの声が寄せられました。

Social Good Meetupでは、引き続き、社会課題を紹介する取組みとして展開していきます。


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 社員参画プログラム アーカイブ