Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > オリンピック・パラリンピック アーカイブ

英語ブログ

日本:Teachers'セミナー実施(7/28)~八千代市教育委員会と連携~

20161003ロゴ.png

        2016野田市1.jpg 

パナソニックでは、2020年東京大会に向け、学校での実施が加速されると考えられているオリンピックおよびパラリンピック教育の動向を見据え、2015年に「オリンピックとパラリンピックを題材とした教育プログラム」を独自開発し、学校への提供を開始しました。

また、2016年度からは、新たに学校での教育活動を支援する「Teacher's セミナー」をスタート。7月28日(木)には、八千代市教育委員会主催「夏季実技研修 総合的な学習の時間講座」を実施しました。

<概要>
研修タイトル: 夏季実技研修「総合的な学習の時間講座」
主 催:八千代市教育委員会
日 時:2016年7月28日(木) 9:00~12:00
場 所:八千代市立萱田小学校
参加者:小学校教諭:23名、 中学校教諭:9名 合計32名

今回の研修では、2名の先生に模擬授業を実施していただきました。研修に参加した先生方が児童・生徒役となって授業を体験していただくことで、プログラム内容の理解を深め、自校での活用方法を検討いただきました。

1. 模擬授業1 プログラム①「大会の意義とそれを支える人々」

みどりが丘小学校の腰地先生による、プログラム①「大会の意義とそれを支える人々」の模擬授業。「東京2020大会にはどんな人たちが関わっているだろう?」をテーマに、各グループでイメージマップを作成しました。選手、開催地、報道など、初めからカテゴリーごとに分けて整理して考えているグループが多く見られました。イメージマップの活用方法について、「まずは、思いついたものをとにかく書き出させる。その後、重なっているものを見つけさせ、カテゴリー化させると、子ども達も考えやすい。」と腰地先生から指導ポイントが伝えられ、その後、「ソチオリンピックの舞台裏」を特集した映像教材の視聴があり、スポンサー企業の存在について理解が深められました。

本プログラムを活用することで『オリンピック、パラリンピックには、何らかの形で多くの人が関わっている』という気づきをスムーズに子ども達に与えられそうだ」と、多くの先生方から強い関心が寄せられました。

2016東京2.png

1. 模擬授業2 プログラム②「多様性と国際理解―おもてなしを考える―」

続いて、萱田小学校の野田先生によるプログラム②「多様性と国際理解―おもてなしを考える―」の模擬授業。「○○国の親善大使が来校する」という設定で、「おもてなしをするために大切なこと」をグループで考えました。どのグループの議論も非常に盛り上がり、「まず相手が何をしたいか聞くことが大切なので、通訳は必須」、「国の特徴や文化から習慣の違いはあるが、人によって価値観が違うということも踏まえたうえで受け入れなければならない」などの意見が挙がりました。また、「その国の人を受け入れたことのある学校にヒアリングをし、おもてなしに向けて情報収集をする。」という意見もあり、学校としてどう迎えるか、その体制について話し合いが深められているグループもありました。さらに、「宗教や文化に違いはあっても、あいさつ・音楽・踊りは共通して分かり合えるものであるため、音楽やダンス披露の場を設定し交流を深めよう」など、様々なおもてなし方法を考えました。

2016野田市2.png

3.教材化検討

最後に、総合的な学習の時間における『オリンピックとパラリンピックを題材とした教育プログラム』の活用方法について、検討が行われました。小学校の養護の先生からは「パラリンピック教育を通して、障がいのある子ども達に『障がいがあることは能力を伸ばすチャンスである』ということを伝えたい」という意見が挙がり、また中学校からは、「職業調べの活動でプログラム①を活用すると、仕事のイメージが子ども達の中で広がり、さらに将来の夢も広がってゆくのではないか」という意見が挙がりました。小学校、中学校それぞれにおいて、異なる専門教科の先生同士で意見を出していくことで、様々な視点から意見が交わされました。

                                 

◆参加された先生方の声 ~2020年に向けて~

模擬授業2の最後には、「東京2020大会をむかえるにあたって自分なりのおもてなしを考えよう」をテーマに、自分が行動する上で大切にしたいことを、ワークシートに書きだしました。

・ボランティアを行いたいというような子どもの育成する
・文化や思想の違いに関係なく、誰に対しても応援できる子どもを育てる
・子ども達の国際理解のスキルを高める
・子ども達の「オリンピックに関わろう」とする意欲を高められるように授業をする
・体育教師として、子ども達のスポーツへの関心を高め、見る側・支える側として関われるように指導をしていく
・オリンピック・パラリンピックを題材としたプログラムを活用し子ども達と一緒に学んでいく
・人との繋がりを大切にする
・オリンピック・パラリンピックに関心を持てる子どもを一人でも多く育てる
・子ども達にオリンピックの意義を伝える
・国際的な日本人を育てる

 2016野田市3.png

最後に、八千代市教育委員の永石指導主事から、「今回の研修は、子ども達の学ぶ意欲を高めるためだけでなく、先生方自身の学ぶ意欲も高まる研修になったのではないかと思います」とのコメントをいただき研修は終了いたしました。今回の研修で、新たに発見したことや、子ども達に学ばせたいと思ったことを、ぜひ今後の授業に活かしていただけたらと思っております。

<関連サイト>
パナソニックのオリンピックとパラリンピックに関する教育支援
動画でわかる「教育プログラム」概要
パナソニックの企業市民活動
パナソニックセンター東京の「オリンピックやパラリンピックに関するイベントj

日本:キッド・ウィットネス・ニュース日本(KWN日本) 高校生向け特別ワークショップ第3回~茨木高等学校~

ブログ用ロゴ.png





ib3_01.png

東京2020オリンピック、パラリンピックに向けて30秒の映像制作を行う、KWN高校生特別ワークショップの3回目を大阪府茨木高等学校にて実施しました
今回は撮影を中心としたワークショップとなりました。
当日の様子をご紹介します。


日 時:10/15(土)13:20~16:30
参加者:大阪府立茨木高等学校 いばらっきーず9名
指導者:入交先生 他1名 
講 師:清野 正久さん

今回のワークショップでは、完成した画コンテを元に、いよいよ撮影に入っていきます!
クランクインはオープニングカットの校門からとなりました。

ib03_02.png

今回、出演交渉は、いばらっきーず全員で行い、スポーツクラブの生徒さんたちが出演してくれることになりました。
撮影中、講師の清野さんより、レフ版の操作方法の指導も行われました。レフ版の操作一つで、映像にメリハリが出ることを学びました。

ib03_03.png

監督は手元のモニターを見ながら、細かな指示を出していました。納得のいくカットが撮れるまで、何度もテイクが続きます。
また、清野さんのアドバイスで、編集作業での後処理を考えた同一ポジション(カメラの位置を変えずに、いくつかのカットを撮影する)の撮影も行われました。
次回のワークショップまで、昼休みや放課後を使い撮影を進めていきます。

寒くなってきましたので、みなさん体調に気を付けて撮影して下さいね!

《関連サイト》
キッド・ウィットネス・ニュース日本
パナソニックキッズスクール

日本:キッド・ウィットネス・ニュース日本(KWN日本) 高校生向け特別ワークショップ第2回~昭和薬科大学附属高等学校~

ブログ用ロゴ.png





o2-1.png

114日、5日に沖縄県昭和薬科大学附属高等学校にて、KWN高校生特別ワークショップ2016の第2回目を実施しました。
今回は撮影する画コンテを決め、構図通りにリハーサル撮影を行いました。
当日のワークショップの様子をご紹介します。

日 時:11/4(金)17:00~19:30
      5(土)13:30~17:00
場 所:沖縄県昭和薬科大学附属高等学校
参加者:同校アート部9名
講 師:吉本 正一さん

今回、特別ワークショップに参加してくれたのは、アート部に在籍している生徒の皆さんです。
4日(金)は、撮影する絵コンテを決めるところからはじまりました。

o2-2.png

アート部のみなさんは、事前に送ってくれ2本の絵コンテと脚本の他に、なんと3本もの絵コンテを完成させていて、どれを撮影するか迷っていました。講師の吉本さんが、生徒さんの話を聞くと、先生やKWN日本事務局に納得してもらえるような作品を作らなければ!というプレッシャーを抱えていることがわかりました。吉本さんから「自分たちが本当に創りたいものを撮影して欲しい。それが結果的に完成品を観る人の心を打つはずだから」とのアドバイスに、アート部の部長さんが、「実は先生にも見せていない、自分たちが一番撮りたいものがあります」と絵コンテを見せてくれました。見せてくれた絵コンテは、オリンピック、パラリンピックをうまく取り入れていたものだった為、この絵コンテでの撮影が決まりました。

o2-3.png

5()は、リハーサルとして、全カットを構図通りに撮影することになりました。
主人公がジャンプをするカットでは、様々な角度、場所、ジャンプの距離などを変え、1時間30分ほど、何度も撮影を行いました。しかし、この日の沖縄の気温は30℃!皆さん疲れが見えはじめ、全てのカットを撮り終えることは叶いませんでした。
そのため室内に移動し、残りの時間で編集作業をすることになりました。
素材をパソコンに取り込み、一度全てを繋げてみることにしました。映像編集の経験がある生徒さんは、ソフトの操作にも慣れていました。とても頼もしいです!

o2-4.png

テスト期間で忙しいにも関わらず、脚本含む5本の絵コンテを作成してくれたアート部のみなさん。とても頑張って取り組んでくれています。このまま作品の完成まで頑張っていきましょう!

《関連サイト》
キッド・ウィットネス・ニュース日本
パナソニックキッズスクール

日本:キッド・ウィットネス・ニュース日本(KWN日本) 高校生向け特別ワークショップ第1回~昭和薬科大学附属高等学校~

ブログ用ロゴ.png






okinawa01.png

1022)沖縄県昭和薬科大学附属高等学校にてKWN高校生特別ワークショップを実施しました。
第1回目となった今回は、撮影する映像のテーマを考え、画コンテについて学びました。当日のワークショップの様子をご紹介します。


日 時:10/22(土)13:30~15:00
場 所:沖縄県昭和薬科大学附属高等学校
参加者:同校アート部9名
指導者:儀間先生
講 師:吉本 正一さん

今回、高校生特別ワークショップに参加してくれたのはアートに在籍している生徒の皆さんです
アート部には、中学生の時KWNに参加してくれた生徒さんも多く在籍しています。

okinawa02.png

はじめに、「2020年 東京オリンピック」をテーマとした30秒の映像を作るにあたり、オリンピックやパラリンピックについて、スライドや映像資料を見ながら学ぶというところからプログラムはスタートしました
まず、撮影する映像のテーマを決めるため、ポストイットにオリンピックとパラリンピックから連想できる言葉や感情、想いなどを自由に書いて貰いました。なんと、この時点でストーリまで組立てた生徒さんがいました!

okinawa03.png

続いて、絵コンテについて講師の吉本さんより説明がありました。
吉本さんが作成した絵コンテや、去年このプログラムに参加してくれた学校の絵コンテと完成した映像を見比べ、絵コンテが映像制作の設計図となることを学びました。

okinawa04.png最後に、撮影について生徒さんから質問がありました。
アート部のみなさんのカメラスキルは非常に高く、オートよりもマニュアル撮影法の解説を行いました。
次回のワークショップまでに絵コンテを作成、可能であれば撮影に入ることを約束し、第1回目のワークショップは終了となりました。

沢山話し合い、素敵な作品にしていきましょう!

《関連サイト》
キッド・ウィットネス・ニュース日本
パナソニックキッズスクール

日本:キッド・ウィットネス・ニュース日本(KWN日本) 高校生向け特別ワークショップ第2回~茨木高等学校~

ブログ用ロゴ.png






ib2_01.png東京2020オリンピックに向けて30秒の映像制作を行う、KWN高校生特別ワークショップ2016の2回目を大阪府立茨木高校にて実施しました。
今回は、テーマからキーワードを抽出し、画コンテを作成しました。当日のワークショップの様子をご紹介します。

日 時:8/26(金)18:30~19:30ib2_02.png
      9/9(金)18:30~20:30
      9/16(金)18:30~20:00
参加者:大阪府立茨木高等学校 いばらっきーず 9名
指導者:入交先生 
講 師:清野 正久さん

ib2_03.png

8/26():テーマの絞込みから構成について、そして画コンテへの落とし込みまでを行いました。前回の映像テーマの抽出から9人のメンバーが3つのグループに分かれ、テーマについてのキーワード抽出い、テーマに沿ってキーワードを分類していくと、3つの構成骨子が出来上がりました。続いて講師の清野さんより、画コンテの書き方を学びました。

ib2_04.png

9/9():グループごとに画コンテが提出されました。作成した生徒たちがレクチャーを行い、躍動感のある作品構想が話されました。3グループの画コンテには共通点が多かったため、3つの絵コンテを1つにまとめるのはどうか?と講師の清野さんからアドバイスを受け、絵コンテをまとめ、仕上げていくことになりました。
続いて、撮影の役割決めを行いました。監督は瀬上さんに決定し、監督を中心とした画コンテの仕上げ作業に取り掛かります。

ib2_05.png9/16(金):1つにまとめた画コンテ全体の流れを監督の瀬上さんが説明していきました。そして、1シーンごとに具体的な映像化について全員で話し合いを行い、作品に出演してもらうクラブの選手や撮影場所を決め、スケジュール表に落とし込んでいきました。出演交渉は、いばらっきーず全員で行います!
撮影までの準備や詳細の確認などは、講師とメールでやり取りを行いながら進めることになりました。

次回はいよいよ撮影です!チームワークを活かして頑張っていきましょう!

《関連サイト》
キッド・ウィットネス・ニュース日本
パナソニックキッズスクール




ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > オリンピック・パラリンピック アーカイブ