Panasonic Corporate Citizenship News
パナソニック企業市民活動ブログ

パナソニックグループの企業市民活動、世界各地の事業場や社員の社会貢献活動リポートをご紹介します。

英語ブログ

日本:2017年度 社会課題講演会「Social Good Meetup」 地方を再生する新しい教育

Social Good Meetup画像1.JPG2月9日(金)、大阪門真のWonder Lab Osakaにて社会課題講演会「Social Good Meetup」を開催しました。
関西地区で働く社員を中心に、教育や地方創生などの社会課題に興味がある方々38名が集まりました。

日 時:2018年2月9日(金)
場 所:パナソニック構内 Wonder Lab Osaka
参加者:38名
講 師:ハバタク株式会社 代表取締役 丑田 俊輔 氏

Social Good Meetup画像2.jpg今回のSocial Good Meetupでは、社会課題について関心を持つ社員を増やすことを目的に開催しました。講師には、秋田県五城目町をはじめとした地方での新しい教育事業に取り組んでおられるハバタク(株)の丑田さんをお招きしました。ハバタクでは、全国の高校・大学を中心に、海外渡航型研修や起業家教育、ICTを活用した英語学習プログラムを展開したり、地域に根ざした起業家育成プログラム「ドチャベン」や古民家を舞台に都会と田舎をつなぐ「シェアビレッジ」やまちの遊休施設を遊び場化する「ただの遊び場」などを展開しています。今回は、会社を立ち上げた経緯や、ハバタクの地域での活動内容の紹介を実施しました。また、地域住民のボランティアとの連携やクラウドファンディングによる資金調達の仕組みなどについてもお話しいただきました。

Social Good Meetup画像3.jpgSocial Good Meetup画像4.jpg
参加者からは、「通常の業務では聞くことのできない貴重なお話を聞くことができた」、「会社が社会課題を紹介する取組みをしていることを知ることが出来て良かった」、「普段は接することのない方々と社会課題解決という共通のテーマで話をすることができた」などの声が寄せられました。

Social Good Meetupでは、引き続き、社会課題を紹介する取組みとして展開していきます。


KWN2017 「Sharing The Dream 2020」~世田谷区1000日前イベント~

オリパラ1.jpg



ブログ用ロゴ.png




東京2020大会1000日前特別授業として、世田谷区立弦巻小学校にて東京2020応援ムービー制作を体験するKWN Sharing The Dream 2020特別ワークショップを実施しました。
今回は、テーマを「オリンピック・パラリンピック応援メッセージ」とし、グループごとに応援する競技を決め、メッセージを収録しました。ワークショップの様子をご紹介します。

日 時:11月27日(月) 08:50~15:20
       28日(火)13:45~15:20
場 所:世田谷区立弦巻小学校
参加者:小学6年生約120名

今回は、世田谷区立弦巻小学校にて、東京2020大会1000日前特別授業として、東京2020応援ムービー制作を体験するKWN Sharing The Dream 2020特別ワークショップを実施しました。
2日間のイベントには世田谷区立弦巻小学校の6年生3クラス約120名が参加。

1日目(27日)は「オリンピック・パラリンピックをみんなでもりあげよう!」をテーマとした授業をパナソニック社員がワークを交えながら実施したのち、各クラスが8班にそれぞれ分かれ、オリンピック選手や国・種目を応援するメッセージを子ども達が収録、映像制作にチャレンジしました。

1000日前イベントの様子(座学).png

当日は文部科学省をはじめスポーツ庁、世田谷区岡田副区長にもご視察をいただき、文部科学省の常盤局長からは「このような形で学校の教育現場を見せてもらうのは初めてであり大変貴重な経験となった。特に2020へ向けて、企業と行政と教育現場が三位一体となって取組んでいる今日のような実態をみて、これこそが文科省が目指している地域や民間が一緒になって支える子どもの教育だと思った」 と感想をいただきました。

1000日前イベントの様子(撮影).png

2日目(28日)は体育館に6年生全員が集まり、前日収録したオリンピックとパラリンピックの選手への応援メッセジを上映しました。会場にはゲストとしてTOKYO2020アスリート委員会から上山容弘さん(北京五輪・ロンドン五輪トランポリン日本代表)が参加し、子ども達と一緒に約15分の作品を鑑賞しました。

1000日前イベントの様子(上映会).png

引き続き交流会が実施され、ゲストの新体操元日本代表の畠山愛理さんが、夢を持ち続けることの大切さの講演と競技を披露し、子ども達は繰り広げられる技の素晴らしさと柔軟性に引き付けられていました。

イベント終了後、 弦巻小学校寺村校長先生から「大変いい企画をいただきありがたい。オリンピック・パラリンピックの授業には積極的に取り組んでいる。児童たちには本当にいい経験となった。撮る側・撮られる側、両方経験できたことが大きい。これは社会の授業ともいえる」― と感想をいただきました。
1000日後の大会開幕に向け、オリンピックとパラリンピックムーブメントを醸成する一助となりました。

世田谷区の公式ホームページでもご紹介いただきました。
http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/106/15561/11566/d00156975.html

※肖像権の関係上画像を修正し掲載しております。


<<関連サイト>>
キッド・ウィットネス・ニュース日本
パナソニックキッズスクール

日本:2017年度社会課題講演会「Social Good Meetup」 VRを用いた認知症体験会を開催

1-1.jpg

12月18日(月)東京都渋谷区の100BANCHにて社会課題講演会「Social Good Meetup」を開催しました。VRの技術や、認知症や高齢化社会といった社会課題に興味のある方48名がパナソニック社内および社外からも集まりました。

日 時:2017年12月18日(月)                                       場 所:100BANCH                                            参加者:48名(パナソニックグループ社員37名、その他企業にお勤めの方11名)                 講 師:株式会社シルバーウッド 代表取締役 下河原忠道 様

2-1-2.jpg今回のSocial Good Meetupでは、社会課題について関心を持つ社員を増やすことを目的に開催しました。講師には、日本で急速に進行する高齢化社会という課題に取り組まれている(株)シルバーウッドの下河原さんをお招きしました。シルバーウッドでは、サービス付き高齢者向け住宅「銀木犀」を関東地区で運営しながら、VRを通じて認知症の方が感じる世界を垣間見れる「VR認知症プロジェクト」を大学・官公庁・企業向けに実施しております。今回は、シルバーウッドのサービス付き高齢者向け住宅の取組みについての講演会や、VRを通じて認知症ではない方に認知症の中核症状を自分事として疑似体験できる体験会を実施しました。

IMG_6241.jpg

3-1-1.jpgVR体験会では参加者全員が次の3つのプログラムを体験しました。           ①認知症の方が車から降りる際の恐怖体験                                      ②認知症の方の電車の中での困りごと体験                         ③レビー小体型認知症の方の実際にはないものが見える"幻視"体験                  レビー小体型認知症とは認知症の5人に1人の方が発症しており、生々しい幻視が見えたり、日によって症状に変動があるといった特徴があります。

参加者からは、「認知症について理解していたつもりだったが、まだまだ理解不足だと感じた」、「当事者意識を持って認知症の方と接するようにしたい」など、認知症に対する理解が深まったとの声が寄せられました。

Social Good Meetupでは、引き続き、社会課題を紹介する取組みとして展開していきます。

日本:東京スカイツリー®「親子でつくろう!クリスマスLEDランタン」に協力企業として参加

キッズスクールロゴ.jpg

スカイツリーLEDランタン教室2017集合写真.jpg

2017年12月9日(土)に東京スカイツリーで「親子でつくろう!クリスマスLEDランタン」が開催され、1日2回、計16組50名の親子が参加しました。このワークショップは、東京スカイツリーのクリスマスイベントの一環として行われ、パナソニックは協力企業として参加しました。

このワークショップは、あかり文化や環境意識を啓発する目的で実施。あかりの歴史やLEDの仕組みについて学んだあと、東京スカイツリーのライティングに使われているパナソニックのLED照明器具を紹介しました。次に、親子で協力しながら、LEDを光源としたランプづくりにもチャレンジ。東京スカイツリー公式キャラクター ソラカラちゃんのシールや、和紙で飾りつけし、個性あふれる作品に仕上がりました。

東京スカイツリーLEDランタン教室2017の様子.png

<参加したお子様の声>
・こんなすごいのをつくると思いませんでした。
・家でも作れたらやってみたい。
・LEDについて学べて楽しかった。
・発光ダイオードの色を調整するときが楽しかったです。
・きれいでびっくりしました。
(※アンケートの一部を抜粋しました。)

パナソニックは、東京スカイツリー®のオフィシャルパートナーです。

《関連サイト》
エコソリューションズ社
あかりの教室 
キッズスクール
学びへの支援

KWNワークショップレポート2017~三重県立松阪高等学校~

ブログ用ロゴ.pngのサムネイル画像






三重県立松阪高等学校ワークショップの様子.png

1209() 三重県松阪市ある三重県立松阪高等学校にて、KWN映像制作ワークショップを実施しました。
ワークショップ当日の様子をご紹介します。

日 時:12/0913001730三重県立松阪高等学校校舎外観.png
場 所:三重県松阪高等学校 情報室
参加者:同校 1年生10名、2年生3名
指導者:斉藤先生

今回は三重県立松阪高等学校にてKWN映像制作ワークショップを実施しました。
ワークショップに参加してくださった生徒さんは大半が1年生でした。
そのためワークショップは、映像の基礎を学ぶ座学からのスタートとなりました。
5W1H(Whyなぜ、Who誰が、What何を、Whenいつ、Whereどこで、Howどうやって)やテーマの選定、カメラのアングル、シナリオの書き方などをスライドを使い説明していきました。
撮影をする上で何が不安?との質問に「カメラの技術面が不安」との声があったので、講師は機材についてレクチャーしていきました。

三重県立松阪高等学校座学の様子.png

ワークショップ後半では、講師から、カットバック方式の説明があり、実際に自分達で映像作りにチャレンジすることになりました。

三重県立松阪高等学校話し合いの様子.png

2年生3名を中心に、3グループに分かれ構成について話合いを行いました。
突然のお題に戸惑いながらも、意見を出し合い撮影する内容を固めていきます。

三重県立松阪高等学校撮影の様子.png

各グループ情報室から移動し、撮影開始です。講師はカメラのアングルなどをレクチャーしていきました。
撮影時間は30分、監督の生徒が的確な指示で撮影を進めます。撮り終えた映像を確認し、急いで情報室へ戻り編集作業に取り掛かります!情報の授業で映像制作を行っているとのことで、編集環境が整っていて、生徒さん方の編集技術はとても高かったです。

三重県立松阪高等学校上映の様子.png

出来た映像を上映し、講評を行いました。1グループと同素材で同時に講師が編集していた作品も上映し、何が違うのか比較も行いました。生徒さん方からは、編集に関する質問も出ていました。
講師は今後もメール等で制作をサポートすることを約束し、ワークショップは終了となりました。

【参加した生徒さんの感想】
かなり勉強になりました。今まで、感覚的に理解していたカメラアングルが
理論的に解説して貰えて「なるほど!そういうことか」となりました。

インフルエンザなどが流行中で、残念ながら今回のワークショップを欠席せざるを得なかった生徒さんもいらっしゃいました。お大事になさってくださいね。
また、元気なみなさんも、無理をせず、風邪などに十分注意して制作を行ってくださいね!
作品の到着を楽しみにお待ちしております。


《関連サイト》
キッド・ウィットネス・ニュース日本
パナソニックキッズスクール


ページの先頭へ

パナソニック・ホーム パナソニック企業情報 > CSR・環境 > 企業市民活動 >  パナソニック企業市民活動ブログ > 日本 アーカイブ